インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash


舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『ぜんぶ、ボクのせい』

『ぜんぶ、ボクのせい』完成披露上映会

2022-07-24 更新

白鳥晴都、川島鈴遥、オダギリジョー、松本優作監督

ぜんぶ、ボクのせいbokunosei ©2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会
ビターズ・エンド
2022年8月11日(木・祝)新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

 8月11日(木・祝)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開する、駿才・松本優作監督最新作『ぜんぶ、ボクのせい』。本作の完成披露上映会が7月24日(日)に新宿武蔵野館で開催され、白鳥晴都(松下優太役)、川島鈴遥(杉村詩織役)、オダギリジョー(坂本健二役)、松本優作監督が登壇した。


 構想2年以上の歳月をかけて本作を関係させた松本監督。「今の社会を生きていく中で感じたことを詰め込んだ作品。さまざまな捉え方ができる映画なので、いろいろと感じていただけると嬉しいです」とアピール。児童養護施設を抜け出す13歳の主人公・優太役の白鳥は初の舞台挨拶参加に「夢の舞台」と喜色満面で、「辛い環境の中で生きている役なので難しかったけれど、少しでも優太の気持ちを理解できるように台本を読み返し、立ち姿や口調など台本に書いてないところも想像して演じました」と熱演を報告した。そんな白鳥について松本監督は「ラスト・シーンを演じてもらったときの目の表情や鋭さにドキッとした」と逸材だと絶賛していた。


bokunosei

 女子高生の詩織を演じた川島。オダギリの監督作『ある船頭の話』に出演しており、ホームレスの坂本を演じたオダギリとの共演には「オダギリさんが今回どう来るのか予想が出来ず、しかも私が想像していたおっちゃん像とオダギリさんが演じるおっちゃんが結構違った」とぶっちゃけた。オダギリから「え? それは良い意味で? なんだか悪い意味に聞こえましたけれど……」と苦笑いされると、「もちろんいい意味です! 台本に縛られず、共にアドリブを交えて演技できたことが嬉しかった」と大慌てで感謝して笑いを誘っていた。


conveniencestory

 そんなオダギリは松本監督に自らアイデアを出して、坂本という役柄や設定に肉付けしていったという。「映画を撮りたいと思っていた20代の頃に書き溜めていたアイデアの一つにこの映画の設定に似ているようなものがありました。坂本を演じる上ではその頃に持っていたアイデアがあふれ出た」と明かした。


bokunosei

 一方、白鳥は海への入水シーンを振り返り「僕が演技に夢中になるあまり、深いところまで行ってしまいました。一緒に海に入った川島さんはそれでも素晴らしい演技をしていたので、改めてスゴイ女優さんだと思いました」と感謝。すると川島は「晴都君を頑張って止めたけれど、全然止まってくれなくて……。最終的に溺れないようにと私が晴都君にしがみついていました。止めたいけれど止まらない。そんな感覚が面白かったです」と熱演の舞台裏を紹介していた。

 また白鳥は、撮影中にもらったオダギリからのアドバイスについて聞かれると「もっと動きを大きくしたほうがいいよ、などと言っていただきました」と回想。しかし当のオダギリは「え? それは言ってないでしょう? 本当に?……取材で『彼には全くアドバイスをしていない』と言っちゃったよ!」と頭をかいていた。

 ラストを飾る大滝詠一の名曲『夢で逢えたら』は、映画館用に初の5.1chミックスが施された。松本監督は「たくさんの方がカバーしてきた素晴らしい名曲だけれど、今の時代の中で聴くと感じ方も変わる。『夢で逢えたら』を使用することが決まったことで詩織像にも変化がありました」と話した。

 最後に松本監督は「上手くいかないときに他人のせいにしないと生きにくい時代。その中で自分が感じたことを荒々しく詰め込んだつもりです。観終わった後に気持ちが良くなるとは限らない作品だけれど、いろいろと想像してもらえたら嬉しいです」と思いを込めていた。


bokunosei


(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top