インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」

Hulu×HBO Asia共同製作ドラマ
「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」
ワールドプレミア完成披露試写会

2018-04-21 更新

竹内結子、貫地谷しほり、滝藤賢一、中村倫也、大谷亮平、小澤征悦
斉藤由貴、伊藤 蘭

ミス・シャーロック/Miss Sherlockmiss-sherlock

© 2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F


 全世界の映画・ドラマ史上、最も多く映像化されているキャラクター、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソン(ギネスブック認定)。シャーロック不変の圧巻の謎解きはそのままに、この世界一有名な2人を大胆不敵な新解釈で捉えた、全く新しい連続ミステリー・ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」。あのシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが、もし現代の東京にいたら……? しかも、2人とも女性だったら……? 刺激的なオリジナルドラマで話題を呼んできたHuluと、世界有数のケーブルテレビ放送局HBOアジアが初タッグを組み共同製作され、4月27日(金)よりHuluにて配信、世界19ヵ国で同日放送が決定している。

 この度本作の完成を記念し、4月16日(月)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、豪華キャスト登壇のレッドカーペットイベント付きワールドプレミア完成披露試写会が実施された!

 イベントには主演で女性版シャーロックを演じた竹内結子をはじめ、シャーロックの相棒・和都を演じた貫地谷しほり、シャーロックに事件捜査の協力をしてもらう礼紋警部役の滝藤賢一、本作のオリジナルキャラクターで真面目な刑事・柴田巡査部長役の中村倫也、和都同様に、心の傷を持つ戦場カメラマン守谷透役の大谷亮平、シャーロックの唯一の肉親で彼女以上の天才という兄・双葉健人を演じる小澤征悦、精神科医で和都のセラピストとして彼女を支える入川真理子役の斉藤由貴、そしてシャーロックと和都に部屋を貸す未亡人で2人の良き理解者である波多野君枝を演じる伊藤 蘭という、メインキャスト8名が一堂に会するという大事件が発生! TOHOシネマズ 六本木ヒルズ前の大階段にて真紅のレッドカーペットが敷かれ、ファンの前に登場した。

 本作のミステリアスな雰囲気に合わせ、シックでクールな黒で統一された衣装を身にまとって登場したキャストの面々は、駆けつけたファンからの大歓声で出迎えられた。登場したキャストは皆本作のテーマアイテムとなるバラの生花を手に持ち、溢れんばかりのファンにそのバラを手渡しでプレゼントしていくと、渡されたファンは歓喜の声を上げながら受け取った。

 ファンへの熱いサービスが終わると、男性キャストのエスコートでドレスに身をまとった女優陣と共にフォトスポットへ。そこでたくさんのカメラに満面の笑みを見せながら、主演の竹内結子は「すごいキャストの面々が集まった作品だなと、今ヒシヒシと感じています」と、本作のワールドプレミアを迎え、豪華キャストが一同に会した今の心境を語った。

miss-sherlock レッドカーペットイベントの後の舞台挨拶では、竹内結子は本作が遂にワールドプレミアを迎えたことについて「自分の手から離れていく寂しい気持ちも半分ありますが、新しいドラマが生まれたなという思いもあります。キャストの皆さんとも、この場所に一緒に立つことが出来て本当にありがたく思います」と新たなドラマの誕生の喜びを語り、相棒役の貫地谷しほりは、自身が演じた和都という役について「今までのワトソンとは違うところを意識して演じました」と演技へのこだわりを語った。

 また礼紋警部役の滝藤賢一は本作で世界デビューすることについて「遂に世界に羽ばたくときが来たかと思って感無量です」と答えると、礼紋の部下の柴田を演じた中村倫也からは「声作ってますね」と突っ込まれ、竹内&貫地谷からも「いい声ですね」「吐息交じりでね」と次々にツッコミが入り、キャスト陣の仲の良さが伺えた。

