インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





テレビドラマ

トップページ > 最新ニュース > 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
場面写真一挙解禁!

2019-12-17 更新

007/ノー・タイム・トゥ・ダイbond25
配給:東宝東和

 このたび、全世界待望の「007」シリーズ25作目で、前作『007 スペクター』から実に5年ぶり最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、2020年4月10日(金)から全国公開されることが決定。

 本作は前作から引き続きジェームズ・ボンド役はダニエル・クレイグが務める。製作陣からは「007」シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督は新たに日系人で、ドラマ『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のキャリー・フクナガ監督。さらに2019年に『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞®主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックが悪役として抜擢されたことが発表され大きな話題を呼んだ。加えて、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、ダーヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズらシリーズ続投の出演者に加え、フレッシュな顔ぶれ含め豪華キャストが出演する。

 「初の金髪ジェームズ・ボンド」としてキャスティングされたダニエル・クレイグ。本作は彼にとって5作目であり「最後のボンド」になるかもしれないと海外で報道され、続報に熱い視線が向けられる中、先立って全世界一斉で最新予告が解禁されると、「たぶんクレイグ最後の超絶かっけーボンド! これは期待……!」「妖艶なアナデアルマスに悪役のラミマレックが参戦した007、楽しみすぎる」「次の007レア・セドゥまた出るのやったー」「007新作でもQちゃんのかわいさは相変わらずで楽しみ」といった引退が囁かれるダニエル・クレイグが演じるボンドや、シリーズでお馴染みのキャラクターや、新キャラの登場を楽しみにするファンたちからの期待に満ちたコメントが寄せられている。

 そんな全世界注目の本作の場面写真が一挙に解禁となった。

 今回解禁となった場面写真では、前作『007 スペクター』(15)で現役を退いたはずのダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドが諜報部員に戻ったかのようにスーツを着こなし、レア・セドゥが演じるマドレーヌと深刻な会話をしていると思われるシーンや、ラシャーナ・リンチが演じる2年前から殺しのライセンスを持つ00(ダブルオー)のコードネームの女性エージェントの緊迫したシーンのほか、オーベルハウザーとボンドが再び対峙するシーンや「007」シリーズお馴染みのMやマネーペニーらMI6のメンバーたち、本作から「007」シリーズに初参戦のアナ・デ・アルマスの妖艶なドレス姿など、ストーリー展開が気になるばかりの様々なカットが収められている!


bond25

bond25

bond25

bond25

 本作では、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞®主演男優賞を受賞するだけでなく、第77回ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で主演男優賞にノミネートされたラミ・マレックが演じる≪シリーズ史上一番“ヤバい”敵≫の存在も話題となっており、本作のさらなる続報に期待が高まる!


bond25

 さらに、シリーズ1作目『007ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影やダニエル版、ジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションなども見逃せない! 前作『スペクター』(興収約30億円)から5年ぶりの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。日本では来年4月10日(金)から全国公開される。


bond25



(オフィシャル素材提供)



関連記事
ローンチイベント
メイキング映像解禁! チャールズ皇太子が撮影現場に<ロイヤル訪問>

Page Top