インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『泣き虫しょったんの奇跡』

『泣き虫しょったんの奇跡』
第3期叡王 就位式に永山絢斗がサプライズ登壇!

2018-07-15 更新

永山絢斗、高見泰地叡王

泣き虫しょったんの奇跡shottan

配給:東京テアトル
9月7日(金)より全国ロードショー!
© 2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 © 瀬川晶司/講談社

 将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。主演を務める松田龍平ほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子、國村 隼といった<主役級>の豪華キャストが集結! 第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門への正式出品も決定している本作。

 この度、高見泰地叡王の第3期叡王就位式がホテルニューオータニで行われ、本作で奨励会員・新藤和正役を演じた永山絢斗がサプライズで登壇し、祝辞を述べた。


 第3期叡王戦は、全棋士、女流棋士1名、アマチュア1名が段位別で予選を実施し、本戦トーナメント決勝進出2名で七番勝負を行い、4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得できるドワンゴ主催の将棋タイトル戦。34年ぶりのタイトル戦昇格となった叡王戦で、高見泰地叡王はその初めてのタイトルホルダーを決定する第3期で数々の強豪棋士を破り、自身初のタイトル挑戦、そして決勝七番勝負で四連勝し、自身初のタイトルとなる叡王を獲得した。

 高見叡王は原作者である瀬川晶司五段らと共に、本作では劇中の将棋監修や棋士を演じるキャストらへの指導を担当。その縁もあり、式では松田演じる主人公・しょったんと共にプロ棋士を目指す奨励会員の一人、新藤役を演じた永山絢斗がサプライズで登壇した。

 200名以上の将棋ファンや関係者らが集う会場から盛大な拍手で迎えられると、永山は「なんだか映画の舞台挨拶よりも緊張していますが(笑)、初代叡王の高見さん、おめでとうございます! 本当に感動しました」と、緊張した面持ちで挨拶。撮影現場での高見叡王の印象を「なんとも不思議な方で。可愛らしい印象でした」と語る永山は、映画の撮影後も瀬川五段を始め、棋士たちと食事へ行くなど、交流を深めていたという。「食事をさせていただいた時にも、『タイトルを獲ってやる!』とおっしゃっていたので、本当に感動しましたし、嬉しかったです」としみじみ語った。

 さらに永山は「今まで遊びで将棋をすることはあったのですが、今回いろいろと教えていただいたお陰で、本当に将棋の虜になってしまいました。毎日携帯のアプリで将棋をしていますし、将棋の駒を椿油で磨いてます」と“将棋愛”を明かし、会場が笑いに包まれる場面も。そして「今日は高見さんの晴れ姿を生で見ることができて、とても嬉しいです。この場にいられて光栄です。高見さん、本当におめでとうございます!」と改めて祝いの言葉を述べ、締めくくった。


shottan

 最後には永山から高見叡王へ花束贈呈が行われ、熱い握手を交わす一幕も。終始和やかなムードが漂う中、永山は会場を後にした。

 また式中では、主演を務めた松田龍平からの祝辞の紹介も。「叡王のタイトルおめでとうございます。映画の撮影ではお世話になりました。高見さんが高見に登ってしまったと恐縮してしまいますが。これからも更なる高見を目指してください。応援しています」という松田からの祝いの言葉が紹介されると、会場は大きな拍手に包みこまれた。



(オフィシャル素材提供)




関連記事
ヒット祈願&会見イベント

Page Top