インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > ある船頭の話

オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』
9月全国公開決定!

2019-01-30 更新

ある船頭の話aru-sendou
© 2019「ある船頭の話」製作委員会
配給:キノフィルムズ/木下グループ


 オダギリジョー長編初監督作品が1月11日(金)にクランクアップした。タイトルは『ある船頭の話』に決定し、日本を代表する豪華キャスト陣もこの度解禁となった。主演は柄本 明、共演に村上虹郎を迎え、9月より新宿武蔵野館ほかにて全国公開が決定した。

 橋の建設が進む山村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチ(柄本 明)は、村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前にひとりの少女が現れ、トイチの人生は大きく変わっていく――。

 主人公の船頭トイチ役に、日本を代表する名優、柄本 明。主演としては2008年公開『石内尋常高等小学校 花は散れども』(新藤兼人監督)以来、11年振りとなる。そして人懐っこい笑顔でトイチのもとに遊びに来る村人・源三役には、映画・テレビ・舞台と出演作が目白押しの若手実力派・村上虹郎。その他にも日本を代表する顔ぶれが出演(詳細は後日発表予定)。

 主な撮影は昨年の7~8月と今年1月に行われ、先日1月11日(金)にオールアップとなった。完成はこの春を予定している。

 俳優として海外でも精力的に活動してきたオダギリジョーのもとに、超豪華な国際派スタッフが集結。撮影監督は『ブエノスアイレス』『恋する惑星』などで知られるクリストファー・ドイル、衣装デザインには『乱』(黒澤 明監督)で米アカデミー賞®を受賞したワダエミ、そして世界を舞台に活躍するアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦。オダギリジョー本人が長年温めてきたオリジナル脚本で2019年の映画界に新たな光を灯す。


オダギリジョー監督 コメント

 人が生きる上で、便利な物が増えていくのは必然だと思います。しかし同時に、文明の発展の陰で消え行く物も多いのではないでしょうか。便利になっていく一方で失ってしまう大切な何か。
 資本主義が競争社会を生み出し、いつの間にか変わってしまった『幸せ』の定義。
 一人の船頭を通して見つめる『本当に人間らしい生き方とは?』美しい日本の原風景を季節と共に切り取り描きたいと思っています。


柄本 明 コメント

 オダギリジョー監督に船頭の役を頂きました。
 一生懸命演りました。観ていただければ幸いです。


村上虹郎 コメント

 灼熱の日差しに焼かれながらも、雄大な川の上で柄本さんが漕いてくださる舟にたくさん乗りました。
 これでもかと言わんばかりの魅力的な集団の一員として、両極の季節を跨ぎ、夏はあの生き物とあんなことをして、冬はただただ寒くて死にそうで。
 柄本さんとは、この頃作品でお逢いし過ぎて、毎度「なんだよ、お前」って煙たがられ、この作品でもずっと話しかけている役なのでそろそろ嫌われそうですが、時々話す英語がいきなりすぎたり、急にぽろっと哲学が出てきたり。とても贅沢です。
 容赦無く移りゆく景色と時間を優美に描くオダギリさんの脚本が、どう彩られているのか。おたのしみに。



映画『ある船頭の話』

(2019年、日本)

 ■ 脚本・監督:オダギリジョー
 ■ 撮影監督:クリストファー・ドイル
 ■ 衣装デザイン:ワダエミ
 ■ 音楽:ティグラン・ハマシアン(※初映画音楽)
 ■ 出演:柄本 明、村上虹郎ほか


 ■公開表記:配給:キノフィルムズ/木下グループ
 9月 新宿武蔵野館ほか全国公開


 ■ 物語

 とある川で、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチ(柄本 明)。村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は、 黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごしていた。
 川上では橋が建設中で、人々は皆完成を心待ちにしている。
 そんな折、トイチの前に現れる一人の少女。彼女はトイチの人生を大きく変えて行くことになる……。

■ オフィシャル・サイトhttp://aru-sendou.jp (外部サイト)



(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top