インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 鬼神伝

2011-05-02 更新

鬼神伝
(C)高田崇史/講談社・鬼神伝製作委員会

イントロダクション

 1200年前の平安時代を舞台にした
<鬼>VS<人>の戦いの鍵を握る少年の、勇気と決意の物語。

 1200年前の京都がよみがえる! 劇場用アニメーションとしては初めて平安時代にスポットをあて何年もリサーチを重ねて、我々が絵本や書物でしか知り得なかった<平安時代>に命を吹き込んだ!
 声優は、主役で平安京にタイムスリップする中学生の<天童純>役に小野賢章。平安の都で“鬼”と呼ばれる民の少女<水葉>役に石原さとみ。そして“鬼”と戦いを繰り広げる貴族の僧侶<源雲>役に中村獅童が特別出演として参加。小野賢章は「ハリー・ポッター」シリーズで第一作目からすべてハリーの役を吹き替えで演じており、等身大の中学生の爽やかな声はおなじみである。石原さとみは、なんといってもあのスティーブン・スピルバーグ製作総指揮のハリウッドアニメ『モンスター・ハウス』で吹き替えに初挑戦し、その実力がハリウッドでも認められた。中村獅童も『あらしのよるに』『DEATH NOTE』『みつばちハッチ』『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の 花束 シェイミ』などに声優としては何度も参加し、歌舞伎俳優として鍛えた演技力と声量を見せつけている。<鬼>対<人>の戦いが見どころの本作で、三人の鬼気迫る演技対決が見ものである。
 本作を手がけたのは「NARUTO-ナルト-」シリーズを世界的に大ヒットさせているスタジオぴえろと監督の川﨑博嗣。古都・京都にふさわしく“和”の荘厳な音楽を担当したのは宇崎竜童。そしてオロチ(龍)のコンセプトデザインにあの大友克洋が参加しているのも見逃せない。

ストーリー

 京都に住む中学生・天童純。父親を7年前に事故で亡くし、母と二人暮らし。ある日、学校帰りに突然現れた謎の魔物に追いかけられ、迷い込んだ古寺で僧侶の源雲に助けられるが、そのまま時空を超え平安の都に連れて行かれてしまう。
 純はそこで、<鬼>と呼ばれる者たちの話を貴族から聞く。<鬼>たちは様々な妖術を使い自然を操り、都の安寧を脅かしているというのだ。そして純こそが、封印されたオロチを目覚めさせ、この戦いに終止符をうつ伝説の選ばれし救いの御子である…と。状況が把握できず戸惑う純。貴族たちが純に救いを求める中、<鬼>に両親を殺された若き武将・頼光は、純の素性に疑いを抱く。
 決断を迫られ惑う純の前に、<鬼>の一族である少女・水葉が現れ、衝撃の真実を語る。<鬼>とは、自然との共存を願う人間であり、決して邪悪なものではないのだ……と。どちらが正しいのか? 自分は何を守るべきなのか? 葛藤の中、大決戦の日を迎える!

(2010年、日本、上映時間:98分)

キャスト&スタッフ
監督:川﨑博嗣
原作:高田崇史「鬼神伝」(講談社刊)
音楽:宇崎竜童/演奏:續☆竜童組
主題歌:「STARLIGHT」福原美穂
キャラクターデザイン:西尾鉄也
オロチコンセプトデザイン:大友克洋
声の出演:小野賢章、石原さとみ、中村獅童(特別出演)ほか

配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
新宿ピカデリーほか全国ロードショー中

オフィシャルサイト
http://www.onigamiden.jp

関連記事
公開初日舞台挨拶

Page Top