インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『異動辞令は音楽隊!』

『異動辞令は音楽隊!』完成披露試写会

2022-07-29 更新

阿部 寛、清野菜名、磯村勇斗、高杉真宙、見上 愛、内田英治監督

異動辞令は音楽隊!ongakutai ©2022『異動辞令は音楽隊!』製作委員会
配給:ギャガ
8月26日(金) 全国ロードショー

 映画『異動辞令は音楽隊!』の完成披露試写会が都内で行われ、主演の阿部 寛と、共演の清野菜名、磯村勇斗、高杉真宙、見上 愛、メガホンを取った内田英治監督が出席してクロストークを繰り広げた。


ongakutai

 本作は、第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞ほか数々の賞に輝いた『ミッドナイトスワン』を手掛けた内田監督が、YouTubeで偶然目にした警察音楽隊のフラッシュモブ演奏の映像から着想を得たオリジナル脚本で描くヒューマン・ドラマ。昔気質の刑事・成瀬 司(阿部)が、行きすぎた捜査の結果、広報課の音楽隊へ異動を命じられるさまが描かれる。楽器の演奏シーンもすべて吹替なしで撮影されている。Official髭男dismによる書き下ろし曲「Choral A」(コラール・エー)が主題歌に起用されている。

 成瀬役を務めた阿部はオファー時に、ドラムをたたく必要があることを知り、「断ろうかと思った」と素直な心境を吐露。しかし、「『ミッドナイトスワン』の内田監督が次に何を撮るんだろう?と思っていたので、挑戦したいなと思いました」とオファーを受ける決意をしたことを明かした。

 ドラム経験のなかった阿部は、「(全くの素人で)何をどうたたいていいか分からなかったんです(苦笑)。出る音が大きいので、家ではたたけないと思い、ゴムパッドを買ってきてまるで木魚をたたくようにずっと練習してました」と大変だったというドラム練習を振り返った3ヵ月かけたという阿部の自分自身への挑戦は大成功。


ongakutai

 交通課でトランペット奏者・来島春子役を務めた清野もトランペットには初挑戦。「何度も何ヵ月も練習してみんなで輪になって練習を積み重ねていきました。クライマックスはホントに素晴らしいシーンとなりました」と笑顔で手ごたえを口にする。


ongakutai

 自動車警ら隊所属でサックス奏者・北村裕司役を務めた高杉もサックス初挑戦。「監督から“けずって、けずって”と三枚目的な役柄を要求され、『三枚目、似合うね』と3回くらい言われました(笑)」と話す。そんな高杉に内田監督は「カッコイイ役者さんを見るとついつい汚したくなる……」と言い訳して、にっこり。


ongakutai

ongakutai

 成瀬の部下で真面目な若手刑事・坂本祥太役を務めた磯村は、「阿部さんに優しく接していただいて、楽しい現場でした」とコメント。また、磯村は役柄的に演奏への参加はなかったが、「刑事をやっている自分が申し訳なくなってしまって(笑)。役としても、本人としても感動しました」と音楽隊メンバーの奮闘に恐縮しきりだった。


ongakutai

 阿部のドラムをたたく姿に共演者たちは口をそろえて「かっこよかったです! 本当に素晴らしかったです!」と賛辞の言葉を送った。特に高杉は「阿部さんのドラムをたたいている姿を生で見られて、この撮影に参加できて良かったなって」と大絶賛だった。そんな共演者からの賛辞に阿部は「もう何も言えません!」と笑顔。

 成瀬の一人娘・法子役を務めた見上は、阿部のドラムとギターでセッションするシーンを振り返り、「阿部さんはアイコンタクトを取りながらリズムをキープされていて、心が動きました。素晴らしかったです!」とコメントした。阿部は「あの場面はすごく良かった。カメラワークもすべてがばっちり決まったシーンだったので嬉しかったです」と大きな笑顔を見せた。


ongakutai

 現場でのエピソードを聞かれた磯村が、阿部との共演を振り返り、「刺激的で楽しかったです」と報告。阿部がカブトムシを見つけて、ポケットに入れていたという噂をスタッフから聞いたという磯村が「本当ですか?」と質問すると、阿部は「小さなクワガタだったんだけど、肩に飛んできたので、入れておこうと……(笑)。それを見ていた照明さんがカブトムシを3匹くれました」と話し、少年のような笑顔を見せた。


ongakutai

 内田監督は「楽器を必死に練習する皆さんの姿を見て、申し訳ないお願いごとをしてしまったなと思いました」と話し、無茶ぶりしたものの、3人は猛練習し、楽器ができるようになっていたのでびっくりしたことを明かしていた。

 最後に内田監督は「映画を観た方にタイトルの雰囲気と映画の中身が意外と違うねと言われていますが、いろいろなことを感じていただけたら……」とアピール。

 阿部は客席を見渡しながら、「この映画をご覧になるといろいろ感じていただけると思います。楽しんでください」と呼びかけた。

 なお、本作は先日開催されたニューヨーク・アジアン映画祭でワールドプレミア上映され監督と阿部が渡米、阿部が日本人として初めてスターアジア賞を受賞したこともあらためて報告された。


ongakutai


(取材・文・写真:福住佐知子)



関連記事
清野菜名演じるトランぺッターを写した新場面写真解禁!
阿部 寛が関西・名古屋の“警察音楽隊”を訪問!
ニューヨーク・アジアン映画祭ワールドプレミア上映&阿部 寛【スター・アジア賞】受賞!

Page Top