インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





作品紹介

トップページ > 作品紹介 とんかつDJアゲ太郎

2020-10-07 更新


とんかつDJアゲ太郎tonkatsudj
© 2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

イントロダクション

 プチプチ……ジュワ????サックサクゥ〜!!! ジューシーなとんかつを揚げる音とフロアを熱狂の渦に巻き込むビートが見事に融合! これまで体感&音感したことのない〈とんかつ×DJ〉映画がここに爆揚(アゲ)登場する。

 渋谷にある老舗とんかつ屋の三代目でDJを目指す主人公・勝又アゲ太郎を演じるのは北村匠海。調子だけはいい駆け出しDJをこれまでにないポップさとアゲキャラで演じ切る。

 さらにアゲ太郎が思いを寄せる憧れ女子・苑子には山本舞香、ライバルDJでIT社長の屋敷に伊藤健太郎というフレッシュな顔ぶれが揃った。

 またアゲ太郎の師匠的存在であるDJオイリーに伊勢谷友介、厳格な父・揚作にブラザートムなど脇もしっかりアガってる。

 原作は、ウェブコミックとして話題を集めアニメ化もされた「とんかつDJアゲ太郎」(イーピャオ/小山ゆうじろう)(集英社 少年ジャンプ+)。

 主題歌はブルーノ・マーズの「ラナウェイ・ベイビー」がご機嫌に映画をアゲる!

 また、本編ではSugar(Maroon5)、D.A.N.C.E.(Justice)、Star Guitar(The Chemical Brothers)といった誰でも一度は聞いたことがある往年の名曲から新曲までなんと67曲も登場することが明らかに! まさに映画全編を通じて、邦画史上最高ともいえる楽曲数and神曲プレイリストとなっている!

 監督は『チワワちゃん』で若者の疾走する今を見事に切り取った、俊英・二宮 健。

 クラブミュージックも日本のソウルフード・とんかつも常に人を幸せにしてくれるもの。

 音楽にノッて、気分をアゲて、さらにお腹を満たす、新体験エンターテイメント誕生!


tonkatsudj

ストーリー

 東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。勝又アゲ太郎はその三代目だ。店を継ぎたいわけじゃないけれど、他にやりたいことも見つからない。

 父・揚作の元、豚肉にはまだ触らせてもらえず、キャベツの千切りの毎日。ある日、弁当の配達で渋谷のクラブへ。はじめて訪れたその場所で、アゲ太郎は密かに憧れていた女性・苑子に出会い、ドキドキする。そして音楽にあわせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を得た。「……かっこいいDJに俺もなりたい!」。

 アゲ太郎は、その時プレイしていた中堅DJのオイリーに弟子にしてほしいと願い出る。旅館、書店、電気屋、薬局……それぞれ三代目の地元っ子である“三代目ブラザーズ”に協力してもらいDJ修行をはじめるがーー。

 DJ機材にも触ったことのないアゲ太郎の道のりは一に勢い、二に勘違い、三は運命の出会い!?と爆走爆笑のハプニングだらけ。しかし、ある日、アゲ太郎はDJオイリーのプレイを見て、「とんかつ」と「DJ」のまさかの共通点を見出し始める!?!?

 アゲ太郎はとんかつもフロアもアゲられる男、そして一目惚れした苑子のハートを射止めるために、「とんかつDJ」として2つの高き頂点を目指す!


tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

tonkatsudj

(2020年、日本、上映時間:100分)

キャスト&スタッフ

原作:「とんかつDJアゲ太郎」原案:イーピャオ、漫画:小山ゆうじろう(集英社ジャンプ・コミックス刊)
監督・脚本:二宮 健
主題歌:ブルーノ・マーズ 「ラナウェイ・ベイビー」(ワーナーミュージック・ジャパン)
出演:北村匠海、山本舞香、伊藤健太郎、加藤 諒、浅香航大、栗原 類、前原 滉、池間夏海、片岡礼子、ブラザートム、伊勢谷友介ほか

配給
ワーナー・ブラザース映画
10月30日全国ロードショー

■ オフィシャル・サイトagaru-movie-tda.jp (外部サイト)



関連記事
渋谷の中心でとんかつ愛を叫ぶ presented by『とんかつDJアゲ太郎』

Page Top