インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > THE WHITE CROW

『THE WHITE CROW(原題)』
名優レイフ・ファインズ監督作、第31回東京国際映画祭 コンペティション部門 最優秀芸術貢献賞受賞!

2018-11-04 更新

THE WHITE CROWwhitecrow
© 2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

 ニジンスキーの再来といわれた伝説的なバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフの半生を名優レイフ・ファインズ監督・出演で映画化された『THE WHITE CROW(原題)』が、第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて、最優秀芸術貢献賞を受賞した。

 本作は、ハリー・ポッターシリーズをはじめ『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』など数々の名作の出演で知られるレイフ・ファインズの、3作目となる監督作。

 ジュリー・カバナによる原作をアカデミー賞®ノミネート、デヴィッド・ヘアーの脚本をえて、現役のトップダンサーのオレグ・イヴェンコ、セルゲイ・ポルーニンをはじめ、ラファエル・ペルソナ、アデル・エグザルホプロスなど期待のヨーロッパ俳優たちが集結した。

 本作は、2019年全国ロードショーとなる。



(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top