インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash


舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『PLAN 75』

『PLAN 75』第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門フォトコール・公式上映・レッドカーペット

2022-05-22 更新

磯村勇斗、ステファニー・アリアン、早川千絵監督

PLAN 75plan75 ©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
©Kazuko WAKAYAMA

ハピネットファントム・スタジオ
6月17日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開

 倍賞千恵子主演映画『PLAN 75』が6月17日(金)に新宿ピカデリーほか全国公開となる。脚本・監督は、本作が長編初監督作品ながら、現在開催中の第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門への正式出品という快挙を成し遂げた早川千絵。この度、現地時間5月20日(金)14時に公式上映され、75歳以上が自らの生死を選択できる制度<プラン75>に携わる職員役の磯村勇斗とステファニー・アリアン、そして早川千絵監督がフォトコールとレッドカーペット、記者会見に登場した。


 色鮮やかなシャツと爽やかな白いパンツ姿の磯村勇斗がフォトコールに登場すると、海外メディアからの大きな声援とともに、世界各国から集まった100台以上のカメラのフラッシュが一斉にたかれ、「イソムラーー!」のコールが巻き起こった。磯村は今回が自身初の海外映画祭への参加。特にカンヌ国際映画祭には思い入れがあり、参加を熱望、2泊4日の弾丸スケジュールで現地入りを果たした。


plan75


plan75

plan75

plan75

plan75

plan75

 その後に行われた公式上映では、満場の客席から拍手喝采の嵐! これが初めての海外映画祭への参加となった磯村は、観客たちの大歓迎ぶりに思わず万感の様子で、感無量のカンヌ・デビューとなった。公式上映終了後、場内は5分以上にわたるスタンディングオベーションを受けた後、感激した観客がそばに駆け寄り、「素晴らしい映画だった」と監督をハグする姿も見られた。


plan75

plan75

plan75

plan75

plan75

 上映後には日本メディア向けの記者会見が開催され、多くの記者たちが集まった。早川監督は「今回上映していただいたドビュッシー劇場は音の環境が良いと聞いていたのですが、初めて大きなスクリーンで素晴らしい音響の中で上映していただき、それに立ち会うことが出来てとても感無量です」と感慨深げに振り返る。また、磯村も「世界の人たちと一緒に映画を観ることが初めてだったのですごく光栄でした。観客の反応を見ながら、映画を観ていたので少し緊張もしましたが、非常に良い経験をさせてもらえたと思います」と感謝の言葉を述べた。フィリピン人の女優、ステファニー・アリアンも「多くの方々が心を込めて作った作品でカンヌ国際映画祭に参加できたことに大変感謝しています」と思いの丈を伝えた。


plan75

 今回は残念ながら参加できなかった倍賞への思いを尋ねられた早川監督は「すぐにでも電話をして声を聞きたいですね。上映中も、撮影時の倍賞さんのことを思い出しながら観ていました。ミチを演じていただき、ありがとうございますという思いでいっぱいです」と語り、「倍賞さんからは、“(カンヌは)若い人たちに任せたから頑張ってきて!”とおっしゃっていただいたんです」と笑顔をのぞかせた。磯村は「倍賞さんとの共演シーンは少なかったのですが、目が魅力的でした。役を超えて、倍賞さんが今まで生きてこられた全てがミチという役に投影されているように感じるほどとても自然体で、醸し出す空気が人生を物語っていました」と倍賞への尊敬の念を語った。共演シーンはなかったが、同じ撮影現場に立ち会えたステファニーは「一緒にお昼ご飯を食べたり、写真を撮っていただきました」と思い出を教えてくれた。


plan75

 海外からの注目が高く、評価を受けている理由について尋ねられた早川監督は「人間の生と死、どう生きるか死ぬかや尊厳については普遍的な問題だと思います。特にコロナ禍になってからは世界中でより多くの人が、どうやって生きるのか、人間の尊厳を保っていくのかと考えるようになったのではないでしょうか」と分析。若い世代として、高齢化社会への危機感を持っているのかと質問を受けた磯村は「作品のオファーをいただく前から、現代の社会問題のひとつとして高齢化問題については考えていました。若い人たちだけに責任が押し付けられてしまわないか、一生懸命働いても負担が減らないのではないかと常々、解決策がないかと思っていました」と明かし、その感情を役に込めたという。


plan75

 本作が長編映画デビューとなる早川監督の印象について、磯村は「演出が丁寧で俳優に寄り添ってくれる方。俳優のアクティング・スペースに入って、監督自身が実際に動作を見せてくれ、時にはディスカッションを交わしながらの撮影でした。安心して信頼できる現場だったと思います」と振り返り、ステファニーも「監督が何を求めているのかをはっきりと言ってくれ、私の意見もしっかりと聞いてくださったので、とてもやりやすかったです。また、私の母国であるフィリピンの文化に対して、リスペクトを持って描いてくれたことにも感謝しています」と語る。

 最後に、カンヌ国際映画祭に参加したいと長年思い描いていた夢が叶った磯村は「カンヌに来て、映画を愛している人たちが世界にはこんなにもたくさんいるんだなと改めて感じることができました。そういう方々を見て、もっと自分も頑張れると思えましたし、これからも映画に対して愛を持って取り組んでいきたいと思いました」と今後の俳優人生への決意をにじませ、会見を締めくくった。


plan75

 記者会見後、メイン会場となるパレ・デ・フェスティバルに登場した磯村たち。限られた滞在期間内で、思う存分、カンヌ国際映画祭を満喫した。


plan75

 現地からは「表面上は穏やかに見えるが、不必要と見なされた人々を見捨てる社会に対してしっかりとメッセージを伝え、観る者の心をざわつかせる」、「倍賞千恵子の演技は、間違いなく観る人の琴線に触れるだろう」、「繊細な脚本と、それを見事に体現したすばらしい演技で、日本映画として今年のカンヌ映画祭に立派な足跡を残した」、「今年のカメラ・ドールの最有力候補の一つ!」等々、絶賛の声が相次いでおり、受賞への期待も高まっている。

 尚、日本人監督の作品が「ある視点」部門に出品されるのは、2017年の黒沢 清監督『散歩する侵略者』以来5年ぶり。日本人女性監督としては、15年『あん』の河瀬直美監督以来2人目。「ある視点」部門の受賞発表は今月27日(金)。



(オフィシャル素材提供)



関連記事
第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門出品決定!
第75回カンヌ国際映画祭カメラドール スペシャル・メンション(特別賞)受賞!
凱旋プレミア試写会
日本外国特派員協会記者会見
公開記念舞台挨拶

Page Top