インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『マイ・ブロークン・マリコ』

『マイ・ブロークン・マリコ』
公開直前イベント

2022-09-20 更新

永野芽郁、奈緒、タナダユキ監督

マイ・ブロークン・マリコmariko ©2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会
配給:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA
9月30日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー

 「親友の遺骨と旅に出る」という心に刺さるドラマを備えた、漫画家・平庫ワカによる衝撃的コミックを映画化した『マイ・ブロークン・マリコ』(9月30日公開)。9月19日(月・祝)には都内で公開直前イベントが行われ、主演の永野芽郁、共演の奈緒、そしてタナダユキ監督が出席した。


 原作者の平庫ワカ先生が描き下ろした、永野と奈緒のイラストがあしらわれた本作オリジナルTシャツをお揃いで着用して登壇した3人。公開を間近に控えて、永野は「みんなで頑張って作った作品なので、もう少しで観てもらえると思うと嬉しいです」と封切りに期待を込めた。


mariko

 主人公のシイノがマリコの遺骨を父親から奪うシーンに触れて永野は「原作でも最初に心を鷲掴みにされたシーンなので、すべてがそこに詰まっているような気がして撮影中も緊張しました。それに大きな声を出すのも苦手で、魂の叫びを体現するのも初めてでした。演じた後は体温が上がって、ずっと“熱かった”。11月にも関わらず氷嚢を用意してもらってずっと体に当てていたくらいです」と熱演を報告。モニターで当該シーンを見ていたという奈緒も「芽郁ちゃんから出てくるパワーがストレートに自分の中に入ってきた」と絶賛していた。


mariko

 その遺骨についてタナダ監督は「遺骨という、その人が残ったような想いを大事にするのは日本特有なのかなと思った。撮影中も遺骨が可愛く思えてきて、『いこっちゃん』というあだ名をつけて大切にしていました」と愛着を口にしていた。


mariko

 また撮影中のお互いの様子について永野は「奈緒ちゃんのそばにずっといました。お互いを感じ合う時間を大切にした気がする」と振り返ると、奈緒も「芽郁ちゃんだからこそ、そばにいてほしいと思った。私が『そばにいてほしい』と言うとずっとそばにいてくれて、手を触ったり、寄り添ったときの肩の温かさを感じるだけで救われた気がしました」と演じたシノイ(永野)とマリコ(奈緒)のように支え合っていた様子。

 作品を鑑賞した観客とのQ&Aでは「ストレス発散方法」に関する質問が。これに永野は「この撮影期間中は、私もシイノのように煙草を吸うのがストレス発散でした」と返答。撮影で使用された煙草はニコチンの代わりにのどの治療薬が入った小道具だが「煙草を吸ってすっきりする人の気持ちに近づこうと思って撮影期間中は定期的にずっと吸うと決めていて、それが日常のようになってストレス発散になった」と解説し、「でも今はストレスがない。美味しいものを食べて美味しいお酒を飲んで友達としゃべれていれば、翌朝も『わーい!』と起きられる」と幸せそうな笑顔で打ち明けた。

 またプライベートでも仲のいい永野と奈緒は「お互いの好きなところ」を聞かれると、奈緒は「全部好き!」とメロメロで、永野も嬉しそうに「奈緒ちゃんは私のことホントに好きだからなあ!」と相思相愛だった。

 そんな中、9月24日に23歳の誕生日を迎える永野に奈緒が手紙を用意。まさかのサプライズに「奈緒ちゃん、そういうのはダメだって! 前回も泣いて今日も泣くなんて……」と完成報告試写会での号泣展開を思い出して警戒。奈緒は「大丈夫。想いはこもっているけれど泣かない文だから」と言うも、「出会ってから5年、あの頃からずっと素敵な才能を持ちながら努力も欠かさずに物事にひたむきに向き合う姿を心から尊敬しています。マリコを演じるにあたりもっと辛い日々になるだろうと思っていたけれど、辛さよりも幸せな気持ちに満たされたのは、隣にいつも芽郁ちゃんがいてくれたから。撮影中の私の希望は芽郁ちゃんでした」などと読み上げると永野は予想通りに号泣。それにつられて奈緒も手紙を読みながら涙を流すW号泣の展開となった。


mariko

mariko

 涙をぬぐいながら永野は「えー! どこが泣かない文なのよ! ちょっとー!」と怒りながらも、奈緒の愛がこもった手紙に大感動。さらにタナダ監督からは作品カラー、そして作中の大切なシーンで登場するすすきが入った花束を贈呈されて「なんてことですか、ほんとに……。何かを語ろうとするとすぐに涙が出てきそうなのであまり語れませんが、愛に溢れたチームとご一緒できてすごく幸せです」と感謝。自身の誕生日については「すっかり忘れていました! そうだ、23歳になりますので……すっかり大人!」と声を弾ませていた。


mariko

 最後に主演の永野は「一人ひとり素晴らしい愛を持ったチームが集まり、みんなでこの作品を作れたのは意味があると思います。映画館で観てほしい映画であり、映画館で観ることでこの作品の生命力が伝わると思います。誰かの救いになる作品が完成しました!」と劇場公開にむけて意気込みを新たにしていた。



(オフィシャル素材提供)



関連記事
舞台挨拶付き完成報告試写会

Page Top