インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

作品紹介

トップページ > 作品紹介
theworst-x

『HiGH&LOW THE WORST X』

 SWORDの「O」鬼邪高校。定時と全日に分かれるSWORD地区最凶の不良高校である。その全日制で頭を張る花岡楓士雄は、数々の伝説を持つ最強の男・ラオウをたずねて、戸亜留市にある鈴蘭男子高校を訪れていた。
©2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会
©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX
配給:松竹

2022-08-12 更新

aisuruhito

『愛する人に伝える言葉』

 バンジャマンは人生半ばで膵臓癌を宣告され、母のクリスタルとともに、業界でも名医として知られるドクター・エデを訪れる。二人は彼に一縷の希望を託すのだが、エデはステージ4の膵臓癌は治せないと率直に告げる。ショックのあまり自暴自棄になるバンジャマンにエデは、病状の緩和による生活の質を維持するために化学療法を提案し、「一緒に進みましょう」と励ます。
©Photo 2021 : Laurent CHAMPOUSSIN - LES FILMS DU KIOSQUE
配給:ハーク/TMC/SDP

2022-08-11 更新

inisherin

『イニシェリン島の精霊』

 本土が内戦に揺れる1923年、アイルランドの孤島、イニシェリン島。島民全員が顔見知りのこの平和な小さい島で、気のいい男パードリックは長年友情を育んできたはずだった友人コルムに突然の絶縁を告げられる。
©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

2022-08-09 更新

hyoryu-danchi

『雨を告げる漂流団地』

 まるで姉弟のように育った幼なじみの航祐と夏芽。小学6年生になった二人は、航祐の祖父・安次の他界をきっかけにギクシャクしはじめた。
©コロリド・ツインエンジンパートナーズ
配給:ツインエンジン/ギグリーボックス

2022-08-06 更新

mottochouetsu

『セイント・フランシス』

 うだつがあがらない日々に憂鬱感を抱えながら、レストランの給仕として働くブリジット、34歳、独身。大学を1年で中退し、レストランの給仕として働くブリジットは夏のナニー(子守り)の短期仕事を得るのに必死だ。自分では一生懸命生きているつもりだが、ことあるごとに周囲からは歳相応の生活ができていない自分に向けられる同情的な視線が刺さる。
©2019 SAINT FRANCES LLC ALL RIGHTS RESERVED
配給:ハーク

2022-08-05 更新

mottochouetsu

『もっと超越した所へ。』

 クズ男に沼る4人の女性―。家に転がり込んできたストリーマーの怜人をつい養ってしまう衣装デザイナー・真知子。意味不明なノリで生きるフリーター・泰造と暮らすショップ店員・美和は泰造に絶大な信頼を置いている。プライドばかりが高く、承認欲求の塊である俳優の慎太郎のお気に入りの風俗嬢の七瀬は今日も淡々と仕事をこなす。父親の会社で働くボンボンで自己中心的な富と共同生活を送る元子役のタレント・鈴は世話をするのも楽しそう。
©2022『もっと超越した所へ。』製作委員会
配給:ハピネットファントム・スタジオ

2022-08-03 更新

superpet

『DC がんばれ!スーパーペット』

 大好きな親友スーパーマンがさらわれてしまった空飛ぶパワーを持つ犬のクリプト。突然手に入れた慣れないスーパーパワーに苦戦中の犬、ブタ、カメ、リスらとチームを結成!
©2022 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
配給:ワーナー・ブラザース映画

2022-08-02 更新

dekunosora

『でくの空』

 電気工事店を営んでいた周介は、長年コンビを組んでいた従業員の工事中の事故死によって店をたたみ、父・啓吉の元に身を寄せる。事故の真相を秘めたまま、死んだ従業員の母・冴月の世話を焼くが、冴月は凛として打ち解けない。
©2022 チョコレートボックス合同会社
配給:アルミード

2022-07-31 更新

bokuranoyoake

『ぼくらのよあけ』

 西暦2049年、夏。阿佐ヶ谷団地に住んでいる小学4年生の沢渡悠真は、間もなく地球に大接近するという“SHⅢ・アールヴィル彗星”に夢中になっていた。そんな時、沢渡家の人工知能搭載型家庭用オートボット・ナナコが未知の存在にハッキングされた。
©今井哲也・講談社/2022「ぼくらのよあけ」製作委員会
配給:ギャガ/エイベックス・ピクチャーズ

