インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『すばらしき世界』

『すばらしき世界』
特報解禁&第45回トロント国際映画祭上映

2020-09-14 更新

役所広司、西川美和監督

すばらしき世界subarashikisekai 配給:ワーナー・ブラザース映画
2021年2月11日(木・祝) 全国公開
© 佐木隆三 /2021 「すばらしき世界」製作委員会

 西川美和監督最新作『すばらしき世界』が、米アカデミー賞前哨戦となる「第45回トロント国際映画祭」正式出品作品に選出され、現地時間の9月10日、ワールドプレミアが行われて、主演の役所広司、西川美和監督が日本からリモートで参加した。


 新型コロナウイルス感染拡大影響により世界中の映画祭が規模縮小を余儀なくされ、トロント国際映画祭に於いては例年の1/4程度に絞られる中での非常に狭き門を見事突破し、正式出品作品として選出された本作。上映作品は、コロナ禍の試みとして、ソーシャルディスタンスを守った劇場、ドライブインシアター、野外やインターネット上で披露され、レッドカーペットや記者会見はバーチャルで行われている。現地時間の9月10日、ワールドプレミアが行われ、主演の役所広司、西川美和監督が日本からリモート参加。

 プログラミングディレクターのジョバンナ・フルピ氏は、本作を「脚本が非常によく練られストーリーが感動的。見事に質感がありリアルに感じられる。(主人公・三上を演じた)役所は、役の解釈がとても素晴らしくニュアンスと個性が豊かでカリスマ性を感じる」と絶賛。


今までの西川監督の長編作品はオリジナルストーリーで、文学賞も受賞してこられました。『すばらしき世界』は別の方が書いた小説を原案とした初めての作品となります。社会になじもうとする元ヤクザを描いたこのストーリーのどんなところに惹きつけられましたか? また、佐木さんの原作「身分帳」にはどのくらい忠実に翻案されましたでしょうか。

西川美和監督: 前作『永い言い訳』の撮影中に佐木隆三さんが亡くなられたと新聞を見て知りました。その記事の中で、佐木さんをよく知る作家の方が、佐木さんの真骨頂は非常に有名な「復讐するは我にあり」よりも「身分帳」ではないか、と書かれていたんです。それがきっかけでこの原作を手に取りました。そこで描かれていたのは、犯罪者が刑務所を出た後になんでもない日常を取り戻すために、こつこつと生きる地味な話だった(笑)。これは、自分で探しても見つけられるテーマではないと思い、映画化してみたいと強く思いました。たくさんのエピソードが詰め込まれている小説を2時間の映画にどう集約するかということが、オリジナルで映画を作ってきた私にとっては、とても手こずった部分でしたが、2、3年かけて取捨選択して書き上げました。


役所広司さんの演技は息をのむほどで、この役にぴったりでしたが、三上役にはどのようにキャスティングされたのでしょうか。脚本の段階ですでに役所さんが頭にありましたか?

西川美和監督: 17歳の時に、役所さんが連続殺人鬼の役をやられたテレビドラマを観ていたくショックを受け、それがきっかけでものを書く仕事につきたいと思うようになりました。映画監督をやることになり、いつか役所さんを主役に映画を撮れないかと考えてきました。本作の三上という男は非常に面白い役なので、憧れの役所さんに一念発起してオファーをしたところ、「前向きに考えます」とお返事をいただき、それが自信となって脚本を書き進めることができました。


役所さん、三上の役の解釈がとても素晴らしかったです。ニュアンスと個性が豊かで、感動的かつカリスマ的でした。この役にはどのような準備をされましたか?

役所広司: 原案である小説「身分帳」と西川監督が書いた脚本を比べて読みながら、小説はもちろんト書きが多いのでその部分は脚本と照らし合わせて、三上という男を探し求めていました。しかしこの男がなかなか掴めなかった。撮影が始まってから、ワンシーン撮ったものがまた次のシーンのヒントになり、少しずつ三上という男に近づいていく感じがありました。あとは、ミシンの練習を一生懸命やりました(笑)。また監督と一緒に旭川刑務所を見学できたことは非常によい経験になりました。


 トロント国際映画祭でいち早く本作を鑑賞したメディアからは下記称賛の声が多数挙がっている。

 「師である是枝裕和を継ぎ、『すばらしき世界』で西川美和が脚光を浴びる時が来た。」― Variety

 「誰もが語らずにはいられなくなる。まさに“今”が描かれた物語!」― Loud and Clear

 「人生のあまりに美しき瞬間、人間をも捉えた作品。ダークなユーモアもある心を打つこの素晴らしい作品は、長い間観客の心に残り、賞レースにも名を連ねる作品となるだろう。」― intro:screens

 「役所広司の演技が最高である。その演技は、『ライフ・イズ・ビューティフル』のロベルト・ベニーニを彷彿とさせる。とりわけその表情をいかにコントロールするのかという部分にこそ、彼の真骨頂を垣間見ることができる。」― letterboxd


 過去作『ゆれる』(06)で第59回カンヌ国際映画祭〈監督週間〉に出品、当時韓国で公開された折には、アートシネマの中で突出した記録となる6スクリーン15日間で30万人動員というスマッシュヒットを記録。『ディア・ドクター』(09)は日本アカデミー賞10部門他国内で数々の賞を受賞。『夢売るふたり』(12)でトロント国際映画祭<スペシャル・プレゼンテーション部門>正式出品、『永い言い訳』(16)はアジア各国に加えフランス、ポルトガルでも公開しトロント国際映画祭<スペシャル・プレゼンテーション部門>正式出品。同映画祭への出品は、本作で3作品連続の快挙となった。

 あわせて特報が解禁。

 冒頭、テレビマン津乃田(仲野太賀)とTVプロデューサー吉澤(長澤まさみ)の、「相手にしない方がいいんじゃないですか? 放送に耐えられる対象じゃないっすよ」、「そこが面白いんじゃん」という会話で始まる。津乃田が持つカメラが向けられるその先にいるのは、優しくて真っ直ぐすぎる性格の男・三上(役所広司)。しかし、実はこの男、人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯だった――。

 社会のレールから外れた男と、それをネタに食い物にしようとするTVマン。「この世界は地獄か、あるいは――」怒りを目に浮かべたこの男の結末は? 片時も目を離せない特報が、遂に完成した。



(オフィシャル素材提供)



関連記事
第45回トロント国際映画祭式出品&初日決定!

Page Top