インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 『旅のおわり、世界のはじまり』

黒沢 清監督最新作『世界の果てまで(仮)』
製作発表

2018-04-08 更新

sekainohatemade
© 2019「旅のおわり、世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO


 新作ごとに世界の国際映画祭で注目される黒沢 清監督が、この度、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、ナボイ劇場完成70周年記念の国際共同製作作品の監督を務めることが決定した。

 日本とウズベキスタンが、1992年1月26日に正式に国交を樹立してから25年が経ち、日本人が建設に関わったナボイ劇場が、1947年10月の完成から70周年を迎えたことを記念した両国の共同製作企画となる。

 今回、黒沢 清監督が、オリジナル脚本で挑む本作の日本公開タイトルは『世界の果てまで(仮)』(working title『To the Ends of the Earth』)。日本のテレビバラエティ番組のクルーと共に取材のためにウズベキスタンを訪れた女性タレントが、現地のコーディネーターや異文化の人々との交流によって、新しい世界が開かれ、成長していく姿が描かれる。

 撮影は、駐日ウズベキスタン大使館、ウズベキスタン政府国家観光発展委員会、国営映画会社ウズベクキノなどの全面的協力により、ウズベキスタンでのオールロケーションで4月~5月に予定。年内の完成を目指し、2019年の公開を予定している。


監督・脚本:黒沢 清のコメント

 かつての世界の中心“ティムール帝国”、この響きに私は昔から強く魅了されていました。今まさにその場所ウズベキスタンにいます。私の大好きな俳優、スタッフたちとここで映画を撮るのです。きっと、これまでのどれにも似ていない映画になるでしょう。いくつかの夢が同時に叶ったような思いです。
 シルクロードのど真ん中に、何の予備知識も持たないひとりの若い日本人女性を放り込んでみました。彼女の唯一のとりえは並外れた用心深さです。押し寄せる異文化を警戒し、拒絶し続ける彼女は、果たしてこの国を理解することができるのでしょうか。また、この国の人たちも、そんな彼女をひとりの人間として認めてくれるのでしょうか。今回の映画が扱うテーマはそれです。実は私自身、もう何年もそういう状況に直面しているのです。


ウズベキスタン政府国家観光発展委員会 アジズ・アブドハキーモフ議長(大臣)のコメント

 黒沢 清監督に初めて駐日ウズベキスタン大使館でお逢いした際に、監督がウズベキスタンをはじめとする中央アジアに昔から強いご興味をお持ちだったと伺いました。本企画のお話を伺い、観光庁はこの映画への支援を決定し、ウズベキスタンに監督一同をお招きしました。
 我が国に興味を持ってくださっている黒沢 清監督が、ウズベキスタン・オールロケーションで映画を撮影することを嬉しく思っています。ウズベキスタンと日本は、古くから深いつながりを持っています。この映画を通して、さらに我々の友好関係が深まり、日本の皆様に現代のウズベキスタンと我が国の歴史に触れていただける素晴らしい機会になることを期待しております。


ウズベキスタン共和国について

 中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和国。1991年のソ連崩壊によってウズベク・ソビエト共和国はウズベキスタン共和国として独立。首都はタシケント。国土面積は日本の1.2倍。人口は3190万人。シルクロードの中心地や、ユネスコの世界遺産の宝庫として、城壁に囲まれた旧市街地ヒヴァ(イチャン・カラ)、東西の文化が交わる青の都・サマルカンド、古代より栄えた日干しレンガの茶色の街・ブハラ、緑の街・シャフリサブス、仏教文化のテルメズ、などが世界的に有名。


日本・ウズベキスタン国交樹立25周年・ナボイ劇場完成70周年記念国際共同製作作品

 ■タイトル:世界の果てまで(仮)

 ■英題: 『To the Ends of the Earth』(working title)
 ■監督・脚本:黒沢 清
 ■撮影:芦澤明子
 ■美術:安宅紀史
 ■企画・制作:ローデッド・フィルムズ/東京テアトル/Uzbekfilm
 ■制作協力:ジャンゴフィルム
 ■配給:東京テアトル



(オフィシャル素材提供)




関連記事
黒沢 清監督最新作、主演は前田敦子&作品タイトルも決定!

Page Top