インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

トップページ > 作品紹介 カラダ探し

2022-09-16 更新

カラダ探しkaradasagashi
©2022「カラダ探し」製作委員会

イントロダクション

 『IT/イット』シリーズや『死霊館』シリーズ、『シャイニング』など世界的名作を多く生み出し、ホラー映画の金字塔を打ち立てたワーナー ブラザースが贈る超刺激的ループ型ホラー。

 原作は、小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気 No.1の携帯小説として話題となり、2014年には村瀬克俊による漫画版が漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」(集英社)で連載、同サービスで累計閲覧数1億回を初めて突破した人気作品となり、10代・20代男女の心を掴んで離さないバイブル的存在となっている。


karadasagashi

karadasagashi

ストーリー

 7月5日、女子高生の明日香は、高校にいるはずのない幼い少女に遭遇した。その日の深夜0時、明日香は5人のクラスメイトと共に学校にいることに気づく。なぜ夜中の学校にこの6人だけが集められたのか。全く見当がつかず戸惑う明日香たちの前に、突如現れたのは、全身が血で染まった少女 “赤い人”だった……。逃げ惑う明日香たちを、“赤い人”は簡単に追い詰めて行き、次々と惨殺していく……!

 翌朝、殺された記憶を抱えつつ起床した明日香は、その日が前日と同じ7月5日であることを知る。そしてその日の夜、再び深夜の校舎で“赤い人”に襲われ、全員が殺される。この日から明日香たちは、死んでも死んでも殺され、永遠と同じ日を繰り返すことになる。明日を迎える方法はたった1つ。バラバラにされて校内に隠された “赤い人”のカラダをすべて見つけ出すことだった! 6人は次第に協力し合い、“赤い人”に立ち向かうことを決意するが、あることをきっかけに確信していたルールが歪み始める……。

 “赤い人”の正体とは? “カラダ探し”とは何なのか? そして、なぜ明日香たち6人は選ばれたのか……? 絶望的な戦いの先に、彼らを待ち受ける予想もしない特別な“未来”とは――。


karadasagashi

karadasagashi

karadasagashi

karadasagashi

(2022年、日本、上映時間:102分、PG12)

キャスト&スタッフ

原作:ウェルザード「カラダ探し」(エブリスタ)
監督:羽住英一郎
脚本:土城温美
撮影:一坪悠介
音楽:菅野祐悟
主題歌:Ado 「行方知れず」作詞 作編曲 椎名林檎 (ユニバーサル ミュージック)
挿入歌:Ado「リベリオン」作詞 作編曲 Chinozo (ユニバーサル ミュージック)
出演:橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、横田真悠、栁俊太郎、西田尚美、柄本 佑ほか

配給
ワーナー・ブラザース映画
10月14日(金) 全国公開

■ 公式サイトwwws.warnerbros.co.jp/karadasagashijp/ (外部サイト)



関連記事
ジャパンプレミア

Page Top