インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





作品紹介

トップページ > 作品紹介 Daughters

2020-07-21 更新

Daughtersdaughters
© 「Daughters」製作委員会

イントロダクション

 東京・中目黒でルームシェア生活を送るふたりの女性。ひとりの妊娠、そしてシングルマザーという人生の決断を経て、友情、仕事、家族と向き合いながら、過去への固執と現実、その先を描いていく。脚本・監督を務めるのは、同作が初長編作品となるファッションイベント演出家・映像作家の津田 肇。

 妊娠した友人をそばで見守る主人公「小春」には、女優やファッションモデルとして活躍中の三吉彩花。小春のルームメイトであり、悩みながらもひとりの女性から“母親”になる決断をする「彩乃」は、近年話題作への出演が相次ぐ女優、阿部純子が務めた。

 ふたりが通った産婦人科の先生に大塚寧々。彩乃の父親に鶴見辰吾。祖母を大方斐紗子。小春の旅行先で出会う民宿のオーナーを黒谷友香が演じた。

 劇中音楽には、東京のミュージック・シーンを牽引する多数のアーティストが曲を提供。主題歌には、女性ラップデュオchelmicoが映画のイメージを元に書き下ろした「GREEN」。そして繊細なデザインや色使い、独特の世界観を持つアパレルブランドブランド「tiit tokyo」のデザイナー・岩田翔がファッションディレクターとして初の映画衣装監修を手掛けており、本作のために一部オリジナルで制作された装も必見。

 四季折々の情景と共に変化していく二人の関係。豊かな色彩感覚と、キャラクター達の魅力に溢れたヒューマンドラマ、『Daughters』が誕生した。


ストーリー

 中目黒。桜が並ぶ川沿いのマンションの1室で暮らす友人同士の小春(三吉彩花)と彩乃(阿部純子)。共に27才。ライフスタイルの似ている二人は、よく働き、よく遊び、自由を謳歌したルームシェア生活を送っていた。

 そんな生活に、変化が訪れる。突然、彩乃からの妊娠の告白。そして、父親の分からないその子供を、産む決意をする彩乃。楽しかった二人だけの生活は、少しずつ変わっていく。

 過去を振り返りながらも変化を受け入れる彼女たちを、小春側の視点で描く、苦くも美しい10ヵ月の物語。


(2020年、日本)

キャスト&スタッフ

脚本・監督:津田 肇
主題歌:chelmico「GREEN」
出演:三吉彩花、阿部純子、黒谷友香、大方斐紗子、鶴見辰吾、大塚寧々ほか

配給
イオンエンターテイメント/Atemo
9月18日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

■ 公式サイトhttps://daughters.tokyo (外部サイト)



関連記事
第23回上海国際映画祭 アジア新人賞部門に選出!

Page Top