インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





作品紹介

トップページ > 作品紹介 ヒックとドラゴン 聖地への冒険

2019-11-02 更新

英題:How to Train Your Dragon: The Hidden World
ヒックとドラゴン 聖地への冒険hicdragon
© 2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

イントロダクション

 『ボス・ベイビー』で世界中に笑いと感動を届けたドリームワークスが“人間とドラゴン”の新たな冒険を史上空前のスケールで描く、世界54ヵ国で№1メガヒットを記録し、第92回アカデミー賞®長編アニメ映画部門にもエントリーしている待望の最新作『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』が東宝東和、ギャガの共同配給にて、12月20日(金)より全国公開となる。

 2010年8月に日本公開され大ヒットを記録した『ヒックとドラゴン』で、バイキングの少年ヒックが伝説のドラゴン、ナイト・フューリー“トゥース”と出会ったことにより、争いをやめ共存する道をみつけた人間とドラゴンたち。その後、バイキングの長に成長したヒックと相棒トゥースたちが暮らすバーク島は、急激なドラゴン増加で定員オーバーに!

 ヒックとトゥース、そしてその仲間たちが新たな聖地を求めて旅立つ、誰も見たことのない壮大な<引越し>アドベンチャーがこの冬、幕を開ける!


hicdragon

ストーリー

 かつてドラゴンは人間の敵だった。しかし弱虫のバイキングの少年“ヒック”と傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で彼らは共存する道を選び、バーク島で平和に暮らしていた。

 だが、ドラゴンが増え続けたバーク島は定員オーバーに! 亡き父の跡を継ぎ、若きバイキングのリーダーに成長したヒックは、島を旅立ち、皆と新天地を探し求める決断をする。

 しかし、大移動の旅の途中、最凶のドラゴンハンターに命を狙われ、“トゥース”の前には、白い謎のドラゴン“ライト・フューリー”が姿を現す。

 果たしてヒックとトゥースたちは、行く手を阻むドラゴン・ハンターから逃れ、無事に新たな聖地へとたどり着くことが出来るのか?


hicdragon

hicdragon

hicdragon

hicdragon

hicdragon

(2019年、アメリカ、上映時間:104分)

キャスト&スタッフ

原作:「ヒックとドラゴン」クレシッダ・コーウェル著(小峰書店刊)
監督&脚本:ディーン・デュボア
製作総指揮:ディーン・デュボア、クリス・サンダース
製作:ボニー・アーノルド
声の出演(字幕・吹替):
 ヒック:ジェイ・バルチェル(田谷 隼)、アスティ:アメリカ・フェレーラ(寿美菜子)、ヴァルカ:ケイト・ブランシェット(深見梨加)、ストイック:ジェラルド・バトラー(田中正彦)、グリメル:F・マーレイ・エイブラハム(松重 豊)ほか

配給
東宝東和、ギャガ
12月20日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

■ オフィシャル・サイトhicdragon.jp (外部サイト)


関連記事
第32回東京国際映画祭 特別上映舞台挨拶
第32回東京国際映画祭 Q&Aイベント

Page Top