インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 旅のおわり世界のはじまり

2018-11-30 更新


旅のおわり世界のはじまりtabiseka
© 2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

イントロダクション

 新作ごとに世界の国際映画祭で注目される黒沢 清監督が、この度、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、ナボイ劇場完成70周年記念の国際共同製作作品の監督を務めることが決定した。

 日本とウズベキスタンが、1992年1月26日に正式に国交を樹立してから25年が経ち、日本人が建設に関わったナボイ劇場が、1947年10月の完成から70周年を迎えたことを記念した両国の共同製作企画となる。

 今回、黒沢 清監督が、オリジナル脚本で挑む本作の日本公開タイトルは『旅のおわり世界のはじまり』。日本のテレビバラエティ番組のクルーと共に取材のためにウズベキスタンを訪れた女性タレントが、現地のコーディネーターや異文化の人々との交流によって、新しい世界が開かれ、成長していく姿が描かれる。


day-and-night

ストーリー

 遠い空の下、“新しい自分”に出会う──。

 テレビ番組のリポーターとして美しい国“ウズベキスタン”を訪れた葉子は、この国にいる“伝説の怪魚”を探すため、番組クルーと様々な地を訪れる。

 ある日の収録が終わり、彼女はひとり見知らぬ街を彷徨ううち、導かれるように路地裏につながれたヤギと巡り合う。それは、目前に広がる“世界”との対話のはじまりだった──。


(2019年、日本)

キャスト&スタッフ

監督・脚本:黒沢 清
製作:キングレコード、ローデッドフィルムズ、東京テアトル、朝日新聞社、TBSラジオ、博報堂/UZBEKKINO
特別協力:ウズベキスタン国家観光発展委員会
主演:前田敦子、加瀬 亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフほか

配給
東京テアトル
2019年、全国公開

オフィシャル・サイト
tabisekamovie.com  (外部サイト)


関連記事
黒沢 清監督最新作『世界の果てまで(仮)』製作発表
黒沢 清監督最新作、主演は前田敦子&作品タイトルも決定!
映画『旅のおわり世界のはじまり』オールキャスト解禁!「製作快調!」超特報&ティザーポスターも初披露

Page Top