インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

トップページ > 作品紹介 ぼくらのよあけ

2022-07-29 更新


ぼくらのよあけbokuranoyoake
©今井哲也・講談社/2022「ぼくらのよあけ」製作委員会

イントロダクション

 「月刊アフタヌーン」(講談社刊)にて連載され日本で最も長い歴史を誇るSF賞である星雲賞候補にもなった、今井哲也の傑作SFジュブナイル漫画「ぼくらのよあけ」が劇場アニメ化。2022年10月に全国公開となる。

 宇宙とロボットが大好きな主人公・悠真を杉咲 花、人工知能搭載家庭用ロボットのナナコを悠木 碧が演じ、さらに藤原夏海、岡本信彦、水瀬いのり、戸松 遥、朴 璐美と豪華声優陣が参加している。


bokuranoyoake

ストーリー

 「頼みがある。私が宇宙に帰るのを手伝ってもらえないだろうか?」

 西暦2049年、夏。阿佐ヶ谷団地に住んでいる小学4年生の沢渡悠真は、間もなく地球に大接近するという“SHⅢ・アールヴィル彗星”に夢中になっていた。

 そんな時、沢渡家の人工知能搭載型家庭用オートボット・ナナコが未知の存在にハッキングされた。「二月の黎明号」と名乗る宇宙から来たその存在は、2022年に地球に降下した際、大気圏突入時のトラブルで故障、悠真たちが住む団地の1棟に擬態して休眠していたという。

 その夏、子どもたちの極秘ミッションが始まった――。


bokuranoyoake

bokuranoyoake

(2022年、日本)

キャスト&スタッフ

原作:今井哲也「ぼくらのよあけ」(講談社「月刊アフタヌーン」刊)
撮影:黒川智之
脚本:佐藤 大
アニメーションキャラクター原案・コンセプトデザイン:pomodorosa
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:吉田隆彦
音楽:横山 克
アニメーション制作:ゼロジー
キャスト:杉咲 花(沢渡悠真役)、悠木 碧(ナナコ役)、藤原夏海(岸真悟役)、岡本信彦(田所銀之介役)、水瀬いのり(河合花香役)、戸松 遥(岸わこ役)、朴 璐美(二月の黎明号役)

配給
ギャガ/エイベックス・ピクチャーズ
10月 全国公開

■ 公式サイトbokuranoyoake.com (外部サイト)



関連記事
公開アフレコイベント

Page Top