 また舞台挨拶中、本格ミステリーでシャーロックと犯人との心理戦とも言える推理が見どころである本作にちなんで、プチ心理テストを実施! 「自分の部屋に迷い込んで、懐いてきた動物は何か?」という質問で、本作の主人公であり変人の、他者に対して素直に心を開かないシャーロックにちなんで、キャストの変人度チェックを実施した。自身の演じたシャーロックを「明るい人でなし」と称する竹内結子は、変人度60%と言う結果に。

 エキセントリックな芸術肌という、もっとも高い変人度の結果が出たのは、「金のヘビ」を選んだ伊藤 蘭と小澤征悦のふたり。その結果について竹内は「芸術肌はこの仕事にとても重要なので、私も金のヘビを買おうかな(笑)」と語り、場内では笑い声が巻き起こった。最後に本作を代表して竹内より「Huluの配信ドラマということで、いつでも観られますので、どこでもシャーロックをよろしくお願いいたします」と挨拶があり、大盛況のまま舞台挨拶は幕を閉じた。


<ゲストコメント>

本日ワールドプレミアを迎えましたが、竹内結子さんの率直なお気持ちをお願いします。

竹内結子: 今日この日、撮影が終わってて良かったです。撮影が終わってからどんどんプレッシャーが重くなってきました。
 自分の手から離れていく寂しい気持ちも半分ありますが、新しいドラマが生まれたなという思いもあります。
 キャストの皆さんとも、この場所に一緒に立つことが出来て本当にありがたく思います。本当に皆様が楽しんでくれるように頑張って演じましたので、ぜひとも楽しんでください。


貫地谷しほりさんはシャーロックの相棒役・和都(わと)を演じるにあたり拘ったところはありますか。

貫地谷しほり: 最近見た「シャーロック・ホームズ」の作品はロバート・ダウニーJr.の演じた作品で、ワトソンはジュード・ロウが演じていて印象的でした。その「シャーロック・ホームズ」ではジュード・ロウがとても格好良かったので、ドキドキして本作の台本読んだら、本作の和都はだいぶドジっ子だなと思いました(笑)。
 今までのワトソンとは違うところを意識して演じました。自分の演じた和都というキャラクターもすごく好きですし、シャーロックと和都が住む部屋・221Bのセットには、いろんなこだわりが詰まっていて、撮影初日から感動して、この中でお芝居できる幸せだと思いました。


滝藤賢一さんは本作でついに世界デビューを果しますが、お気持ちや期待されることなどお聞かせ下さい。

滝藤賢一: 遂に世界に羽ばたくときが来たかと思って感無量です。みんな一丸となって作ったので、とにかく早く観ていただきたいです。


中村倫也さんは今回唯一のオリジナルキャラクターだそうですが、どのような“柴田”を作りあげましたか?

中村倫也: 周りの人々に振り回される基準で演じました。礼紋警部とコンビだがニコイチにはならず、それぞれがいい味を出していると思います。


唯一女性キャスト皆さんに囲まれての女子会シーンがあった大谷亮平さんは、そのシーンの撮影はいかがでしたか?

大谷亮平: それが僕にとってのクランクインでしたの撮影で、カメラが回っている時もオフの時も、伊藤 蘭さんの姿勢が美しくて、筋トレの仕方や立ち居振る舞いの作法などを貫地谷さんが聞いて学んでいるなどといった、女子ならではのトークが聞けて、とても役得でした。撮影初日ということもあり、クランクイン前はどう入ろうか悩んだりもしましたが、女子トークが繰り広げられていたので、うまい具合に乗っからせていただきました。


子供時代にシャーロック・ホームズ ファンだったという小澤征悦さんは、本作に参加していかがでしたか?

小澤征悦: 子供の頃から「シャーロック・ホームズ」は大好きで、よく「バスカヴィルの犬」とかを読んでいました。昔小さい頃読んでいた世界観に入れるということはとても嬉しいですが、その反面緊張もしました。シャーロックと和都が住んでいる221Bのセットがとても綺麗で映像も美しいです。映画とドラマの狭間のような作品になっています。


海外の方にぜひここに注目をしてほしいという斉藤由貴さんのオススメのポイントはありますか?