2022-07-29 更新

natsuton

『夏へのトンネル、さよならの出口』

 掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。ふたりは不思議なトンネルを調査し欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。
©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会
配給:ポニーキャニオン

2022-07-28 更新

hanzaitoshi

『犯罪都市 THE ROUNDUP』

 怪物刑事マ・ソクトが所属するクムチョン署の強行犯係は、ベトナムへ逃亡した容疑者を引き取りに行く任務を与えられる。怪物刑事マ・ソクトとチョン・イルマン班長は、現地の容疑者から怪しい気配を感じ、秘密裏に異国での捜査を開始した。
©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION
配給:HIAN

2022-07-26 更新

COA

『アウシュヴィッツのチャンピオン』

 第2次世界大戦最中の1940年。アウシュヴィッツ強制収容所に移送される人々の中に、戦前のワルシャワで“テディ”の愛称で親しまれたボクシング・チャンピオン、タデウシュ・ピエトシコフスキがいた。
©Iron Films sp. z o.o,TVP S.A,Cavatina GW sp.z o.o, Hardkop sp.z o.o,Moovi sp.z o.o
配給:アンプラグド

2022-07-25 更新

bokunosei

『ぜんぶ、ボクのせい』

 児童養護施設で母の迎えを待ちながら暮らす優太。ある日、偶然母の居場所を知った優太は、会いたい一心で施設を抜け出した。しかし、そこにいたのは同居する男に依存し自堕落な生活を送っている母だった。絶望した優太は、当てもなく海辺を歩いていると、軽トラで暮らすホームレスの男・坂本に出会う。
©2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会
配給:ビターズ・エンド

2022-07-24 更新

otometachinookinawasen

『乙女たちの沖縄戦~白梅学徒の記録~』

 沖縄本土復帰50年記念、ドキュメンタリーと再現ドラマで描く『乙女たちの沖縄戦~白梅学徒の記録~』。沖縄戦で看護学徒として動員された、沖縄県立第二高等女学校の4年生56名の生徒から編成された白梅学徒の記録。
©Kムーブ
配給:渋谷プロダクション

2022-07-23 更新

tooiraimei

『とおいらいめい』

 彗星の衝突により人類の滅亡が数ヵ月後に迫った2020年。小学生だった1999年にノストラダムスの予言を信じ、家出をした長女・絢音と次女・花音と、その後生まれた腹違いの妹・音が、初めて一緒に生活することになる。
©ルネシネマ
配給:ルネシネマ

2022-07-18 更新

itsuitsu_eiga

『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』

 海辺の町で医師として働く俊英(高杉真宙)の前に、ある日、憧れの人にソックリな亜子(関水 渚)が現れる。胸ときめくも束の間、彼女の“こじらせ女子”っぷりに俊英の理想像は砕け散るが、図らずも亜子は俊英一家のもとで暮らすことに…。
©2022『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』製作委員会
配給:バンダイナムコフィルムワークス

2022-07-17 更新

bebopossan

『ビーバップのおっさん』

 日々元請け会社の理不尽な要求に耐えながら、亡き父の家業の小さな町工場を営むテル。元請け会社でのトラブルをきっかけに経営する町工場を閉めることになり、テルの妻も子どもを連れて出て行ってしまう。
©ラフター

2022-07-17 更新

finalaccount

『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』

 イギリスのドキュメンタリー監督ルーク・ホランドは、アドルフ・ヒトラーの第三帝国に参加したドイツ人高齢者たちにインタビューを実施した。ホロコーストを直接目撃した、生存する最後の世代である彼らは、ナチス政権下に幼少期を過ごし、そのイデオロギーを神話とするナチスの精神を植え付けられて育った。
©2021 Focus Features LLC.
配給:パルコ ユニバーサル映画

2022-07-15 更新

neko-bukken

『劇場版 ねこ物件』

 2匹の猫、クロとチャーと暮らす二星優斗、30歳。唯一の肉親である祖父・幸三が亡くなったことから始めた“猫付きシェアハウス・二星ハイツ”には、それぞれの夢を持つ4人の同居人が住んでいたが、みな次のステージへと巣立っていった。不動産会社の有美から二星ハイツの再開を促されるが気乗りがしない。
©2022「ねこ物件」製作委員会
配給:AMGエンタテインメント

