インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『乱反射』

映画『乱反射』
第22回上海国際映画祭
レッドカーペット

2019-06-18 更新

井上真央、石井裕也監督

乱反射ranhansha
© メ~テレ2018


 昨年放送されたドラマ『乱反射』が、異例の映画版として上海国際映画祭にてインターナショナル・プレミア上映を行い、オープニングセレモニーのレッドカーペットに石井監督と井上真央が登壇した。

 『乱反射』は、第63回日本推理作家協会賞」を受賞した貫井徳郎氏の原作を、国内外より常に熱い視線が注がれる実力派、石井裕也監督が映像化した意欲作。主演の妻夫木聡と井上真央を中心に濃密な俳優たちが魅せる本作は、2018年9月22日(土)にテレビ朝日系列全国ネットで放映され好評を博した。

 今回、その『乱反射』が海外映画祭に招待されることとなり、華やかに映画スクリーンデビューとなった。

 6/15(土)の公式上映会では、約1000人収容の会場が満 員。最新作『町田くんの世界』が絶賛公開中の石井裕也監督と井上真央がともに登壇すると、映画祭のギャラリーから喝采を浴びた。アジアで絶大な人気を誇る井上真央を一目見ようと、会場の熱気は最高潮、大きな声援が飛び交った。井上真央は「大家好(ダージャーハオ)。この作品は、たった1日、日本のテレビで放映されただけでしたが、こうして素晴らしい式典で多くの方に観ていただけて嬉しいです。」と述べた。


ranhansha

 また、上映後の観客との質疑応答では「井上さんが上海に来てくれることを心待ちにしていました。ようやく夢がかなって今日は中国各地から井上さんのファンが集結しています」とコメントすると、会場からは大きな拍手が上がった。本作では、妻夫木聡と初共演だったことについて司会者に聞かれ「撮影が始まる前に、妻夫木さんと子どもと一緒に、ピクニックなどして3人だけの時間を過ごしました」と秘話を明かした。

 その後の開幕式前のレッドカーペットでは、石井裕也監督と井上真央の他に、役所広司やYOSHIKIなど、アジア各国から華やかなゲストが登壇し、豪華な映画祭幕開けとなった。

 なお、香港でも今秋の現地公開が決定、その他にも海外からのオファーが続いており、この反響を受けて日本国内の興行も積極的に動き出す予定だという。



 ■作品名:映画『乱反射』

 (2018、日本、93分)

 ■原作:貫井徳郎「乱反射」(朝日新聞出版 / 朝日文庫)
 ■監督:石井裕也
 ■脚本:成瀬活雄・石井裕也
 ■出演:妻夫木聡、井上真央、萩原聖人、北村有起哉、光石 研、三浦貴大、芹澤興人、相楽 樹、筒井真理子、梅沢昌代、田山涼成、鶴見辰吾ほか

 ■ストーリー: 幸せな家庭を育む加山 聡(妻夫木聡)とその妻・光恵(井上真央)。ある日、公園の木が倒れたことによる事故で最愛の息子・翔太を亡くす。
 被害者であり、新聞記者でもある彼は、息子の死の真相を突き止めようとする。
 社会の歯車に乗って、誰も謝罪をせず、誰もが人のせいにし、自分の責任を認めない人たちの中で、幼い息子を失った悲しみと怒りの矛先を、自分自身に向けていくことを余儀なくされていくのだった……。

 ■公式サイトhttps://www.nagoyatv.com/ranhansya/ (外部サイト)



(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top