斉藤由貴: 最初のオープニングのタイトルロゴが始まるところから素晴らしく、映像がフィルムノワールのようにスタイリッシュで、素晴らしいクオリティだなと強く感じました。今日本作の第1話を鑑賞される皆様も冒頭数分で「すごい作品に巡り合ったな」と思っていただけると思います。


シャーロックと和都が住む家の大家さんを演じた伊藤 蘭さんから見て、ふたりのバディ感はいかがでしたか?

伊藤 蘭: 頭脳明晰で探究心があってシャープなシャーロックと、心に傷を負った和都の噛み合わない感が素敵です。そのふたりの関係性の変化も楽しみにしていただきたいです。


<心理テスト:変人度テスト>

 質問内容:あなたの部屋に、変わった動物が迷い込んできました。しかも不思議なことにあなたになつきました。その動物とこっそり暮らそうと思ったあなた。その迷い込んできた動物はどれ? 下記の3つの動物からお選びください。

 ・金のヘビ:エキセントリックな芸術肌 変人度は100%→伊藤 蘭、小澤征悦

 伊藤 蘭: 金運アップしそうだからです(笑)。自分は変人だという自覚は全くないですが。

 小澤征悦: 伊藤 蘭さんの他に「金のヘビ」を選んだ人がいなくて寂しそうだったので、便乗しました(笑)。

 ・白のオオカミ:大胆不敵な孤高の人 変人度60%→竹内結子、大谷亮平、斉藤由貴

 竹内結子: 懐かれて、膝下にすり寄って来られて一番うれしいのはオオカミかなと思ってオオカミを選びました。

 ・銀のフクロウ:俯瞰で物事を見る知性派 変人度は10%→中村倫也、貫地谷しほり、滝藤賢一

 中村倫也: フクロウが好きなんです。鋭い爪で二の腕を掴まれたいです(笑)。


最後に、ご挨拶をお願いします。

竹内結子: いろいろなキャストの方やゲストの方々と一緒に演じています。「明るい人でなし」の役を演じさせていただき、またひとつ新しい一面が見れました。貫地谷さんのおかげでシャーロックになれましたし、キャスト皆さんのおかげでバディ・ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』が完成しました。Huluの配信ドラマと言うことで、いつでも観られますので、どこでもシャーロックをよろしくお願いいたします。



■番組概要

 【タイトル】: 「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」

 【放送・配信時期】: 2018年4月27日(金) Hulu配信/世界19ヵ国同日放送[全8話]
 【放送・配信地域】: 日本=Hulu独占配信
  世界19ヵ国=HBOアジア独占放送
 【キャスト】: 主演:竹内結子 / 貫地谷しほり、滝藤賢一、中村倫也、大谷亮平、小澤征悦、斉藤由貴、伊藤 蘭 ほか
 【脚本】: 木丸茂周、小谷暢亮、政池洋佑、及川真実、森 淳一
 【監督】: 森 淳一、瀧 悠輔、松尾 崇
 【音楽】: 末廣健一郎
 【エグゼクティブ・プロデューサー】:長澤一史(Hulu)、毛利忍(Hulu)、Jonathan Spink(HBO ASIA)、Beibei Fan(HBO ASIA)、石田和義(ROBOT)
 【プロデューサー】:戸石紀子(Hulu)、村上公一(ROBOT)
 【制作プロダクション】:ROBOT

 © 2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F

 ■「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」番組公式サイトhttps://www.happyon.jp/static/miss-sherlock/ (外部サイト)



 Huluは40,000本の映画・ドラマ・アニメを楽しめるオンライン動画配信サービス。月額 933円(税抜)でいつでも、どこでも、全ての作品が見放題。インターネットに接続したテレビ、PC、スマートフォン、タブレットなどで視聴可能だ。ラインアップは、日本最速で独占配信する「Hulu プレミア」や、独自で制作する「Hulu オリジナル」を筆頭に、テレビで放送中の人気番組の見逃し配信や、音楽のライブ配信など。Huluでしか見られないコンテンツも多数あり、全て月額定額・見放題で楽しめる。Huluは、2011年9月に日本市場向けのサービスを開始。



(オフィシャル素材提供)



関連記事
記者会見@シンガポール
台湾プレミア

Page Top