インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース 
zan

『斬、』塚本晋也監督エッセイ発売決定&
台北金馬映画祭にて特集上映!

 この度、11月8日より台湾で行われている台北金馬映画祭にて、塚本晋也監督の特集上映「Filmmaker in Focus: Shinya Tsukamoto」が開催される。塚本自身も11月17日、18日の『斬、』上映時に登壇予定だ。また、塚本晋也監督のエッセイ「冒険監督」(ぱる出版刊)が11月22日に発売。発売を記念したトークショー&サイン会が、11月22日(木)にTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて開催される。⇒続きを読む
© SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
配給:新日本映画社


2018-11-18 更新

kaikogirl

『少女邂逅』
バルセロナ・アジア映画映画祭 最優秀監督賞受賞!

全国にて大ヒットロングランを記録し、国内外の映画ファンを熱狂させ続けている枝 優花監督初長編映画『少女邂逅』。10月31日から11月11日にスペイン・バルセロナで開催された、「第6回バルセロナ・アジア・フィルムフェスティバル パノラマ部門」にて、枝 優花監督が最優秀監督賞を受賞した。⇒続きを読む
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
© 2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ


2018-11-18 更新

latenerezza

『ナポリの隣人』
公開&邦題決定!ビジュアル&予告解禁

イタリアの名匠ジャンニ・アメリオ監督の最新作「La Tenerezza」(イタリア映画祭2018上映題「世情」)の正式邦題が、『ナポリの隣人』に決定、2019年2月9日(土)より岩波ホールほか全国順次にて公開が決定した。あわせて、本予告編とポスタービジュアルが解禁となった。⇒続きを読む
配給:ザジフィルムズ
© 2016 Pepito Produzioni


2018-11-08 更新

hamlet

演出家サイモン・ゴドウィン、日本初登場!
『ハムレット』に岡田将生、黒木 華ら出演

2019年5月、Bunkamuraシアターコクーンにてシアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.6『ハムレット』を上演する。演出を手掛けるのは、ロンドンのロイヤル・ナショナル・シアターのアソシエイトディレクターも務める、イギリス人演出家サイモン・ゴドウィン。岡田将生がハムレットに挑戦、オフィーリアは黒木 華が演じる。⇒続きを読む
企画・製作:Bunkamura


2018-11-07 更新

amanda

『アマンダ(原題)』
第31回東京国際映画祭 東京グランプリ&最優秀脚本賞W受賞!

第31回東京国際映画祭受賞のコンペティション部門出品作品『アマンダ(原題)』が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げた!⇒続きを読む
配給:ビターズ・エンド


2018-11-04 更新

whitecrow

『THE WHITE CROW(原題)』
名優レイフ・ファインズ監督作、第31回東京国際映画祭 コンペティション部門 最優秀芸術貢献賞受賞!

ニジンスキーの再来といわれた伝説的なバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフの半生を名優レイフ・ファインズ監督・出演で映画化された『THE WHITE CROW(原題)』が、第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて、最優秀芸術貢献賞を受賞した。⇒続きを読む
配給:キノフィルムズ
© 2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS


2018-11-04 更新

suzukikenouso

『鈴木家の嘘』第31回東京国際映画祭
日本映画スプラッシュ部門作品賞&東京ジェムストーン賞受賞!

第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品された『鈴木家の嘘』が同部門作品賞、ヒロインを務めた木竜麻生は東京ジェムストーン賞を受賞した。⇒続きを読む
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド
© 松竹ブロードキャスティング


2018-11-03 更新

renrendofa

『恋恋豆花』
台湾でクランクイン、東京でクランクアップ!

この度、モトーラ世理奈主演、今関あきよし監督、映画『恋恋豆花』が台湾・台北市でクランクイン、東京でクランクアップした。クランクイン時のモトーラ世理奈、大島葉子のコメントが届いた。⇒続きを読む
製作・配給:アイエス・フィールド
© 映画「恋恋豆花」製作委員会


2018-11-02 更新

tamayuram

『たまゆらのマリ子』公開決定!

