インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > 第17回「ニッポン・コネクション」役所広司、ニッポン名誉賞受賞!

第17回「ニッポン・コネクション」
役所広司、ニッポン名誉賞受賞!

2017-05-17 更新

nipponconnection


 日本映画界のスーパースター、役所広司が第17回日本映画祭「ニッポン・コネクション」にてニッポン名誉賞を受賞する。日本映画に特別な功績を残した人物に贈られる当ニッポン名誉賞は、今年で3回目の授賞となり、日本航空社の協力により授与される。

 俳優の役所広司はニッポン名誉賞受賞のため来独し、原田眞人監督の『日本のいちばん長い日』の上映とともに、映画祭のクロージングに出席する。また、多数の輝かしい役所出演作の中でも、今回の映画祭では伊丹十三監督の『タンポポ』が上映される。

 授賞式は5月28日午後7時45分からの映画祭のクロージングイベントの一環として、アーティストハウス・ムゾーン塔で行われる。


■役所広司

 1956年生まれの役所広司は、日本で最も著名な俳優の一人。名優・仲代達矢に1978年、その才能を発掘され、仲代が主催する俳優養成所「無名塾」で学んだ。役所のキャリアの突破口となったのは、「全身白衣の男」として人々の記憶に残った伊丹十三監督の伝説的な映画『タンポポ』(85)だろう。

一躍スーパースターになったのは、国際的大ヒットとなった周防正行監督の映画『Shall we ダンス?』(96)。

日本映画界の巨匠たち、今村昌平監督、黒沢清監督の作品にも出演している。2006年のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品でオスカー受賞のアメリカ映画『バベル』で、さらに多くの人に知られるようになった。

俳優として活躍する傍ら、2009年には初の監督作として『ガマの油』でデビューを果たした。2012年には、長年に亘る俳優活動などが評価され、紫綬褒章が日本政府より贈られた。


 ■「ニッポン・コネクション」について

 第17回日本映画祭「ニッポン・コネクション」は、2017年5月23日から28日までフランクフルトにて開催される。世界最大級の日本映画祭で、6日間にわたり、今年も100本以上の作品が上映される。その中には多くのドイツ・ヨーロッパ・世界プレミア上映も含まれている。また、日本から数多くの映画・文化関係者が訪れ、作品を紹介する機会が数多く設けられている。

 さらに、多彩な文化プログラムにも事欠かない。ワークショップ、講演会、パネルディスカッション、各種パフォーマンス、コンサート、展示会、日本食を含むお祭り屋台等、盛りだくさんだ。

 映画祭のメイン会場は、アーティストハウス・ムゾーン塔とナクソスホール内ヴィリー・プラムル劇場。他にも、マールゼーン映画館、ドイツ映画博物館、アテリエ・オイレンガッセ、アテリエ・フランクフルト、ケース劇場が会場となっている。


 ■公式サイトwww.NipponConnection.com (外部サイト)

 チケットの前売りは、2017年4月29日より開始された。チケットはホームページ上、あるいは数多くのチケット売り場にて購入できる。




関連記事
2017年第17回映画祭「ニッポン・コネクション」in フランクフルト

Page Top