インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『アイ・アム まきもと』

『アイ・アム まきもと』
サプライズ登壇試写会イベント

2022-09-21 更新

阿部サダヲ、さとうようへい(遺品整理ティックトッカー)

アイ・アム まきもとiammakimoto ©2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
9月30日(金) 全国の映画館で公開

 阿部サダヲ演じる、小さな市役所の「おみおくり係」を務める<ちょっと迷惑な男>牧本 壮。空気が読めない、人の話を聞かない、なかなか心を開かない。そんな牧本が孤独に亡くなった人を独自のルールに従いおみおくりしていく中、様々な人々と出会い、少し煙たがられながらも彼らの心に変化をもたらしていく。牧本の“迷惑”がいつしか“無垢な気持ち”として、周囲と自らに影響を与えていくヒューマンストーリー『アイ・アム まきもと』。9月20日(火)、本作の公開10日前を記念し、“サプライズ登壇試写会イベント”が実施された。当日は、事前にキャストの誰が登壇するのか知らされていない観客の目の前に、全く空気が読めない、周りからするとちょっと頑固で迷惑な男・牧本 壮役を演じた主演の阿部サダヲが“空気を読まずにサプライズ登壇”! そして、この秋一番の心温まる感動作として期待が高まっている今、映画の感想を交えながら本作の魅力などを熱く語った。さらに、サプライズで遺品整理ティックトッカーのさとうようへいが大阪から駆け付け、独自の視点から本作の魅力を深く語った。


 公開直前の9月20日(火)に、全国のTOHOシネマズ60劇場で1万人が同時鑑賞する全国TOHOシネマズ特別試写会を実施。その会場の一つである劇場に主演の阿部サダヲがサプライズで登壇した。

 ラッキーな観客を前に、「最近あまり観客の方と直接お会いする機会がないので、緊張します(笑)」と照れつつも、「ご覧になった方々から感想をまだ聞けてないので、今日ご鑑賞される方はぜひ褒めてください(笑)。牧本は“迷惑かける人”って言われていますが、果たしてそうなのか……どう思われたのか呟いていただきたいです!」とアピール。そして、自身の演じたキャラクター・牧本について、「こんな真っ直ぐなキャラクターを演じるのは初めて。迷惑なキャラクターのようでとても温かい人」と称し、「人に興味を持っているところは僕自身も共感できて、僕も牧本も人が好きなんだと思います。珍しくまた演じたいと思いましたし、一生演じられるくらい、シリーズ化したいくらい好きなキャラクターです」と熱く語った。また、一足先に阿部の家族は鑑賞したそうで、「子供が初めてうるっときたと言ってくれて、この話についてたくさん会話しました」と笑顔をみせ、「ただ、牧本の真似したら“牧本さんはそんなんじゃない”って言われてしまいました」と厳しいツッコミを受けたことも明らかに。


iammakimoto.jp

 また、阿部自身の“マイルール”に変化をもたらすような出会いについて尋ねられると、「僕はすぐ変化するタイプなので、どんどん変わって良いと思っています。話し方も昔はこんなしゃべり方ではなかったし、いろいろな方との出会いを経て変わっていく。僕にとって“ルールを決めないこと”がルールかもしれません」と明かした。そして、影響を受けた人物として、本作にも出演している松尾スズキについて触れ、「芝居を始めるきっかけになったのは松尾さん。本当に面白い方で、本編のタバコのシーンで、うまく吸えてないんです(笑)。そういうところも良いなと思います」と魅力を語った。

 そして、さらにサプライズゲストとして、牧本は身寄りのない方を埋葬するおみおくり係という役柄にちなみ、実際に遺品整理のお仕事をされているさとうようへいが大阪から駆け付けた。大雨の中駆け付けてくれたさとうに、「そんな危険を犯してまで……」と心配をみせる阿部。「雨風に打たれましたが、今日この場に立てて皆さんにお会いできたことは良い思い出です」と喜んだ。

 まず挨拶とともに、「号泣しました。実は刑事を10年間やった後、遺品整理の仕事についたのですが、神代刑事の立場も、牧本の気持ちも分かるので、その両方の目線で拝見して感動しました」と本作の感想を語った。自身の活動に関して、「なるべくセンシティブにならないように、リアルなものを伝えられるように活動しています。その人の生きざまを知ることができて、部屋毎にその人の人生が分かってしまう。ペットを大事にしていたことや、音楽の趣味だったり、すごく家族を想っていたんだなとか……」と明かすと、阿部は「牧本はまだまだ演じれるエピソードがたくさんありますね」と感慨深げにコメント。改めて本作の見どころを尋ねられたさとうは、「さまざまな現場に立ち会ってきましたが、この物語の亡くなられた方に自分自身を投影することができました。もしかすると、この映画の主人公は阿部さんじゃなく、亡くなった方が主人公なんじゃないかなと。そんな視点で観ていただけると、より物語を深く楽しんでいただけるのかもしれません」と自身の想いを込めた。


iammakimoto.jp

 最後、阿部は「さとうさんのおっしゃる通り、主役は僕ではないんだと思います。この作品に登場する人物に、どこかご自分が重なってくる部分があるはず。将来を考える良い機会になりますし、観た後は心が温まる作品。素敵な時間を味わっていただきたいと思います」とイベントを締めくくった。

 9月20日(火)より【まきもと感想投稿キャンペーン】がスタート。Twitterにて公式アカウント(@iammakimoto_JP)をフォローし、【#アイラブまきもと】をつけて本作の感想を投稿した方に、抽選で『アイ・アム まきもと』の激レアアイテム含むオリジナルグッズがプレゼントされる。詳細はこちら:https://www.iammakimoto.jp/campaign/?qr=preview(外部サイト)



(オフィシャル素材提供)



関連記事
阿部サダヲ演じる“チョット迷惑なまきもと”をとりまく豪華キャスト一挙発表!

Page Top