現代人の赤裸々な実態をスリリングに描いた衝撃の人間ドラマ『たまゆらのマリ子』。ヨーロッパ最大級のインディペンデント映画祭であるイギリスのレインダンス映画祭コンペティション部門に応募総数7500作品の中から見事選出された本作の国内凱旋公開が決まった。⇒続きを読む
配給:ロサ映画社
© 「たまゆらのマリ子」製作委員会


2018-10-15 更新

majanhoroki2020

斎藤 工×白石和彌初タッグ!
映画『麻雀放浪記2020』公開決定

この度、東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』の公開が決定した。映画化はイラストレーターの和田 誠が初監督した『麻雀放浪記』(1984年)から実に35年振りとなる。今回主演を演じるのは斎藤 工。『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『孤狼の血』(18)の白石和彌と初タッグとなる。⇒続きを読む


2018-10-10 更新

john-carpenter

「ジョン・カーペンター読本」発売決定!

この秋、『ゼイリブ』『遊星からの物体X』と相次いでリマスター版が公開されるジョン・カーペンター監督。SF/ホラー映画の巨匠のマスターピースが次々とリバイバル公開されることを受け、彼の魅力をめぐってファンたちが語る「ジョン・カーペンター読本」の発売が決定した。また、本日10月10日(水)午後7時から、丸の内ピカデリー爆音映画祭の『遊星からの物体X』先行上映時に本書の執筆者でもある篠崎 誠氏(映画監督)、中原昌也氏(音楽家)によるトークショーが行われる。⇒続きを読む


2018-10-10 更新

hongokanata

俳優・本郷奏多
カレンダー2019「-Color of Kanata-」発売決定

話題の衝撃作・映画『凛』(2018年公開予定)で主演を務める実力派俳優・本郷奏多が自身4作目となるオフィシャルカレンダーを12月19日(水)に発売することが決定した。⇒続きを読む
発行:SDP
© SDP


2018-10-09 更新

love-hate-movie

宅間孝行監督最新作『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史14年ぶりの映画主演!

舞台はラブホテル、スタイルはワン・シチュエーション、ジャンルは“グランドホテル方式”ならぬ、“ラブホテル方式”の密室群像劇。「タクフェス」主宰であり、俳優・脚本・演出を手がける才人・宅間孝行が、これまでとは全く異なるテイストで映画界の常識に挑む意欲的衝撃作がついに劇場公開。2019年1月より全国ロードショーが決定した。主役に迎えるのは14年ぶりの映画主演となる三上博史。⇒続きを読む
配給:HIGH BROW CINEMA
© 2018 SOULAGE


2018-10-06 更新

hardcore

『ハード・コア』
昭和レトロなポスター&ディレクターズカット版予告映像解禁!

これまで数々の話題作を生み出してきた山田孝之と監督・山下敦弘の盟友コンビが、愛読書であったコミック「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を完全映画化! 豪華キャスト、スタッフで贈る映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となる。この度、本作の監督である山下敦弘が自ら手がけたポスター&予告映像が解禁となった。⇒続きを読む
配給:KADOKAWA
© 2018「ハード・コア」製作委員会


2018-10-05 更新

jesus

『僕はイエス様が嫌い』
第66回サンセバスチャン国際映画祭にて
最優秀新人監督賞 最年少受賞!

