インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

トップページ > 作品紹介 グッバイ・クルエル・ワールド

2022-07-08 更新

グッバイ・クルエル・ワールドgcw
©2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会

イントロダクション

 主演・西島秀俊、共演に斎藤 工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和など豪華俳優陣が集結し大森立嗣監督オリジナル作品となる今秋最も注目を集める映画『グッバイ・クルエル・ワールド』。

 西島秀俊、斎藤 工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和が演じるのは、全員互いに素性を明かさない強盗組織の一員。彼らは、ラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザ組織の資金洗浄現場を狙い、大金強奪の大仕事に成功。その後、それぞれの生活に戻るメンバーだったが、ヤクザ組織に追われる日々が始まる。宮沢氷魚演じるラブホテル従業員、大森南朋演じる刑事たちを巻き込み、大波乱の物語が幕を開ける。

 世の中とチューニングの合わない登場人物たちに、ソウルシンガー・Bobby Womackらの胸躍るソウル&ファンクなリズム、監督・大森立嗣×脚本・高田 亮がオリジナルで描くエキサイティングでポップなクライム・エンターテインメント!


gcw

ストーリー

 夜の街へとすべり出す、水色のフォード・サンダーバード。カー・ステレオから流れてくるファンク・ナンバーをBGMに交わされるのは、物騒な会話。

 年齢もファッションもバラバラ、互いに素性も知らない5人組が向かうのは、寂れたラブホテル。片手にピストル、頭に目出し帽、ハートにバイオレンスで、ヤクザ組織の資金洗浄現場を“たたく”のだ。仕事は大成功。5人は1億近い大金を手に、それぞれの人生へと帰っていく。

 ――はずだった。ヤクザは現役の刑事を裏金で雇い、強盗組織を“溶かす”ために本気の捜査を開始する。さらに、騙されて分け前をもらえなかった合同組織の一人が命を売ってでも一発逆転に賭けると決意し、ラブホテルの従業員を巻き込んで立ち上がる。

 ヤクザ、警察、強盗組織、何も知らない家族、金のニオイに群がるクセ者たち--正義と悪の境界線は極彩色に塗りつぶされていく。


gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

gcw

(2022年、日本、上映時間:127分、R15+)

キャスト&スタッフ

監督:大森立嗣
脚本:高田 亮
オープニング曲:「What Is This」Bobby Womack(Universal Music)
劇中曲:「Let’s Stay Together」Margie Joseph(Warner Music Japan)
    「Back In Your Arms」Wilson Pickett(Warner Music Japan)
エンディング曲:「California Dreamin’」Bobby Womack(Universal Music)
製作:小西啓介、森田 圭、甲斐真樹、小川悦司、田中祐介、石田 勇、前 信介、山本正典、檜原麻希、水戸部晃
企画・プロデューサー:甲斐真樹
出演:西島秀俊、斎藤 工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和、奥野瑛太、片岡礼子、螢 雪次朗、モロ師岡、前田旺志郎、若林時英、青木柚、奥田瑛二、鶴見辰吾ほか

配給
ハピネットファントム・スタジオ
9月9日(金) 全国公開!

■ 公式サイトhttps://happinet-phantom.com/gcw/ (外部サイト)



関連記事
完成披露イベント

Page Top