インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

2022-06-06 更新


母性bosei
©2022映画「母性」製作委員会

イントロダクション

 累計発行部数360万部を超え、2010年に映画興行収入38.5億円を記録した超ヒット作『告白』から12年。ベストセラー作家:湊かなえが「これが書けたら作家を辞めてもいい」という覚悟で執筆し、累計発行部数100万部突破した衝撃的問題作「母性」(新潮文庫刊)がついに映画化。

 ある未解決事件の語り手となる母娘を演じるのは、戸田恵梨香と永野芽郁。人気実力トップクラスの二人の女優が、繊細かつ大胆な演技で新境地を切り開く。

 さらに物語に登場するキャラの濃ゆ~い母娘たちを、大地真央、高畑淳子、中村ゆり、山下リオが熱演。監督を務めるのは人間ドラマの名手、廣木隆一。

 事件はなぜ起きたのか? 真相を紐解くキーワードは「母性」。母と娘の食い違う証言に観客=あなたは大いに揺さぶられることだろう。この秋11/23(水・祝)、母性が日本を惑わせる!


ストーリー

 女子高生が自ら命を絶った。その真相は不明。事件は、なぜ起きたのか?
 普通に見えた日常に、静かに刻み込まれた傷跡。愛せない母と、愛されたい娘。
 同じ時・同じ出来事を回想しているはずなのに、ふたりの話は次第に食い違っていく……。
 母と娘がそれぞれ語るおそるべき「秘密」―2つの告白で事件は180度逆転し、やがて衝撃の結末へ。
 母性に狂わされたのは母か?娘か?……この物語は、すべてを目撃する観客=【あなたの証言】で完成する。


(2022年、日本)

キャスト&スタッフ

原作:湊かなえ「母性」(新潮文庫刊)
エグゼクティブプロデューサー:関口大輔
監督:廣木隆一
脚本:堀泉 杏
音楽:コトリンゴ
出演:戸田恵梨香、永野芽郁、三浦誠己、中村ゆり、山下リオ、高畑淳子、大地真央ほか

配給
ワーナー・ブラザース映画
11月23日(水・祝) 全国ロードショー

■ 公式サイトbosei-movie.jp (外部サイト)



関連記事
原作:湊かなえ×監督:廣木隆一、傑作ミステリー「母性」実写映画化!
キャスト&ポスタービジュアル&特報映像解禁!
場面写真一挙解禁&原作者・湊かなえからの激賞コメント到着!

Page Top