インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

トップページ > 作品紹介 コンビニエンス・ストーリー

2022-06-28 更新


コンビニエンス・ストーリーconveniencestory
©2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会

イントロダクション

 「時効警察」シリーズや『転々』『俺俺』などで独自の世界観を作り出してきた奇才、三木 聡監督が、映画評論家でプロデューサーのマーク・シリングと練り上げた渾身の企画。

 デビュー前から三木組への参加を熱望していた成田 凌が初主演。ファムファタルな人妻を演じる前田敦子、ワーグナーの楽劇をひとり指揮するのが日課の束縛系変人夫役の六角精児はじめ、加藤の恋人で女優のジグザグをエキセントリックに演じた片山友希、三木作品の常連であるふせえりや岩松 了、日本映画に欠かせない名バイブレイヤーの渋川清彦など、豪華な実力派たちが超濃厚な存在感を発揮。

 目眩がするような奇妙で濃密な異世界で繰り広げられるアドベンチャーが誕生した。


conveniencestory

ストーリー

 スランプ中の売れない脚本家、加藤(成田 凌)は、ある日、恋人ジグザグ(片山友希)の飼い犬“ケルベロス”に執筆中の脚本を消され、腹立ちまぎれに山奥に捨ててしまう。

 後味の悪さから探しに戻るが、レンタカーが突然故障して立ち往生。霧の中のたたずむコンビニ「リソーマート」で働く妖艶な人妻・惠子(前田敦子)に助けられ、彼女の夫でコンビニオーナー南雲(六角精児)の家に泊めてもらう。

 しかし、惠子の誘惑、消えたトラック、鳴り響くクラシック音楽、凄惨な殺人事件、死者の魂が集う温泉町……加藤はすでに現世から切り離された異世界にはまり込んだことに気づいていなかった。


conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

conveniencestory

(2022年、日本、上映時間:97分)

キャスト&スタッフ

監督・脚本:三木 聡
企画:マーク・シリング
出演:成田 凌、前田敦子、六角精児、片山友希、岩松 了、渋川清彦、ふせえり、松浦祐也、BIGZAM、藤間爽子、小田ゆりえ、影山 徹、シャラ ラジマほか

配給
東映ビデオ
8月5日(金) テアトル新宿他全国公開

■ 公式サイトconveniencestory-movie.jp (外部サイト)



関連記事
ポスタービジュアル&本予告篇解禁
完成披露舞台挨拶
公開直前ヒット祈願イベント
公開記念舞台挨拶

Page Top