インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 『泣く子はいねぇが』

『泣く子はいねぇが』
第68回サン・セバスティアン国際映画祭
正式出品決定!

2020-07-05 更新

泣く子はいねぇがnakukohainega
© 2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ

 是枝裕和監督が率いる映像制作者集団“分福”の新進気鋭の才能、佐藤快磨監督の劇場デビュー作となる映画『泣く子はいねぇが』(2020年11月20日公開=配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ)が、この度、第68回サン・セバスティアン国際映画祭オフィシャルコンペティション部門正式出品が決定した!

 2014年、『ガンバレとかうるせぇ』でぴあフィルムフェスティバル映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)&観客賞をW受賞し、同作で釜山国際映画祭など数多くの国内外映画祭で評価された佐藤監督が、完全オリジナル脚本で挑んだ『泣く子はいねぇが』。是枝裕和もその才能に惚れ込んだ佐藤快磨監督初の劇場映画デビュー作は、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンに次ぐ、由緒正しき国際映画祭、サン・セバスティアン国際映画祭のオフィシャルコンペティション部門で鮮烈のワールドデビューを飾る。

 秋田県・男鹿半島で暮らす、たすく(仲野太賀)は、娘が生まれ喜びの中にいた。しかし妻・ことね(吉岡里帆)は、子どもじみていて父になる覚悟が定まらない様子のたすくに苛立ちを募らせていた。そんな中たすくは、ことねに「酒を飲まずに早く帰る」と約束を交わし、大晦日の夜、地元の伝統行事「ナマハゲ」に、例年通り参加する。しかし、結果酒を断ることができずに泥酔したたすくは、溜め込んだ鬱憤を晴らすように「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で男鹿の街へ走り出す。そしてその姿がテレビで全国放送されてしまうのだった。ことねには愛想をつかされ、地元にも到底いられず、東京へ逃げてしまうたすく。しかし2年の月日が流れても、東京に居場所は見つからず、徐々に「ことねと娘に会いたい」という想いが強くなっていく。ようやく、自らの愚行と向き合うことを決め、地元に戻ってきたが、仕事は簡単には見つからず、ことねと会うことも叶わず、状況は容易いものではないのだった……。


“生きる道”“居場所”を探し求め、がむしゃらに駆け上がった末にたすくが見つける本当に大切なモノとは!?

 「父親としての責任」を与え、「悪いことをせずに正しく生きる」という人としての道徳を教えてくれる。そう男鹿半島で伝承される神様「ナマハゲ」を通し、大人になりきれず、社会にも馴染めない主人公が、不器用ながらも、青年から大人へ少しずつ成長する姿を描いた本作。主要キャストには若手最注目株の仲野太賀、吉岡里帆、寛 一 郎に加え、山中 崇、余 貴美子、柳葉敏郎といった実力派俳優が集結。平成生まれの新たな才能・佐藤監督を確かな演技で支え、物語を彩り魅了する。

 サン・セバスティアン映画祭は、本作の脚本を気に入り企画を務めた是枝裕和が生涯功労賞にあたるドノスティア賞を受賞した映画祭。出品決定を受け佐藤監督は「嬉しさと興奮と緊張とが入り混じっています。映画祭関係者の皆さまが、若者の青春の終わりを描いたこの小さな物語を選んでいただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。また、主演の仲野太賀は「撮影時に、この映画が描く人間の可笑しみ、愛おしさについて皆んなでぐるぐる模索した時間が肯定してもらえたようで、本当に嬉しいです。まさかコンペに選出されるとは……!!」と驚きのコメントを寄せた。映画祭には佐藤監督、是枝裕和が参加を予定している。

 「人はいつから大人になるのか? 大人になるとは一体?」誰もが経験する人生の通過点を圧倒的なリアリティで描き、観る人のすべて心を鷲掴みにする。映画『泣く子はいねぇが』は2020年11月20日(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー予定。


佐藤快磨監督 コメント

 映画『泣く子はいねぇが』を初めて観ていただく場所がサン・セバスティアン国際映画祭であるという報せを聞いて、嬉しさと興奮と緊張とが入り混じっています。映画祭関係者の皆さまが、若者の青春の終わりを描いたこの小さな物語を選んでいただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。このようなご褒美をいただけたのも、スタッフ・キャストの皆さん、この映画に携わってくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。男鹿半島に通った5年間はとても大切で、そこで出会った人たちの想いがこの映画には詰まっています。後悔から逃げきれない主人公のしみったれた行動ひとつひとつを最後まで見届けていただけたら嬉しいです。先の見えない状況下ではありますが、世界中の人々にも彼の叫びはきっと届くと信じています。


主演・仲野太賀 コメント

 何が起きるのか、本当に分かりません。「ナマハゲの映画を撮りたいんだ」と、監督から企画を聞かせてもらった数年前には想像もしてませんでした。
 撮影時に、この映画が描く人間の可笑しみ、愛おしさについて皆んなでぐるぐる模索した時間が肯定してもらえたようで、本当に嬉しいです。まさかコンペに選出されるとは……!!
 英題はやっぱり、THE NAMAHAGEでしょうか。うんうん、それも最高です。
 とにかく、サンセバスチャン国際映画祭で、監督の素晴らしい才能が知れ渡ることを願いながら、佐藤組の皆んなでこの吉報を分かち合いたいです。



(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top