インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 『ある男』

『ある男』第79回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門正式出品 決定!

2022-07-26 更新

ある男aruotoko
©2022「ある男」製作委員会

 第70回読売文学賞を受賞、累計25万部を超える平野啓一郎のベストセラー小説「ある男」を、妻夫木聡を主演に『蜜蜂と遠雷』の石川 慶監督がメガホンをとり映画化、今秋全国公開となる。

 この度、第79回ヴェネチア国際映画祭(現地時間8月31日~9月10日開催)に正式出品されることが決定した。本作は、新鮮で革新的な作品で構成されるオリゾンティ・コンペティション部門に選出。石川監督作品としては、同じく妻夫木聡主演の『愚行録』以来6年ぶりの快挙となる。

 また本作は、アジア圏以外の海外配給を、今年のアカデミー賞国際長編映画賞受賞の『ドライブ・マイ・カー』を担当し世界に広めたセールス・エージェント、The Match Factoryが担当することが発表され、まさに『ドライブ・マイ・カー』に続く、世界が注目する日本映画として、国内外で期待の声が高まっている。

 さらに、本作の公開日が11月18日(金)に決定した。2022年の邦画を代表する良質な映画作品として、世界からも注目を集めている本作。ぜひ11月の公開に期待したい。

 この度のヴェネチア国際映画祭正式出品に際し、石川 慶監督と主演・妻夫木聡よりコメントが到着した。


◆ 石川 慶監督 コメント

 コロナ禍でひっそりと息をひそめるように、それでも役者たちスタッフたちの並々ならぬ熱量に支えられて撮影した『ある男』。
 この作品で二度目のヴェネチア参加がかなったこと、心から嬉しく光栄に思っています。
 邦画界を代表する俳優陣が織りなす重層的なお芝居のアンサンブルを、ヴェネチアがどう受け止めてくれるのか、今は純粋に楽しみでなりません。


◆ 妻夫木聡 コメント

 この度、『ある男』がヴェネチア映画祭にご招待いただいたということで大変嬉しく思います。
 “アイデンティティの探求”がテーマでもある『ある男』が、日本での公開を前にヴェネチアの方々にどう受け止めていただけるのか、とても楽しみです。



(オフィシャル素材提供)



関連記事
映画化決定!妻夫木聡×安藤サクラ×窪田正孝 出演
特報映像&第一弾ビジュアル解禁!

Page Top