このたび、新鋭の映画監督 奥山大史が、自ら脚本を執筆、監督・撮影・編集を手掛けた長編映画『僕はイエス様が嫌い』が、第66回サンセバスチャン国際映画祭にて最優秀新人監督賞を受賞した。本映画祭史上における最年少の受賞者となった。⇒続きを読む
制作:閉会宣言
© San Sebastian International Film Festival 2018


2018-10-01 更新

japan-cinemalab

女性誌初!宇野昌磨選手が表紙の「25ans」特別版発売
黒木 華×樹木希林のスペシャル対談を収録

全世代のエレガントな女性たちに幅広く支持されるクラスマガジン「25ans(ヴァンサンカン)」。2018年11月号<9月28日(金) 発売)>は、10月13日より全国公開予定の映画『日日是好日』で共演した、黒木 華と樹木希林のスペシャル対談が掲載されている。また、森 星が表紙を飾る通常版に加え、フィギュアスケーター 宇野昌磨が表紙に登場する特別版を数量限定で同時発売される。⇒続きを読む
出版元:株式会社ハースト婦人画報社
© 2018 HEARST FUJINGAHO All rights reserved.


2018-09-26 更新

manbiki-kazoku

『万引き家族』
第66回サン・セバスチャン国際映画祭
是枝裕和監督<ドノスティア賞>受賞!

 様々な“家族のかたち”を描き続けてきた是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身作『万引き家族』が、公開から3ヵ月を過ぎてもまだその勢いはとどまるところを知らずに、大ヒットを更新中だ。この度、スペイン・バスク地方で開催中の第66回サン・セバスチャン国際映画祭<開催期間:9月21日(金)~29日(土)>にて、是枝裕和監督に生涯功労賞にあたる<ドノスティア賞>が贈られ、日本時間9月24日(月)に授賞式が行われた。⇒続きを読む
© 2018『万引き家族』 製作委員会
© Festival de San Sebastián. Photo Montse Castillo
配給:ギャガ


2018-09-26 更新

japan-cinemalab

「日本映画研究会」発足!

この度、日本映画業界の人材不足解消と業界活性化のために人材育成を主たる目的として、「日本映画研究会」が発足される運びとなった。映画制作における様々なことを、現在第一線で活躍している映画人を講師に迎え、実践型ワークショップが定期的に開催される。⇒続きを読む


2018-09-22 更新

rashomon

六本木歌舞伎 第三弾「羅生門」
2019年2月上演決定!

2019年2月22日(金)~3月10日(日)、EXシアター六本木、大阪、札幌にて、六本木歌舞伎 第三弾として『羅生門』を上演することが決定した。演出は第一弾から引き続き三池崇史が担当。出演は市川海老蔵、そして共演には歌舞伎初出演となる三宅 健が決定!⇒続きを読む


2018-09-20 更新

greenbook

『グリーン・ブック』(原題)
第43回トロント国際映画祭最高賞<観客賞>受賞&日本公開決定!

これまで、数々のコメディ映画を送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー監督が、二人の名優ヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリを迎え贈るヒューマンドラマ『グリーン・ブック』(原題)がこのたび第43回トロント国際映画祭(9月6日~16日まで開催)で見事最高賞である<観客賞>を受賞した!⇒続きを読む
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
配給:ギャガ


2018-09-18 更新

thefavourite

『The Favourite(原題)』
第75回ヴェネチア映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)&女優賞(オリヴィア・コールマン)受賞!

第75回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、映画祭冒頭より大きな称賛を集めた『THE FAVOURITE(原題)』が、銀獅子賞(審査員大賞)と女優賞(オリヴィア・コールマン)をW受賞した。⇒続きを読む
© 2018 Twentieth Century Fox
配給:20世紀フォックス映画


2018-09-10 更新

eternity-gate

『At Eternity's Gate』(原題)
第75回ヴェネチア国際映画祭で
主演:ウィレム・デフォー 最優秀男優賞受賞!

