インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
公開トークイベント

2018-10-02 更新

阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、アルコ&ピース

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!onryoagero-tako 配給:アスミック・エース
10月12日(金) ロードショー
© 2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

 「時効警察」シリーズの三木 聡が原案・監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)に全国公開される。その公開を直前にした10月1日(月)には、東京・渋谷の109前でPRイベントを敢行。主演の阿部サダヲ、共演の吉岡里帆、千葉雄大らキャストが特製“音タコカー”に乗ってサプライズ登場した!


 4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りの秘密を抱えるロックスター・シン(阿部サダヲ)。そんな彼が異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)と出会ったことから奇跡を起こしていく。

 大きな窓があしらわれた音タコカーから降り立ち、大歓声で迎え入れられたキャスト一同。阿部は「こんな渋谷のど真ん中でのイベントは初めて」と目をぱちくりさせ、吉岡も「私も初めて! 人が多くて笑っちゃいます」と新鮮な面持ち。千葉は「サプライズでの登場にも関わらず、足を止めてくれる人がこんなにいてビックリしました」と驚き「プライベートでも渋谷にはよく来る。顔バレ? あんまり言われません。なんならもっと言ってきて欲しいくらい。もっと仕事を頑張らないとな」とさらなる知名度アップに意気込んでいた。


onryoagero-tako

 笑ってしまった劇中シーンの話になると、阿部はオーディション場面を挙げて「よく見ると吉岡さんが普通に笑っています」と指摘。吉岡も「10テイクくらい笑っていて、結構それが使われています」と舞台裏を告白した。また吉岡が「シンとバイクに乗っているシーンは笑えます。結構アナログで撮っている部分が多くて、人力で引っ張ったりしてる。それを思い出すと笑ってしまう」と明かすと、千葉も「アナログでいうと、ポテチの袋を開けなければいけないシーンでは、助監督さんがその袋の開け方について熱弁したりして、その熱い思いが面白かった」とマニアックなシーンをチョイスした。


onryoagero-tako

 また映画のタイトルにちなんで「最近あった〇〇タコ!」との出題に、阿部は家電量販店での出来事として「中国人客と勘違いされて、中国人スタッフから話しかけられた(笑)。察してくれタコ!と思った」と外国人旅行客と勘違いされたエピソードを紹介。吉岡は“音タコカー”乗車の際に「〇〇タコ!」があったそうで「走っている最中、誰一人振り向いてくれなくて(笑)、もう少し反応してくれタコ!と思った。こんなに派手なのに……」と残念そうで、阿部も「意外と気づいてほしいんだよね、僕ら」と本音をポロリ。


onryoagero-tako

 千葉は「自分自身に対してタコ!」といい「最近は急に雨が降る。昨日も洗濯ものを全部外に干してて、洗い直さなければいけない。でも帰って洗い直すかと思いきや、1週間くらい放置するタイプ。結構ずぼらです」と面倒くさがりな性格に自虐だった。そんなマスコミが書きやすいネタを提供する千葉に対して、本作応援隊として登場したお笑いコンビ・アルコ&ピースは「千葉雄大、いい加減にしろタコ!と言いたい。ここまで美しい顔なのに、日常的なトークも上手い。ファンが見ていなかったら、蹴り上げているところ」とライバル視。それに当の千葉は「すべて計算でやっています(笑)」と策士的表情を静かに浮かべていた。


onryoagero-tako

 イベントの最後は、それぞれが本作の魅力をフリップに書いて発表。阿部は「ロックだぜ!タコ」、吉岡は「ずっとふざけてるな!!タコ」、千葉は「イイ曲ばっかじゃねぇか!!このタコ」と記した。阿部は「原作ものの映画が多い中で、7年くらいかけて作った完全オリジナル作品。笑いもあるがストレートなメッセージも入っている」と説明し、吉岡は「ふざけている!は褒め言葉。ここまで大人たちがふざけ倒す映画はなかなかない。皆さんの心を笑いで満たせれば」と期待した。また千葉が「ぶっ飛んで笑える一方で、楽曲がいい」というと、阿部は「自分が歌う曲のデモテープの声は、HYDEさんだった。聴いた瞬間に『無理です!』と言った」と大物アーティスト提供楽曲に恐縮しきり。吉岡もミュージシャン・あいみょんらが提供した楽曲に触れて「声が小さいところから、大きくなって成長していく姿が楽曲を通して表されているので、注目して聴いてほしい。曲も詩もいい。プロの力を感じてほしい」と聴きどころをアピールした。



(オフィシャル素材提供)




関連記事
小峠英二(バイきんぐ)、大ファンのニューロティカ率いてモヒカンで熱唱!
完成披露試写会
公開記念舞台挨拶

Page Top