インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 第76回ヴェネチア国際映画祭

オダギリジョー
監督作および出演作2作品で
ヴェネチア国際映画祭へ

2019-07-28 更新

venezia76
© YINGFILMS

 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となる。第76回ヴェネチア国際映画祭にて監督作『ある船頭の話』が<ヴェニス・デイズ>部門、出演作『サタデー・フィクション』が<コンペティション>部門と、監督作および出演作2作品の正式出品が決定した!


 8月28日に開幕する第76回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門が発表となり、オダギリジョー出演の『サタデー・フィクション』(2020年日本公開予定)が選出、正式出品作品として上映が決定した。ヴェネチア国際映画祭はカンヌ国際映画祭・ベルリン国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭のひとつに数えられる、世界最古の歴史を持つ映画祭。革新性や探求心、オリジナリティー、インディペンデント精神などに優れたハイ・クオリテイーな作品を紹介することを目的とした<ヴェニス・デイズ>部門においては監督作『ある船頭の話』での出品が先日発表され、今回は最高賞「金獅子賞」を争う<コンペティション>部門で出演作『サタデー・フィクション』の出品が発表となった。

 オダギリにとってヴェネチア国際映画祭は、『蟲師』『叫』(ともに06年)、『サッド ヴァケイション』(07年)、『プラスティック・シティ』(08年)と出演作が3年連続で出品された縁のある映画祭だが、『ある船頭の話』はオダギリにとっての長編「初」監督作品、その映画がヴェニス・デイズ部門に邦画長編として史上「初」選出、さらに俳優として参加した出演作が同じ映画祭に同時出品されることは、歴史ある映画祭においても類い稀な快挙となった。まさに今年のヴェネチアはオダギリ色に染められそうだ。

 オダギリジョーは両作品の上映に合わせて現地入りをする予定。受賞結果は、ヴェニス・デイズは9月6日、コンペティションは翌7日(現地時間)に発表される。

 この度の正式出品を受け、オダギリジョーの喜びのコメントは以下の通り。


 オダギリ ジョー

 今年のヴェネチア国際映画祭は、アジア映画にとっては向かい風の強い年になったにもかかわらず、その中に、監督作、出演作がともに入るなんて、信じられません。
 これも全て、厄年を越えたからだと思います。
 これからは『ヴェネチアを愛し、ヴェネチアに愛された男、オダギリ』と名乗っていこうと思います。

tetsuo
© 2019「ある船頭の話」製作委員会


【オダギリ ジョー ヴェネチア国際映画祭 参加歴(予定含む)】

 2006年:『蟲師』(大友克洋監督)コンペティション部門 ※本人ヴェネチア参加
      『叫』(黒沢 清監督)アウト・オブ・コンペティション部門

 2007年:『サッド ヴァケイション』(青山真治監督)オリゾンティ部門 ※本人ヴェネチア参加
 2008年:『プラスティック・シティ』(ユー・リクウァイ監督)コンペティション部門
 2019年:『ある船頭の話』ヴェニス・デイズ部門出品(コンペティション) ※本人ヴェネチア参加予定
     『サタデー・フィクション』(ロウ・イエ監督)コンペティション部門


(オフィシャル素材提供)



関連記事
是枝裕和監督最新作『真実』第76回ヴェネチア国際映画祭オープニング作品に決定!
『ある船頭の話』第76回ヴェネチア国際映画祭<ヴェニス・デイズ>部門正式出品が決定!
『楽園』第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント「ジャパン・フォーカス」にて上映決定!
『カツベン!』第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント「ジャパン・フォーカス」正式出品決定!
第76回ヴェネチア国際映画祭 塚本晋也監督 コンペティション部門審査員に決定!
コンペティション部門

Page Top