『At Eternity's Gate』(原題)が、現地時間9月8日19:00(日本時間:9月9日2:00)頃より行われた第75回ヴェネチア国際映画祭授賞式にて、フィンセント・ファン・ゴッホを演じた主演のウィレム・デフォーが最優秀男優賞(Volpi Cup for Best Actor)を受賞した。⇒続きを読む
© Walk Home Productions LLC 2018
配給:ギャガ、松竹


2018-09-10 更新

venezia75

第75回ヴェネチア国際映画祭
コンペティション部門・オリゾンティ部門
受賞結果

イタリア・リド島にて8月29日(水)から開催されていた第75回ヴェネチア国際映画祭が、本日9月8日(土)に閉幕し、コンペティション部門およびオリゾンティ部門の各賞が発表された。⇒続きを読む
© la Biennale di Venezia 2018

2018-09-08 更新

zan

塚本晋也監督最新作『斬、』
第23回釜山国際映画祭出品決定!

 11月24日(土)よりユーロスペースほか全国にて公開する塚本晋也監督の最新作『斬、』が、10月4日より開催される第23回釜山国際映画祭ガラ・プレゼンテーション部門に正式出品が決定した。現在開催中のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門、北米最大の国際映画祭トロント国際映画祭に続き、約20万人が訪れるアジア最大の映画の祭典へ出品となった。⇒続きを読む
© SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
配給:新日本映画社


2018-09-04 更新

thefavourite

『The Favourite(原題)』
第75回ヴェネチア映画祭で早くも賞レースのトップランナーに!

現在開催中のヴェネチア映画祭のコンペティション部門の1作として、現地時間8月30日(木)、注目のエマ・ストーン出演最新作『THE FAVOURITE(原題)』のワールドプレミア上映が行われ、大きな賞賛に包まれた。⇒続きを読む
© 2018 Twentieth Century Fox
配給:20世紀フォックス映画


2018-09-04 更新

higasi-asia-bunkatoshi2019

『ハード・コア』山下敦弘×『花とアリス殺人事件』久野遥子が、豊島区の豊富な魅力を「ロトスコープ」アニメーションで伝える《東アジア文化都市2019豊島》プロモーション映像、制作決定!

2018年8月30日(木)に中国ハルビン市で行われた「第10回日中韓文化大臣会合」において、中国 西安市、韓国 仁川広域市と共に、池袋エリアを中心に「国際アート・カルチャー都市」の街づくりを掲げている豊島区が2019年の東アジア文化都市に正式決定した。そしてこの度、豊島区の豊富な魅力をアニメーションで伝える、《東アジア文化都市2019豊島》プロモーション映像の制作が決定した。⇒続きを読む


2018-09-01 更新

elle

『ELLE(エル)』がKoki,と再びコラボ
全国7都市65ヵ所の街頭ビジョンをジャック!

株式会社ハースト婦人画報社が展開するファッションメディア『ELLE(エル)』は、注目のモデル、Kōki,(コウキ)を起用したキャンペーンムービーを、9月1日(土)12:00:00から、全国7都市(北海道・東京・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡)65ヵ所の屋外ビジョンや駅のデジタルサイネージで放映する。⇒続きを読む
出版元:株式会社ハースト婦人画報社

2018-09-01 更新

shinmashi

『心魔師』
第12回MOTELXリスボン国際恐怖映画祭に出品決定!

10月27日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開の日中合作映画『心魔師』が9月4日から開催される第12回MOTELXリスボン国際恐怖映画祭(2018/9/4~9/9)に出品される。⇒続きを読む
© 2018索斯光影(北京)影視文化伝媒有限会社
製作協力・配給:アルタミラピクチャーズ


2018-08-29 更新

shiranami

音楽活劇「SHIRANAMI」来年1月上演決定!

