インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





作品紹介

トップページ > 作品紹介 ハチとパルマの物語

2021-03-24 更新

原題:Akita & Palma
ハチとパルマの物語hachi&palma
©2021パルマと秋田犬製作委員会

イントロダクション

 検疫検査を通過できず仕方なく空港に置き去りにされる忠犬パルマ。いつの日か飼い主が迎えに来ることを信じて、今日もパルマは滑走路の傍らでじっと待ち続ける……。

 2年もの間、実際にモスクワのヴヌーコヴォ国際空港で待ち続け、今も多くの人に語り継がれる感動の実話“パルマの物語”が待望の映画化。世界に先がけ2021年3月にロシアで1,500館規模の超拡大公開、そして初夏、日本をはじめ世界に向けて感動を届ける。

 パルマを見守り、その孤独を分かち合う少年コーリャとの触れ合い。意外なきっかけで結ばれるハチ、そして大館の秋田犬(あきたいぬ)たちとの絆。国境も時代も超えた子どもたちと犬の物語に、いま世界の注目が集まっている。

 主役のコーリャ少年には、映画初主演となるレオニド・バーソフ。そして、ロシアを代表する名優アレクサンドル・ドモガロフ、『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』のヴィクトル・ドブロヌラヴォフをはじめとする熟練のキャストが脇を固めている。さらに日本からは渡辺裕之、藤田朋子、壇蜜、阿部純子らが出演。また、フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワも本人役で登場する。

 主題歌は堂珍嘉邦(CHEMISTRY)がソロ・アーティストとして手掛け、本作にも出演している。監督は俳優としても活躍し、本作で初めて親子での参加を果たしたアレクサンドル・ドモガロフJr.。


ストーリー

 旧ソ連時代の1970年代。検査の手違いから仕方なくモスクワの空港に置き去りにされた犬、パルマ。いつの日か飼い主が迎えに来ることを信じて、今日もパルマは滑走路の傍らでじっと待ち続ける。そして1人の少年と出会う……。

 2年もの間、実際にモスクワのヴヌーコヴォ国際空港で待ち続け、いまもロシアで多くの人に語り継がれる感動の実話“パルマの物語”、待望の映画化。


(2021年、日本・ロシア合作、上映時間:120分)

キャスト&スタッフ

原作:原田マハ「総理の夫 First Gentleman」(実業之日本社文庫)
監督:アレクサンドル・ドモガロフJr.
脚本:アレクサンドル・ドモガロフJr.、村上かのん
プロデューサー:益田祐美子
出演:渡辺裕之、藤田朋子、アナスタシア、壇蜜、高松 潤、山本修夢、早咲、阿部純子(友情出演)、堂珍嘉邦(友情出演)、アリーナ・ザギトワ(友情出演)、アレクサンドル・ドモガロフ、レオニド・バーソフ、ヴィクトル・ドブロヌラヴォフほか

配給
東映 東京テアトル/平成プロジェクト
5月28日(金)より全国ロードショー

■ オフィシャル・サイトhttps://akita-movie.com/ (外部サイト)



関連記事
製作発表記者会見
ロシア公開No.1発進&メインビジュアル公開!

Page Top