インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 猫は抱くもの

2018-04-24 更新


猫は抱くものnekodaku
© 2018「猫は抱くもの」製作委員会

ストーリー

 思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢 亮)だけ。

 今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。

そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤 保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい……。


(2018年、日本、上映時間:109分)

キャスト&スタッフ

監督:犬童一心
原作:大山淳子「猫は抱くもの」(キノブックス刊)
脚本:高田 亮
音楽:水曜日のカンパネラ
出演:沢尻エリカ、吉沢 亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、岩松 了、藤村忠寿、内田健司、久場雄太、今井久美子、小林涼子、林田岬優、木下愛華、蒔田彩珠、伊藤ゆみ、佐藤乃莉、末永百合恵、柿澤勇人ほか

企画製作・配給
キノフィルムズ
6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

オフィシャル・サイト
nekodaku.jp (外部サイト)


関連記事
“猫と人”、“現実と妄想”が入り交じる本ポスターとチラシ解禁!

Page Top