2019年1月、音楽活劇「SHIRANAMI」の上演が決定した。歌舞伎演目「弁天娘女男白浪」で有名な原作「青砥稿花紅彩画」が原案。幕末の動乱を駆け抜けた五人の盗っ人たちの生き様を描いた「白浪五人男」を題材にした、G2が脚本・演出を手掛ける全く新しい音楽活劇だ。出演者は、早乙女太一、龍 真咲、伊礼彼方、喜矢武 豊(ゴールデンボンバー)、松尾貴史ほか。⇒続きを読む


2018-08-26 更新

bananakayo

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
特報映像&ティザーポスター解禁

大泉 洋主演の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、12月28日(金)より全国公開することが決定した。本作は、車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>だ。この度、公開日<12月28日(金)全国公開>が決定するとともに、特報映像とティーザーポスタービジュアルが完成した。⇒続きを読む
© 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
配給:松竹


2018-08-26 更新

ikiai

『生きてるだけで、愛。』
第26回【レインダンス映画祭】コンペティション部門に出品決定&新場面写真解禁!

「異類婚姻譚」で第154回芥川賞を受賞、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子氏の、芥川賞・三島賞候補作となった傑作小説待望の映画化『生きてるだけで、愛。』。11月9日(金)に公開の本作が、イギリス・ロンドンで開催される第26回レインダンス映画祭【現地時間:9月26日~10月7日】のコンペティション部門への出品が決定した。⇒続きを読む
© 2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
配給:クロックワークス


2018-08-23 更新

tondesaitama

『翔んで埼玉』
ぶっ翔んだ特報&衝撃の謝罪ビジュアル解禁!

累計発行部数66万部を突破した、魔夜峰央(まやみねお)原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)が二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え、実写映画化。2015年、30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる超問題作だ。⇒続きを読む
© 2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
配給:東映


2018-08-21 更新

johnnyenglish

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』
公開決定! ポスター&特報解禁

ジェームズ・ボンドと同じく、イギリスのスパイなのにコードネーム(007)は特になし、イーサン・ハントと異なり、どんな作戦(ミッション)も全て不可能(インポッシブル)にしてしまう、恐れを知らない&危険を知らない&そして何にも分かっていない“天災的スパイ”が6年ぶりに帰ってきた! 『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』が、11月9日(金)より全国ロードショーされる。この度、ポスターと特報が解禁された。⇒続きを読む
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS
配給:東宝東和


2018-08-19 更新

zan

塚本晋也監督最新作『斬、』
トロント国際映画祭出品決定&場面写真解禁!

この度、11月24日(土)よりユーロスペースほか全国にて公開する塚本晋也監督の最新作『斬、』(ざん)が、9月6~16日(現地時間)にて開催される第43回トロント国際映画祭に正式出品が決定した。先日発表されたヴェネチア国際映画祭コンペティション部門への出品に続き、北米最大の国際映画祭への参加となる。また映画本編の美しい場面写真の数々も解禁となった。⇒続きを読む
© SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
配給:新日本映画社


2018-08-17 更新

thething

ジョン・カーペンター監督の傑作
『遊星からの物体X』、36年ぶりに公開決定!

SFホラーの傑作として熱狂的な人気を誇り、全世界的に多大な影響を与えてきたジョン・カーペンター監督『遊星からの物体X』(82)がデジタル・リマスター版として復活、36年ぶりにスクリーンで公開されることが決定、ポスタービジュアルが完成した。⇒続きを読む
© 1982 UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
配給:アーク・フィルムズ、boid


2018-08-16 更新

venezia75

是枝裕和監督 総合監修国際共同プロジェクト映画
『十年 Ten Years Japan』
公開日決定!

「平和を達成する」という意味をもつ平成の年号が、もうすぐ終わる。本作『十年Ten Years Japan』が描くのは、新しい年号になって10年目の未来。20代から40代の5人の新鋭監督がテーマに選んだのは、高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制――。それぞれの監督が今の日本が抱える問題を見つめて、描いた5つの未来。本作品の公開初日が、11月3日(土)に決定した。⇒続きを読む
© la Biennale di Venezia 2018