2022-07-13 更新

mimisuma

『耳をすませば』

 読書が大好きで元気いっぱいな中学生の女の子・月島 雫。彼女は図書貸出カードでよく見かける、ある名前が頭から離れなかった。天沢聖司―全部私よりも先に読んでる―どんなひとなんだろう。あるきっかけで“最悪の出会い”を果たした二人だが、聖司に大きな夢があることを知り、次第に惹かれていく雫。
©柊あおい/集英社 ©2022『耳をすませば』製作委員会
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント/松竹

2022-07-13 更新

yakyubu-hanataba

『野球部に花束を』

 中学時代の野球部生活に別れを告げ、高校デビューを目指し茶髪に染めて入学した黒田鉄平。夢見たバラ色の高校生活は、うっかり野球部の見学に行ってしまい、あっけなくゲームセット。新入生歓迎の儀式で早々に坊主に逆戻り…。
©2022「野球部に花束を」製作委員会
配給:日活

2022-07-12 更新

delicieux

『デリシュ!』

 1789年、フランス革命前夜。誇り高い宮廷料理人のマンスロン(は、公爵主催の食事会で渾身の料理を振る舞う。しかし、自慢の創作料理「デリシュ」にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い、公爵から解雇されてしまう。失意を抱えたマンスロンは息子を連れて実家に戻る。
©2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST - SNOWGLOBE - B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA
配給:彩プロ

2022-07-12 更新

muito_prazer

『ムイト・プラゼール』

 高校教師、金本は顧問である国際交流部の部員を連れて、茨城にある日系ブラジル人学校に訪問することを決める。一方、ブラジル人学校では日本人学校に転入したはずのアマンダがイジメにあい、戻ってきてしまう。

2022-07-11 更新

roh

英国ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』

 1890年代、女王の側近に化けた悪魔ロットバルトに操られた宮廷が舞台。花嫁を選ぶことを強いられている悩める王子ジークフリートは、白鳥の姿に変えられたオデット姫が夜のひと時、人間に戻る様子を見て恋に落ちる。
©2018 ROH. Photograph by Bill Cooper
配給:東宝東和

2022-07-11 更新

peacetoyouall

『ウクライナから平和を叫ぶ~Peace to You All~』

 2015年4月、スロバキアの写真家ユライ・ムラヴェツ Jr.は、大衆デモ・ユーロマイダンの中心地だったウクライナ・キーウを出発、分離主義勢力が支配する東部のドネツクに向かう。
©All4films, s.r.o, Punkchart films, s.r.o., RTVS Rozhlas a televízia Slovenska
配給:NEGA

2022-07-09 更新

gcw

『グッバイ・クルエル・ワールド』

 夜の街へとすべり出す、水色のフォード・サンダーバード。カー・ステレオから流れてくるファンク・ナンバーをBGMに交わされるのは、物騒な会話。年齢もファッションもバラバラ、互いに素性も知らない5人組が向かうのは、寂れたラブホテル。
©2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会
配給:ハピネットファントム・スタジオ

2022-07-08 更新

va-movie

『バイオレンスアクション』

 るふわピンクボブの菊野ケイは日商簿記検定2級合格を目指し専門学校に通っていた。学校帰りのバスでビジネスマン風の青年テラノと出会い、ケイは胸を高鳴らせながらもいつも通りバイト先へ。一見、フツーのラーメン屋だが、その実態は殺し屋。ケイは、指名ナンバーワンの凄腕の殺し屋だったのだ…!
©浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

2022-07-07 更新

okamori

『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』

 ホラー映画監督の黒石光司(白石晃士)は助監督の市川美保(堀田真由)を引き連れて、実録映画の撮影のために山奥の家を訪れる。そこには黒石の映画のファンだという、精神錯乱気味の美女・三好麻里亜(筧美和子)がいた。
©2022WOWOW・KADOKAWA・ひかりTV
配給:WOWOW・KADOKAWA

2022-07-06 更新

worstperson

『わたしは最悪。』

 学⽣時代は成績優秀で、アート系の才能や⽂才もあるのに、「これしかない!」という決定的な道が⾒つからず、いまだ⼈⽣の脇役のような気分のユリヤ(レナーテ・レインスヴェ)。そんな彼⼥にグラフィックノベル作家として成功した年上の恋⼈アクセルは、妻や⺟といったポジションをすすめてくる。
©2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST - SNOWGLOBE - B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA
配給:ギャガ

