インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash


最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 『ウクライナから平和を叫ぶ』

『ウクライナから平和を叫ぶ』特報&場面写真、国際政治学者・グレンコ・アンドリーの推薦コメント解禁

2022-07-09 更新

ウクライナから平和を叫ぶokamori
©All4films, s.r.o, Punkchart films, s.r.o., RTVS Rozhlas a televízia Slovenska

 ロシアとヨーロッパに挟まれるその立地から、親ロシア派と親欧米派に分かれて対立してきたウクライナ。そんなウクライナの欧州連合やNATO加盟を警戒し、ロシアのプーチン大統領は圧力をかけてきた。ことの発端は2013年9月当時のヤヌコーヴィチ大統領が欧州連合との連合契約に署名しなかったことに遡る。これを受け、親欧米派の野党や大統領の汚職を批判する市民による大規模な反政府デモが勃発。翌年、ヤヌコーヴィチ大統領は国外へ逃走し、ロシアによりクリミア半島が併合される。さらにルハーンシク州とトネツク州では、親ロシア分離派が分離共和国を宣言。両共和国を反政府武装勢力とみなしたウクライナとの紛争状態に陥った。その渦中にいた国民に何が起きたのか。この状況をどう捉えてきたのか。生活はどう変わったのか。

 2010年より旧ソ連の国々を取材してきたスロバキア人写真家ユライ・ムラヴェツ Jr.が2015年にウクライナ入りし、ドネツク側とウクライナ側の両方の生の声を記録。ドネツク側では、戦場に参加した鉱夫と参加しなかった鉱夫、ウクライナ兵にスパイと間違えられ拘束された人、「プーチンに助けてほしい」と言う女性、ウクライナ側では、大佐、手榴弾で手足を失った退役軍人、老女、子ども、ホームレスなど幅広い人の証言を網羅。当時の記憶を辿ることで、ウクライナで起こっている紛争の本質が見えてくる、今見るべき貴重なドキュメンタリー。

 2014年と2022年にユライ・ムラヴェツ Jr.監督がウクライナにて撮影した写真を使用したチャリティTシャツ(売上金の一部をウクライナ大使館に寄付される。)と全国共通特別鑑賞券(税込1300円)は、下記公式販売ページで販売中。全国共通特別鑑賞券をお買い求めの方には、ウクライナ料理レシピカード3種のうち1種をランダムで配布。カードのQRコードからアクセスすると実際の料理動画も視聴できる。

■ 販売ページhttps://onl.sc/bevnpsL(外部サイト)


 この度、8月6日(土)の渋谷ユーロスペースでの緊急公開を前に、特報、場面写真、及び劇場パンフレットにも寄稿するウクライナ出身の国際政治学者・グレンコ・アンドリーよりコメントが届いた。


グレンコ・アンドリー(国際政治学者) 推薦コメント

 戦争とは、テレビで見られる燃えている建物の映像ではない。何十万人、何百万人の悲劇の積み重ねだ。出てくる人たちの一部はウクライナを憎み、ロシアに助けを期待している。悲惨な目に遭いながら、この状況を起こしたロシアに感謝する、これほど悲しいことはないだろう。
 この映画は、ロシアによる全面侵略の数年前に、ウクライナ東部での局地戦争が続いていたころに制作された。あの頃は、ドンバスだけが戦場となり、他の地域は直接な攻撃を受けなかった。ここで描かれている光景だけでも、戦争はいかに恐ろしいか、十分理解できるはずだ。



peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall

peacetoyouall


(オフィシャル素材提供)



関連記事
初日舞台挨拶
トークイベント

Page Top