インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





作品紹介

トップページ > 作品紹介 漂流ポスト

2021-01-11 更新


漂流ポストhyouryupost
© Kento Shimizu

イントロダクション

 “漂流ポスト”とは、「手紙を書くことで心に閉じ込められた悲しみが少しでも和らぎ、新たな一歩を踏み出す助けになるなら」という想いから、被災地である岩手県陸前高田市の山奥に建てられた郵便ポスト。当初は東日本大震災で亡くなった人への想いを受け止めるためのポストだったが、今では病気や事故など、震災に限らず亡くなってしまった最愛の人に向けた想いを手紙に綴り、届ける場所になっている。震災から9年以上経った現在も多くの手紙が届き、その数は500通を超える。手紙は同じ境遇の人々にシェアされ、心の復興を助けている。

 2011年3月12日に仕事で岩手を訪れる予定だった清水健斗監督は、自分が1週間前に訪れた場所が津波に流されてしまう様子をニュースで見て、他人事とは思えず、長期ボランティアに参加。そこで直に見聞きした被災者の想いを風化させないために、ニュースで知った“漂流ポスト”を舞台に、心の復興の映画を製作した。


hyouryupost

ストーリー

 東日本大震災で親友の恭子を亡くした園美は、心のどこかで死を受け入れられず日々を過ごしていた。

 ある日、学生時代に恭子と埋めたタイムカプセルが見つかる。中には『将来のお互い』に宛てた手紙が入っていた――。蘇る美しい思い出と罪悪感。

 過去と向き合う中、震災で亡くなった大切な人へ届けたい言葉・伝えることができなかった想いを綴った手紙が届く【漂流ポスト】の存在を知った園美は、心の復興を遂げることができるのか……。


hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

hyouryupost

(2018年、日本、上映時間:30分)

キャスト&スタッフ

監督・脚本・編集・プロデュース:清水健斗
撮影監督:辻 健司
録音:田原 勲
メイク:大上あづさ
制服:下山さつき
音楽:伊藤明日香
撮影協力:赤川勇治 漂流ポスト3.11
出演:雪中梨世、神岡実希、中尾百合音、藤 公太、永倉大輔

配給
アルミード
3月5日(金)よりアップリンク渋谷にて他全国順次公開

■ オフィシャル・サイトhttps://www.hyouryupost-driftingpost.com/ (外部サイト)



関連記事
バルセロナ国際映画祭 審査員賞受賞!

Page Top