2022-07-05 更新

sakananoko

『初仕事』

 写真館のアシスタントである山下は、赤ん坊の遺体の撮影を人づてに依頼され、良い経験になるかもしれないと依頼を受ける。赤ん坊の父親であり依頼主でもある安斎は、始め若い山下に戸惑うも、正直で実直な山下に心を許し、撮影が始まった。
©2020「初仕事」
配給:ムービー・アクト・プロジェクト

2022-07-03 更新

sakananoko

『さかなのこ』

 お魚が大好きな小学生・ミー坊は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。他の子どもと少し違うことを心配する父親とは対照的に、信じて応援し続ける母親に背中を押されながらミー坊はのびのびと大きくなった。
©2022「さかなのこ」製作委員会
配給:東京テアトル

2022-07-02 更新

alpinist

『アルピニスト』

 誰にも知られることなく、たった一人でクライマーの間で知られている登頂不可能とされていた山を次々と制覇している男がいる。そんな噂を聞きつけたドキュメンタリー映画監督、ピーター・モーティマーは、その謎めいたクライマーに興味を持つ。男の名はマーク・アンドレ・ルクレール。カナダのブリティッシュ・コロンビアで生まれた23歳の青年だ。
©2021 Red Bull Media House. All Rights Reserved.
配給:パルコ ユニバーサル映画

2022-06-30 更新

ongakutai

『異動辞令は音楽隊!』

 犯罪捜査一筋30年の鬼刑事 成瀬司は部下に厳しく、昭和さながら犯人逮捕のためなら法律すれすれの捜査も辞さない男。家族にもろくに構わず一人娘・法子からはとうに愛想をつかされている。
©2022『異動辞令は音楽隊!』製作委員会
配給:ギャガ

2022-06-30 更新

inu-charlie

『犬も食わねどチャーリーは笑う』

 結婚4年目を迎える田村裕次郎(香取慎吾)と日和(ひより/岸井ゆきの)。表向きは仲良し夫婦の2人の間に生まれた綻びが、過激なSNS「旦那デスノート」の存在によって引くに引けない夫婦ゲンカに発展!
©2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
配給:キノフィルムズ/木下グループ

2022-06-29 更新

hitoziti

『人質 韓国トップスター誘拐事件』

 唯一の武器、それは“演技力”――。犯人を騙まさなければ、死! 命がけの脱出劇がいま始まる!!記者会見からの帰宅途中、ファン・ジョンミンが突然拉致された。パイプ椅子に縛りつけられた状態で意識を取り戻したジョンミンは、自分が大金目当で誘拐されたことを知る。
©2021 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K & SEM COMPANY. All Rights Reserved.
配給:ツイン

2022-06-29 更新

conveniencestory

『コンビニエンス・ストーリー』

 スランプ中の売れない脚本家、加藤は、ある日、恋人ジグザグの飼い犬“ケルベロス”に執筆中の脚本を消され、腹立ちまぎれに山奥に捨ててしまう。後味の悪さから探しに戻るが、レンタカーが突然故障して立ち往生。
©2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会
配給:東映ビデオ

2022-06-28 更新

discordshigh

『ディスコーズハイ』

 音楽事務所ヤードバーズに叔父のコネで入社した瓶子撫子。売れっ子バンドを次々と排出する同僚の別久とは違い、彼女の担当するバンド「カサノシタ」はデビュー以来鳴かず飛ばず。
©2021コココロ制作
配給:アルミード

2022-06-27 更新

lastsummerwars

『ラストサマーウオーズ』

 小学6年生の内気な映画好き男子・陽太は、同級生の女子・明日香にひそかに想いを寄せていた。そんな明日香が急に引っ越すことが決まり、動揺を隠せない。
©「ラストサマーウオーズ」製作委員会


2022-06-27 更新

anpan-movie

『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル』

 アンパンマンたちに一通の手紙が届きます。それは、かわいくて愉快なオバケたちの街[オバケタウン]で開催される最高に楽しいお祭り<バケールカーニバル>への招待状でした!
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
©やなせたかし/アンパンマン製作委員会 2022
配給:東京テアトル

2022-06-26 更新

tlat

『ソー:ラブ&サンダー』

 『アベンジャーズBIG3最後の一人、破天荒な雷神ソーの集大成!『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘後、ソーは多くの仲間を失い、戦いを避けるようにガーディアンズと地球を後にしていた。自分探し中の彼に、全宇宙の神々滅亡を誓う“神殺し”のゴアが襲いかかる。
©Marvel Studios 2022
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

