インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『ルイスと不思議の時計』

『ルイスと不思議の時計』
佐藤二朗、洋画実写版の吹替に初挑戦!

2018-08-25 更新

佐藤二朗

ルイスと不思議の時計lewis-movie 配給:東宝東和
10月12日(金) 全国ロードショー
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

 スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化する『ルイスと不思議の時計』が、10月12日(金)に日本公開となる。

 両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。果たして、二人の魔法使いと“時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?

 ポンコツ魔法使いジョナサンおじさんを演じるのは、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラック。魔女のツィマーマンはアカデミー賞®に2度輝いたケイト・ブランシェットが演じる。監督を務めるのは、鬼才イーライ・ロス。

 この度、“ポンコツ”魔法使いのジョナサン演じるジャック・ブラックの吹替えを佐藤二朗が挑むことが決定した!

 佐藤二朗が挑むのは、ジャック・ブラック演じる“ポンコツ”魔法使いのジョナサン。両親を亡くしたかわいそうな甥のルイスを引き取る愛情深さを持つ反面、ルールを破る者は絶対に許さない、という厳しい一面も持つ、まさに頑固親父。威厳がありそうで実はポンコツ、という憎めない悲哀たっぷりの“おじさん”を演じられるのは佐藤二朗しかいない!ということで白羽の矢が立ち、今回洋画実写の吹替に初挑戦した。


lewis-movie

 そんな、魔法使いのジョナサンとの共通点を尋ねられた佐藤は、「ポンコツというところです。僕も完全にポンコツなので。僕は日本でポンコツの10人くらいに入ると思います。長くなるので全部は言いませんが、まずは寒さに弱くて暑さに弱い、非常に面倒な体質なんです。弱いものがたくさんあって、静電気にも弱いです。あと嫁、お化け屋敷にも弱いし、方向音痴です。あとは高いもの、ジェットコースターは絶対ダメです」という立派なポンコツエピソードを披露。


lewis-movie

 またこの度、佐藤二朗の吹替による特報映像も到着いした。




★ 佐藤二朗のコメント

 子供の時、テレビで夜に洋画を放送していたのですが、その時は吹替を観ていて、吹替でない洋画を初めて観たのは高校を過ぎたくらいでした。当時DVDは無かったし、レンタルビデオ屋さんも無かったので、洋画を観るとなるとテレビで夜やっていた「ゴールデン洋画劇場」や「日曜洋画劇場」の吹替でした。それで夢中になった声優さんもいたので、今回は嬉しいな、光栄だなと思いました。

 僕は、ジャック・ブラックさんを『スクール・オブ・ロック』で拝見してすごく良い俳優さんだと思っていたので、光栄だと思ってやりました。ジャック・ブラックさんだから特に何か工夫したということはなく、ジャック・ブラックさんの芝居を見て、感じて、そのままやりました。ジャック・ブラックさんは良い意味でふざけたイメージがありますが、今回は、おちゃらけているけど甥っ子のルイスをすごく大事にしていたりなど、真剣なジャックさんの芝居を見られたので、僕もそこは外さないように一所懸命やりました。

 ちょっと胸が躍るような、そして年齢も性別も関係なく皆が楽しめる作品だと思いますので、ぜひこの秋、ご家族やお友達、あるいは恋人と映画館に足を運んでいただけると嬉しいです。すごく心が温まって、心が躍る作品だと思います。


lewis-movie


(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top