2018-08-15 更新

venezia75

第75回ヴェネチア国際映画祭
ヴェネチア・クラシック部門

第75回ヴェネチア国際映画祭が、イタリア・リド島にて8月29日(水)~9月8日(土)まで開催される。ヴェネチア・クラシック部門では、修復されたばかりの旧作や、映画または映画作家に関するドキュメンタリー作品が紹介される。邦画では、溝口健二監督の『赤線地帯』と内田吐夢監督の『恋や恋なすな恋』がエントリーしている。⇒続きを読む
© la Biennale di Venezia 2018

2018-08-14 更新

venezia75

第75回ヴェネチア国際映画祭
オリゾンティ部門

第75回ヴェネチア国際映画祭が、イタリア・リド島にて8月29日(水)~9月8日(土)まで開催される。オリゾンティ部門のラインナップが発表された。⇒続きを読む
© la Biennale di Venezia 2018

2018-08-14 更新

venezia75

第75回ヴェネチア国際映画祭
アウト・オブ・コンペティション部門

第75回ヴェネチア国際映画祭が、イタリア・リド島にて8月29日(水)~9月8日(土)まで開催される。アウト・オブ・コンペティション部門のラインナップが発表された。また、クロージング作品には、昨年『The Journey』が好評を博したニック・ハム監督の『DRIVEN』が選ばれた。⇒続きを読む
© la Biennale di Venezia 2018

2018-08-12 更新

venezia75

第75回ヴェネチア国際映画祭
コンペティション部門

第75回ヴェネチア国際映画祭が、イタリア・リド島にて8月29日(水)~9月8日(土)まで開催される。コンペティション部門のラインナップが発表され、邦画は塚本晋也監督の『斬、』がエントリーしている。⇒続きを読む
© la Biennale di Venezia 2018

2018-08-12 更新

sorcerer2018

ウィリアム・フリードキン監督
『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』
日本初公開決定!

今から40年前、約30分もカットされた【短縮版】で公開されて以来、複雑な権利問題で日本では再公開もDVD発売もできなかった1970年代屈指の超大作『恐怖の報酬』(1977)が遂に日本再上陸。4Kデジタル・リマスター【オリジナル完全版】が、日本初公開されることが決定した。⇒続きを読む
© MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.
配給:コピアポア・フィルム


2018-08-09 更新

readyplayer1

スティーブン・スピルバーグ監督最新作
『レディ・プレイヤー1』のブルーレイ&DVD発売
映像特典で「オアシス」制作舞台裏を初公開!

8月22日(水)より、スティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』のブルーレイ&DVDが発売される。また、デジタル先行配信中。この度、映像特典「視覚効果による2つの世界:現実と仮想現実」より「オアシス」の制作舞台裏に迫るメイキング映像が初公開された。⇒続きを読む
© 2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント


2018-08-08 更新

junpei

『純平、考え直せ』
第42回モントリオール世界映画祭のWorld Greats部門に正式出品決定
&ポスタービジュアル解禁!

9月22日(土)より全国公開される映画『純平、考え直せ』が第42回モントリオール世界映画祭のWorld Greats部門に正式に出品されることが決定し、それに伴いポスタービジュアルも解禁された。⇒続きを読む
© 2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ
配給:アークエンタテインメント


2018-08-07 更新

usukeboys

『ウスケボーイズ』主演・渡辺 大、渡辺 謙に
“外国語映画部門最優秀主演男優賞”受賞を報告

日本のワインを世界レベルに引き上げた革命児たちの実話『ウスケボーイズ』。マドリード国際映画祭2018にて最優秀外国語映画主演男優賞した主演:渡辺 大が、イギリスのロンドン・ウェストエンドで開幕中の渡辺謙主演ミュージカル「王様と私」を観劇し、父である渡辺 謙に、最優秀主演男優賞受賞の報告をした。⇒続きを読む
© 河合香織・小学館 © 2018 Kart Entertainment Co., Ltd.
配給:カートエンターテイメント


2018-08-06 更新

Page 1 of 8  12345678
Page Top