インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』
札幌舞台挨拶

2020-02-08 更新

大泉 洋、小池栄子、成島 出監督

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~good-bye-movie 配給:キノフィルムズ
2020年2月14日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
© 2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ

 太宰治の未完の遺作が、喜劇として生まれ変わった、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の公開に先駆け、札幌シネマフロンティアにて舞台挨拶付き先行上映会が実施され、大泉 洋、小池栄子、成島 出監督が登壇した。


 暖冬の今年だが、この日に限って寒波が北海道を襲い、東京からの飛行機が無事新千歳空港に着陸するのか危ぶまれた舞台挨拶付き先行上映会当日。三人を迎えたのは、会場を埋めた満員の観客の温かい拍手。

 大泉が「久しぶりに札幌に来たら、寒波」と会場の笑いを誘ってスタートした。続いて小池が「大泉さんの地元に来られて嬉しいです。自信作です」と胸を張ると、成島監督も「大泉さんの地元・札幌に来るのを楽しみにしていたので、今日はとても嬉しいです」と感慨深けに挨拶。「僕の主演映画が公開されると、必ずキャンペーンで札幌に来るんです。それってつまりそれだけ北海道の人が映画を観てくれるってことなので、(北海道の人は)どれだけ僕のことが好きなんだろうって思う」とホーム・札幌との強い絆について語ると、すかさず「今日、空港に着いたとき、誰も出待ちしている人いなかったよ!?」と小池からの鋭いつっこみが入った。負けじと「ごくたまにしか来ない人は出待ちされるかもしれないけれど、僕はいつだって道民の皆様の隣にいるんです。“いつだって隣にいてくれる洋ちゃん”なんです」と“愛されアピール”で大泉が反論。丁々発止のやりとりに会場の笑いは止まらない。

 作品タイトルにちなんで「嘘」にまつわるエピソードを尋ねられると、「これまで大泉さんとのプロモーションが疲れるとかって言ってきましたけど、本当は感謝しているんです。なので、今日は感謝の気持ちを手紙に書いてきました」と何やらごそごそと取り出そうとする小池。まさかの感動的な手紙のサプライズに期待が高まる会場。予想もしていなかった展開に驚きの表情を見せる大泉。しかし、小池から出た言葉は―――、「嘘で~す!!!」。爆笑の渦に包まれる会場。見事に騙された格好の大泉はしばし呆然。「こんなところで泣くわけにもいかないな、って本気でどうしようって思っていたのに……」と脱力していた。

 「どのキャラクターが自分に似ていますか?」という質問に「キヌ子が近いです。大食いで怪力。(吹替でなく)自分で(タンスや大泉を)担いでいますから」と小池が答えると、「“あそこが痛い、ここが痛い”って文句ばっかり言うんですよ、この人」と大泉が茶々を入れる。間髪入れずに「痛みに弱いのは自分じゃない」と応戦する小池。

 そんな二人のやりとりの後、二人をキャスティングした決め手を尋ねられた監督は、「二人の掛け合いが映画に合っている。大泉さんに田島を演じてもらったら、明るく楽しい映画になるんじゃないかと思ったんだけど、予想をはるかに超える映画になりました」。

 笑いが途切れることのないコメディ映画の舞台挨拶にぴったりな楽しいトークとなった。

good-bye-movie


(オフィシャル素材提供)



関連記事
完成披露試写会舞台挨拶
公開記念舞台挨拶

Page Top