インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





作品紹介

トップページ > 作品紹介 あのこは貴族

2020-11-08 更新


あのこは貴族anokohakizoku
© 山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

イントロダクション

 都会の異なる環境を生きる2人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描くシスターフッドムービーの新境地とも言える作品が誕生した。

 監督は初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。原作は、映像業界が最も注目する山内マリコによる同名小説。

 主人公の箱入り娘・華子には、本年度NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でヒロインを好演中の門脇 麦。地方から上京し、自力で生きる美紀役に、女優、モデル、デザイナーと多彩に活躍する水原希子。奇しくも二人を繋ぐことになる、弁護士・幸一郎役に高良健吾ほか、石橋静河、山下リオと、若手実力派俳優が集結した。

 20代後半から30代にかけて、息苦しさを抱える女性たちが、軽やかに変化していく姿を、最後の青春譚として静かに紡いでゆく。


anokohakizoku

ストーリー

 東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成長し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。20代後半になり、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが……。

 一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。幸一郎との大学の同期生であったことから、同じ東京で暮らしながら、別世界に生きる華子と出会うことになる。

 二人の人生が交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく――。


(2021年、日本、上映時間:124分)

キャスト&スタッフ

監督・脚本:岨手由貴子
原作:山内マリコ「あのこは貴族」(集英社文庫刊)
出演:門脇 麦、水原希子、高良健吾、石橋静河、山下リオ、佐戸井けん太、篠原ゆき子、石橋けい、山中 崇、高橋ひとみ、津嘉山正種、銀粉蝶ほか

配給
東京テアトル/バンダイナムコアーツ
2021年2月26日(金) 全国公開

■ オフィシャル・サイトanokohakizoku-movie.com (外部サイト)



関連記事
第33回東京国際映画祭 舞台挨拶

Page Top