インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 『恐怖の報酬』

ウィリアム・フリードキン監督
『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』
日本初公開決定!

2018-08-09 更新

恐怖の報酬sorcerer2018
© MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.
配給:コピアポア・フィルム


 今から40年前、約30分もカットされた【短縮版】で公開されて以来、複雑な権利問題で日本では再公開もDVD発売もできなかった1970年代屈指の超大作『恐怖の報酬』(1977)が遂に日本再上陸。4Kデジタル・リマスター【オリジナル完全版】が、日本初公開されることが決定した。11月24日(土)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開となる。

 南米奥地の油井で大火災が発生。祖国を追われ、その地に流れてきた4人の犯罪者は、1万ドルという「報酬」と引き換えに一触即発の消火用ニトログリセリン運搬を引き受ける。2台のトラックに分乗した男たちは、道なき道を300キロ、ジャングルの奥へと進んでいくが、その先に待ち受ける彼らの運命とは――?

 『恐怖の報酬』(77)は、『フレンチ・コネクション』(71)でアカデミー賞®5部門受賞、『エクソシスト』(73)で全世界にオカルト・ブームを巻き起こした巨匠ウィリアム・フリードキンによる、手に汗握る緊張と興奮のサスペンス巨篇。仏映画の名作、H=G・クルーゾー監督の『恐怖の報酬』(53)のリメイクというフリードキンの大胆かつ入魂の企画に、ユニバーサルとパラマウントの2大メジャー・スタジオが破格の2000万ドル(現在の100億円相当)の巨費を共同出資。ロケは3大陸5ヵ国に及び、2年を超える製作期間を費やした超大作だ。人生の底から這い上がるために命を賭けた男たちの運命を冷酷非情なリアリズムで描き切ったこの作品を、ホラー作家スティーブン・キングは「人生で最も好きな映画」と公言(※2017.12.8付、bfi.org.ukより)、クエンティン・タランティーノ監督は自身のオールタイム・フェイバリット12本の1本に選出するなど、熱狂的なファンも多い。

 だが本作は、長らく<失われた傑作>と謳われ、観ることのできない幻の作品だった。1977年6月の全米初公開時、空前の『スター・ウォーズ』ブームの直撃を受け興行的に失敗。日本をはじめ北米以外では、監督に無断で約30分カットされた92分の【短縮版】が配給され、正当な評価を受けることなく公開終了。さらには2大メジャーの共同出資が原因で権利者不明状態に陥り、長きにわたって全世界的に上映不可、北米以外ではDVDも発売されなかった。

 しかし、そんな状況に業を煮やしたフリードキンは2011年、自らスタジオ2社を提訴し権利者を特定、2013年に121分【オリジナル完全版】の4Kデジタル修復に着手した。そして同年のヴェネチア映画祭でプレミア上映され、以後、2014年LA、2015年パリ、2016年カンヌ映画祭、2017年ロンドンで上映され、欧米各地で再評価の嵐を巻き起こしてきた。

 そして2018年、フリードキンがそのキャリア史上最も心血を注ぎ、コッポラの『地獄の黙示録』(79)と双璧を成す映画作家の狂気と執念が刻まれた渾身の一作『恐怖の報酬』は、【オリジナル完全版】として遂にその真の姿を日本に現すことになったのである。



映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』

(原題:SORCERER、1977年、アメリカ、上映時間:121分)

 ■監督・製作:ウィリアム・フリードキン
 ■脚本:ウォロン・グリーン
 ■原作:ジョルジュ・アルノー
 ■音楽:タンジェリン・ドリーム
 ■出演:ロイ・シャイダー、ブルーノ・クレメル、フランシスコ・ラバル、アミドゥ、ラモン・ビエリほか


 ■公開表記:配給:コピアポア・フィルム
 今秋11月24日(土) シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー


オフィシャル・サイト
SORCERER2018.com (外部サイト)




(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top