インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

トップページ > 作品紹介 マイ・ブロークン・マリコ

2022-08-24 更新

マイ・ブロークン・マリコmariko
©2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

イントロダクション

 平庫ワカのコミック『マイ・ブロークン・マリコ』が、主演に永野芽郁を迎え、タナダユキ監督のメガホンで映画化された(配給︓ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA)。

 原作の『マイ・ブロークン・マリコ』は、2019年に無料WEBコミック誌「COMIC BRIDGE」で連載(全4回)されるやいなや毎話SNSでトレンド入りし、翌年出版された単行本(全1巻)では即重版が決定するなど、爆発的な反響を呼んだ。また、「輝け!ブロスコミックアワード2020」大賞を受賞、「この漫画がすごい!2021年オンナ編」第4位にランクインしたほか、2021年に文化庁が主催するメディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞するなど、ほぼ無名に近い新人作家の初連載作にも関わらず、異例の快挙を成し遂げ話題となった。

 映画では、タナダ監督の力強さと繊細さを兼ね備えた演出、永野芽郁のこれまでのイメージを大胆に覆す役柄と演技、そして原作の持つ物語の力がひとつになり、人間の儚さと逞しさが、優しく熱をもって描かれる。


mariko

ストーリー

 鬱屈した日々を送るOL・シイノトモヨは、テレビのニュースで親友・イカガワマリコが亡くなったことを知る。学生時代から父親に虐待を受けていたマリコのために何かできることはないか考えたシイノは、マリコの魂を救うために、その遺骨を奪うことを決心する。

 「刺し違えたってマリコの遺骨はあたしが連れてく!」。マリコの実家から遺骨を強奪、逃走したシイノは、マリコの遺骨を抱いて“ふたり”で旅に出ることに。マリコとの思い出を胸にシイノが向かった先は……。・


mariko

mariko

mariko

mariko

(2022年、日本、上映時間:85分)

キャスト&スタッフ

原作:平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』(BRIDGE COMICS/KADOKAWA刊)
監督:タナダユキ
脚本:向井康介、タナダユキ
撮影︓高木風太
音楽:加藤久貴
エンディングテーマ︓「生きのばし」Theピーズ(P)2003King Record Co.,Ltd.
出演:永野芽郁、奈緒、窪田正孝、尾美としのり、吉田 羊ほか

配給
ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA
9月30日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー

■ 公式サイトhttps://happinet-phantom.com/mariko (外部サイト)



関連記事
舞台挨拶付き完成報告試写会
公開直前イベント

Page Top