インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『風の電話』

『風の電話』
地元・大槌町試写会 舞台挨拶

2019-12-20 更新

諏訪敦彦監督、モトーラ世理奈(主演)
佐々木格(「風の電話」設置者・ガーデンデザイナー)

風の電話kazenodenwa 配給:ブロードメディア・スタジオ
2020年1月24日(金) 全国ロードショー
© 2020映画「風の電話」製作委員会

 岩手県大槌町にある天国につながるといわれる「風の電話」。2011年に同町在住のガーデンデザイナー・佐々木格(いたる)さんが、死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから、自宅の庭に白い電話ボックスに、ラインのつながっていない黒電話を設置。今では、3万人を超える人が訪れ、あとを絶たない。

 この風の電話をモチーフに、『2/デュオ』(98)で長編監督デビュー以来、『M/OTHER』(99)を始め、『ライオンは今夜死ぬ』(17)など日本だけでなく、フランスをはじめヨーロッパで圧倒的な評価を受けている諏訪敦彦監督が、心に刻まれる珠玉の作品として作り上げた。2020年1月24日(金)より全国ロードショーとなる。


 この度岩手県大槌町にある大槌文化交流センター<おしゃっち>にて初の本編上映と舞台挨拶が行われ、主演のモトーラ世理奈・諏訪敦彦監督・<風の電話>を設置したガーデンデザイナーの佐々木格が登壇。作品が撮影された岩手県大槌町にて上映された喜びを語った。

 主演のモトーラ世理奈と諏訪監督は大槌町には訪れるのは今年5月の撮影以来、約半年ぶり。初めの挨拶では設置者である佐々木が「<風の電話>を設置して8年目になるが、まだ訪れていない方も、この映画をきっかけに、悲しみを分かち合うこと、支え合うという気持ちについて考えてもらえたら嬉しい」と話した。

 また監督の諏訪は「大槌の方々に観てもらえて、やっとこの映画が完成したなと思えます。僕たち監督、役者の仕事は半分で、観客の皆さんに観てもらってはじめて映画は完成する」と嬉しそうに語った。

 震災によって家族を失うという難しい役所を演じたモトーラも「ハルのおかげでまた大槌町に戻ってこれた」と感謝を述べた。

 本編を観ての感想を問われた佐々木は「この映画は観るだけの映画ではなく、心で感じる映画。感性や想像力を刺激し、本質を見抜く力のある映画になっている。画面越しで理解したつもりになる現代への問題提起、挑戦的な意欲作」と作品を賞賛。また宮沢賢治や石川啄木を生んだ岩手県の土地柄、隣人へのやさしさが描かれているとも語った。


kazenodenwa

 それに対し諏訪は「2時間半ハルと旅することで、自分は決してひとりだと思わせない映画にしたかった。ハルが出会う公平(三浦友和)や森尾(西島秀俊)ら周囲の大人は皆やさしく、彼女に何も聞かずに“食え”とだけ言う。生きているんだから食べなさい。そういった人間のやさしさに溢れている映画になったと思う。いま、岩手だけでなく日本中が傷ついているけど、日本人はこの傷ついた少女を見守ってくれるし、寄り添ってくれるというテーマをずっと持っていた」と製作の裏話を明かした。


kazenodenwa

 また実際の<風の電話>という場所に対して、「Googlemapを使っても、簡単にたどり着けない場所だからこそ、旅を通してハルの再生を描きたかった。熊野古道のように昔から旅には再生という意味も含まれる。実際の<風の電話>は、孤独ではないと感じることができる場所。だから順番に撮影し、最後にここを訪れた」とも明かした。

 佐々木氏「映画化の声は今まで何度かあったけど、こうして実現したのは監督をはじめ製作陣が<風の電話>をよく理解してくれたから。この電話の意味や役割をしっかり描いてくれたことがとても嬉しい」と語り、これまで提案のあった企画の中にはドイツの映画監督ヴェルナー・ヘルツォークがいたことなどを明かした。

 実際に<風の電話>に訪れての演技のことを聞かれたモトーラは「(ラストシーンの)10分間ノーカット、セリフは全部自分で考えた。旅の順番通り撮影していく中でずっと考えていたし、ホテルでひとり考えてもみたけどやっぱり分からないから、そこに訪れるまで言葉は決めなかった」と話し、電話で話しかけるシーンでは「ほんとうは電話を切りたくなかった」と撮影を振り返った。


kazenodenwa

 諏訪監督「モトーラさん自身があの場所に言葉を託したのが素晴らしかった。ハルは8年経ってようやく言葉にすることができたし、あらかじめ決められたセリフではないからこそ、あの瞬間に本当の意味で<風の電話>に訪れたんだと思えました」とモトーラの演技を絶賛した。

 最後に観客から「物語に、“被災地だから”といった配慮や気遣いのような(余計な)遠慮がなくてよかった。すばらしい映画でした」といった声や、「震災があって地元大槌町を離れたけど、この映画をきっかけにこうして帰ってくることができました。そして映画を観ていて主人公ハルのように自分もひとりぼっちじゃないんだと思うことができました」と言った感想の声が聞けた。



(オフィシャル素材提供)



関連記事
完成披露舞台挨拶付試写会
第70回ベルリン国際映画祭正式出品決定!
公開記念舞台挨拶

Page Top