インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 おかあさんの被爆ピアノ

2018-12-18 更新


おかあさんの被爆ピアノhibakupiano
© 映画「被爆ピアノ」製作委員会

イントロダクション

 昭和20年8月6日8時15分……

 広島に投下された1発の原子爆弾。

 街と共に一瞬にして消えたたくさんの命。

 そうした壊滅的な状況の中で奇跡的に焼け残ったピアノ。

 被爆ピアノ――。

 それを託された広島の調律師・矢川光則さんは、修理・調律して、自ら4トントラックを運転して全国に被爆ピアノの音色を届けて回ることに。

 「70年経って被爆体験者は段々いなくなっていて、あと10年したら殆どいなくなる。けれど、被爆ピアノは、その音色でずっと原爆のことを伝えていくことが出来る」と調律師の矢川光則さんは言う。

 被爆ピアノにまつわる実際の話から着想を得たオリジナル映画を、佐野史郎とAKB48の武藤十夢のW主演で、製作することが決定した。その他、ヒロインの父親役に宮川一朗太、ヒロインの祖母役と主題歌で南壽あさ子を迎え、クランクインする。


ストーリー

 昭和20年に広島で被爆したピアノを持ち主から託された調律師・加川(佐野史郎)。彼自身も被爆二世。調律師は、託された被爆ピアノを修理、調律して、それを自ら運転する4トントラックに載せて全国を回っている。

 東京に住む江口菜々子(武藤十夢)は、被爆ピアノコンサートの情報を偶然知り、調べると被爆ピアノの1台を母が寄贈していることを知り、被爆ピアノコンサートを観に行く。

 被爆二世の母から広島のことや音楽講師をしていた祖母のことなどを知らされてこなかった菜々子は祖母(南壽あさ子)のこと、広島のこと、被爆ピアノのことを知りたくなり調律師に頼んで広島まで同行する。

 2年前に他界した祖母が住んでいた母の実家はそのままにされており、間もなく再開発で壊されるという。菜々子は伯父に実家まで案内してもらうと、実家にある祖母の写真、古い楽譜などから祖母のことを辿っていく。そして、菜々子が5歳の頃に祖母から可愛がってもらった記憶。

 なぜそれ以降の祖母の想い出がないのか?

 母はどうして広島から出て行ったのか?

 祖母が菜々子に伝えたかったこととは?

 調律師がなぜ被爆ピアノを伝える活動をしているのか?

 菜々子はルーツを辿り、被爆ピアノの活動を辿りながら次第に何かを見つけていく――。


(2020年、日本)

キャスト&スタッフ

監督:五藤利弘
撮影監督:高間賢治
出演:佐野史郎、武藤十夢(AKB48)、宮川一朗太、南壽あさ子、城之内正明、栩野幸知、沖 正人ほか

配給
渋谷プロダクション
2019年初夏クランクイン 2020年公開予定

オフィシャル・サイト
http://hibakupiano.com/ (外部サイト)

関連記事
製作発表

Page Top