インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 『川っぺリムコリッタ』

『川っぺリムコリッタ』第26回釜山国際映画祭キム・ジソク賞にノミネート!

2021-09-07 更新

川っぺリムコリッタgkawa
©2021「川っぺりムコリッタ」製作委員会

 荻上直子監督によるオリジナル脚本作品『川っぺリムコリッタ』が10月6日~10月15日(現地時間)の日程で開催が予定されている第26回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門に選出され、キム・ジソク賞のノミネート作品としてワールドプレミア上映されることが決定した。

 韓国・釜山国際映画祭は、1996年より続くアジア最大の映画祭。これまでも多くの日本映画が出品されており、昨年も、『朝が来る』(河瀨直美監督)、『スパイの妻』(黒沢清監督)、『生きちゃった』(石井裕也監督)、『空に住む』(青山真治監督)、『おらおらでひとりいぐも』(沖田修一監督)、『ジョゼと虎と魚たち』(タムラコータロー監督)などが上映された。

 今回本作が正式出品された「アジア映画の窓」部門は、さまざまな視点とスタイルを持つ、アジアが誇る才能豊かな映画監督たちの優れた作品を紹介する部門。キム・ジソク賞は本部門から7本がノミネーションとして選出され、現代の世相を反映する最も魅力的な2作品に与えられる。『川っぺりムコリッタ』はキム・ジソク賞にノミネートされた唯一の日本映画で、同部門には尚玄主演のフィリピン・日本合作映画『GENSAN PUNCH - 義足のボクサー(仮)』もエントリーしている。

 審査員長はイラン人監督のレザ・ミルキャリミ氏で、他の2名の審査員として、カザフスタンの映画評論家でトゥラン大学教授のグルナラ・アビケエバ氏と、韓国の映画評論家で雑誌「CINE21」の編集委員であるキム・ヘーリー氏が任命された。受賞者2名は、10月15日(金)に開催される第26回釜山国際映画祭のクロージングセレモニーで発表される。


ほかノミネート作品(カッコ内は製作国):

 「24」監督:ロイストン・タン(シンガポール・タイ)/「The Bargain」監督:Wang Qi(中国)/「GENSAN PUNCH - 義足のボクサー(仮)」監督:ブリランテ・メンドーサ(フィリピン・日本)/「No Land's Man」監督:モストファ・サルワル・ファルーキ(アメリカ・インド・オーストラリア・バングラディシュ)/「The Rapist」監督:アパルナ・セーン(インド)/「Sughra's Sons」監督: イルガル・ナジャフ(アゼルバイジャン・フランス・ドイツ)



(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top