インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

記者会見

トップページ > 記者会見 > 『ハチとパルマの物語』

『ハチとパルマの物語』
製作発表記者会見

2019-11-18 更新

アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア監督、クリスティーナ・レイリアン(ロシア・プロデューサー)、益田祐美子(日本・プロデューサー)、中田直文(一般社団法人秋田犬ツーリズム 会長)、大館市観光キャラクター「はちくん」

ハチとパルマの物語hachi&palma 配給:東京テアトル
2021年初夏 公開予定
© パルマと秋田犬製作委員会

 1976年の旧ソ連時代。モスクワ国際空港で実際にあった「忠犬パルマ」のエピソードを基に、少年と犬の感動的な触れ合いを描いた日露共同製作作品『ハチとパルマの物語』の製作発表記者会見が、秋田県庁で行われた。

 母の死とともに心を閉ざしてしまった少年コーリャ。はぐれた飼い主を空港で待ち続けるパルマ。二つの魂が出会うきっかけをつくったのは秋田犬ハチ。日露の「忠犬」が少年の孤独な心を救う感動のドラマとなる予定だ。

 日本からは渡辺裕之、藤田朋子、壇蜜、阿部純子らのキャストが発表され、また、フィギア•スケーターのアリーナ・ザギトワと秋田犬マサルの特別出演も決定。主題歌は堂珍嘉邦(CHEMISTRY)が手掛け、ソロ活動として本作の主題歌を書き下ろす。監督は、近年のロシア映画界で話題作を手がけ、俳優としても活躍しているアレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア。

 撮影はロシア・モスクワですでにクランクインしており、20年1月からは秋田県大館市でも行われる。日本の公開は2021年初夏を予定している。


■ アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア監督 コメント

 この話は実話で、新聞記事をインターネットで見た時から映画化したいと思っていた。犬の感情を伝えられるような映画にしたい。俳優であり父親のアレクサンドル・ドモガロフが出演しているが、監督として父と組むことを望んでいたので、今回初めて実現できたことが嬉しい。秋田犬には昨日初めて会った。可愛くてキスしました。犬の気持ちをきちんと伝えられるような作品にしたい。秋田は自然豊かで食べ物も美味しいと聞いているので、今後の撮影が楽しみです。地元の人々の交流を通して、秋田の魅力を映画に収めたい。


■ クリスティーナ・レイリアン(ロシア・プロデューサー) コメント

 日露合作で世界での公開を目指しているので、誰にでも分かるようなストーリーを心がけた。ロシアで一番大きな配給会社が担当することになっており、2020年夏以降のロシアでの先行公開を目指している。今後、この映画をきっかけに日露合作映画が増えることを望んでいる。ザギトワとマサルは本人のカメオとして出演する予定。彼女は脚本も読んでいて、映画を気に入っており出演を快諾してくれた。


■ 益田祐美子(日本・プロデューサー) コメント

 日露交流年をきっかけに『ソローキンの見た桜』を製作、日露両国で公開したところ、ロシア側からもう一作製作したい、という提案があり、今回の企画になった。家族がテーマの本当にあった感動的な話で、より楽しめる作品になると思う。ザギトワは必ず大館市に呼びたいと思っている。秋田出身ということで壇蜜さんと高松 潤の出演を楽しみにしている。11月18日には大館市の秋田犬の里で200人のエキストラと撮影をする。年明け1月6日から9日まで同じく大館の秋田犬会館で撮影をする予定だ。


■ 中田直文(一般社団法人秋田犬ツーリズム 会長) コメント

 来年1月に大館でロケをすると聞いており、エキストラの手配含め、現在いろいろと協力している最中だ。秋田犬だけではなく、秋田県自体の魅力を映画を通して発信していきたい。



映画『ハチとパルマの物語』

 ■監督:アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア
 ■製作:パルマと秋田犬製作委員会
 ■脚本:アレクサンドル・ドモ ガロフ・ジュニア、エブゲニア・マブロマーティス、村上かのん
 ■プロデューサー:ルーベン・ディシディシアン(ロシア)、益田祐美子(日本)
 ■出演:松本穂香、奈緒、中村獅童ほか

 ■配給:セントラル・パートナーシップ(ロシア)、東京テアトル(日本)

 ■公開:2021年初夏 公開予定


オフィシャル・サイト
 https://akita-movie.com/ (外部サイト)




(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top