2022-06-25 更新

konokohajyaaku

『この子は邪悪』

 5年前、一家で交通事故に遭い、心に傷を負った少女・窪花(くぼ・はな)。心理療法室を営む父の司朗は脚に障害が残り、母の繭子(まゆこ)は植物状態、次女の月(るな)は顔に火傷を負った。ある日、花は同い年の少年・四井 純と出会う。
©2022「この子は邪悪」製作委員会
配給:ハピネットファントム・スタジオ

2022-07-26 更新

yurucamp

『ゆるキャン△』

 高校時代、キャンプを通じて関係を育んでいった、なでしこ、リン、千明、あおい、斉藤。時を経てそれぞれの道を歩んだ5人が、とあるきっかけでキャンプ場を作ることに。
©あfろ・芳文社/野外活動委員会
配給:松竹

2022-06-21 更新

yorutori

『夜、鳥たちが啼く』

 若くして小説家デビューするも、その後は鳴かず飛ばず、同棲中だった恋人にも去られ、鬱屈とした日々を送る慎一(山田裕貴)。そんな彼のもとに、友人の元妻、裕子(松本まりか)が、幼い息子アキラを連れて引っ越してくる。
©2022 クロックワークス
配給:クロックワークス

2022-06-21 更新

kyotocamaro

『京都カマロ探偵 失踪の男を探せ!』

 自称“探偵”の釜田麻呂は、愛車カマロだけが自慢のフリーター。うだつのあがらない日々を過ごす彼に、お気に入りのキャバ嬢から「失踪したパパを探して!」という依頼が届く。
©『京都カマロ探偵』製作委員会(RIGHTSCUBE / RUNZEST)
配給:マグネタイズ

2022-06-19 更新

Navalny

『ナワリヌイ』

 ロシアの弁護士で政治活動家のアレクセイ・ナワリヌイは、インターネット上でのプーチン政権への批判で国内外の注目を集め、若者を中心とした反体制派から熱烈な支持を寄せられるカリスマだ。やがて政権の最大の敵となった彼は、不当な逮捕を繰り返され、徐々に見えない巨大な力に追い詰められてゆく。
©2022 Cable News Network, Inc. A WarnerMedia Company All Rights Reserved. Country of first publication United States of America.
配給:トランスフォーマー

2022-06-17 更新

threesisters

『三姉妹』

 同じソウルに暮らしながらも、それぞれに問題を抱え、日々の生活に追われて疎遠になりがちな三姉妹が、久しぶりに年老いた父の誕生日会に集まった。その席上で彼女たちは蓋をしていた幼い頃からの心の傷に、真正面から向き合うことになる…。
©2020 Studio Up. All rights reserved.
配給:ザジフィルムズ

2022-06-17 更新

tellme

『TELL ME ~hideと見た景色~』

 1998年5月2日、X JAPANのギタリストとして、ソロアーティスト(hide with Spread Beaver/zilch)として活躍していた、日本を代表するロックミュージシャンhideが急逝。hideのマネージャーを務める弟・松本裕士(ひろし)は、兄hideと過ごした子ども時代から今までの日々を思い返していた。
©2022「TELLME」製作委員会
配給:KADOKAWA

2022-06-16 更新

moekare

『モエカレはオレンジ色』

 ぼっちのJK・萌衣が恋をしたのは、超シャイで真面目な消防士・蛯原。彼との出会いをきっかけに、どんどん前向きになっていく萌衣。蛯原も素直でまっすぐな萌衣に徐々に心を開いていくが、不器用な2人の恋はなかなか進まない。
©2022「モエカレはオレンジ色」製作委員会 ©玉島ノン/講談社
配給:松竹

2022-06-15 更新

shimamori

『島守の塔』

 鉄の暴風と言われた激しい空襲、艦砲射撃、上陸戦の絶望に追い込まれた太平洋戦争末期の沖縄戦。その中でなお「生きろ!」と後世に一筋の希望を託した2人の官僚と沖縄の人々の物語を映画化。
©2022 映画「島守の塔」製作委員会
配給:毎日新聞社 ポニーキャニオンエンタープライズ

2022-06-15 更新

hakai

『破戒』

 瀬川丑松は、自分が被差別部落出身ということを隠して、地元を離れ、ある小学校の教員として奉職する。彼は、その出自を隠し通すよう、亡くなった父からの強い戒めを受けていた。
©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会
配給:東映ビデオ株式会社

2022-06-14 更新

Page 1 of 33 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233
Page Top