インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

トップページ > 作品紹介 『ドライブ・マイ・カー』

2021-07-12 更新


ドライブ・マイ・カーdmc
©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

イントロダクション

 世界中に熱狂的ファンを持つ作家・村上春樹が、2013年に発表した短編小説「ドライブ・マイ・カー」。舞台俳優の主人公・家福(かふく)を苛み続ける、亡き妻との記憶――。計り知れない喪失と仄かな希望を綴った珠玉の名作の映画化が、正式決定しました。

 メガホンをとるのは日本映画界・若手実力派No.1の呼び声高い濱口竜介。商業映画デビュー作にしてカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された監督作『寝ても覚めても』。さらにはヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞に輝いた黒沢 清監督『スパイの妻<劇場版>』では脚本も担当するなど、国際的にも高い評価を得る気鋭・濱口監督待望の最新長編作。

 主演は、実力派俳優・西島秀俊。映画『シン・ウルトラマン』、『劇場版 きのう何食べた?』、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」など今後も話題作へ立て続けに出演。これまで数多くの作品で難役を演じてきた西島が、愛する妻を失った舞台俳優の家福役に挑む。

 ヒロインみさき役には、三浦透子。映画『ロマンスドール』、『おらおらでひとりいぐも』など、印象に残る高い演技力で観客を魅了。さらに『天気の子』では主題歌にボーカリストとして参加するなど、多彩な才能で注目を集める。本作では、主人公の愛車を運転する、寡黙でありながら芯のあるドライバーみさきを演じる。

 さらに物語を大きく動かすキーパーソンの俳優・高槻役にはNHK連続テレビ小説「なつぞら」での存在感のある演技も記憶に新しく、映画『さんかく窓の外側は夜』も公開中の岡田将生。秘密を抱えたままこの世を去る家福の妻・音役を『運命じゃない人』、『ノルウェイの森』の霧島れいかが演じる。


dmc

ストーリー

 俳優であり演出家の家福は、愛する妻と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。

 2年後、演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。行き場のない喪失を抱えて生きる家福は、みさきと過ごすなかであることに気づかされていく――。


dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

dmc

(2021年、日本、上映時間:179分、PG-12)

キャスト&スタッフ

原作:村上春樹「ドライブ・マイ・カー」(短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)
監督:濱口竜介
撮影:前田智広、川路哲也、下元 哲
脚本:濱口竜介、大江崇允
音楽:石橋英子
出演:西島秀俊、三浦透子、霧島れいか、パク・ユリム、ジン・デヨン、ソニア・ユアン、ペリー・ディゾン、アン・フィテ、安部聡子、岡田将生ほか

配給
ビターズ・エンド
8月20日(金)より、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー

■ オフィシャル・サイトdmc.bitters.co.jp (外部サイト)



関連記事
原作:村上春樹×監督:濱口竜介『ドライブ・マイ・カー』製作決定!
第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門 レッドカーペット&公式上映
第74回カンヌ国際映画祭 脚本賞 受賞!
第74回カンヌ国際映画祭 受賞後記者会見
プレミア上映イベント
大ヒット記念トークイベント

Page Top