インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





作品紹介

トップページ > 作品紹介 夏への扉

2020-06-29 更新


夏への扉natsu-tobira
© 2021「夏への扉」製作委員会

イントロダクション

 1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)。伝説的なSF小説の初実写映画化が決定。2021年公開(配給:東宝=アニプレックス)となる。原作「夏への扉」についてプロデューサーの小川真司は、「タイムトラベルものは映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』も含めて数々あれど、時間旅行ものというジャンルを確立させた本作は後の作品に大きな影響を与えた古典中の古典と言える」と語る。

 本作では、舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として蘇る。

 主演を務めるのは、興行収入57億3000万円、2019年に公開された邦画で実写作品1位を記録した『キングダム』の大ヒットで、今最も新たな出演作が期待される俳優、山﨑賢人(やまざきけんと)。山﨑が新たに挑戦するのは、孤独な科学者・高倉宗一郎(たかくらそういちろう)。騙され奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しにいく。

 メガホンをとるのは、『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などで知られる名匠・三木孝浩。映画長編デビュー作『ソラニン』から10年目の今年、世界中にファンを抱える伝説のSF小説に挑む。


ストーリー

 1995年東京――。ロボット開発をする科学者の高倉宗一郎は、尊敬する偉大な科学者であった亡き父の親友松下の遺志を継いだプラズマ蓄電池の完成を目前に控えていた。

 愛猫のピートと、松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていたが、信頼していた共同経営者と婚約者の裏切りにあい、自身の会社も発明途中のロボットや蓄電池も奪われてしまう。さらに宗一郎は人体を冷凍し未来に行ける装置・コールドスリープに入れられ、目が覚めた時そこは、2025年の東京だった……。

 ピートや璃子の死を知り、すべてを失ったと知る宗一郎は、変えられた運命を取り戻すため、30年の時を超えてリベンジを誓う。


(2021年、日本)

キャスト&スタッフ

原作:ロバート・A・ハインライン/福島正実訳『夏への扉』(ハヤカワ文庫)
監督:三木孝浩
脚本:菅野友恵
出演:山﨑賢人ほか

配給
東宝=アニプレックス
2021年 全国ロードショー

関連記事
伝説のタイムトラベル小説「夏への扉」映画化決定!

Page Top