インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 『アナと雪の女王2』

『アナと雪の女王2』
スペシャルイベント

2019-11-22 更新

クリス・バック&ジェニファー・リー監督、ピーター・デル・ヴェッコ(プロデューサー)、ロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス(作曲家)
神田沙也加(日本版アナ役)

アナと雪の女王2anayuki2 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
大ヒット上映中!
© 2019 Disney. All Rights Reserved.

 映画『アナと雪の女王2』のスペシャルイベントが都内にて行われ、公開に合わせてジェニファー・リー(監督、脚本、チーフクリエイティブオフィサー)、クリス・バック監督、ピーター・デル・ヴェッコ(プロデューサー)、夫妻で作曲家チームのロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペスが来日し、日本版のアナを演じる神田沙也加と当日招待されたファンの前に登壇してクロストークを繰り広げた。


 本作は、興行収入255億円を記録した大ヒットアニメーション映画『アナと雪の女王』の続編。エルサとアナの姉妹が、クリストフやオラフと共に、アレンデール王国の女王となったエルサに宿る“力”の謎を解き明かす旅に出る姿が描かれる。

 招待されたファンの中にはアナ雪の人気キャラクターのコスプレで出席した人も多く、来日した制作陣を喜ばせた。そんなファンに、バック監督は「日本の皆さんが前作を愛してくださったことに、大きな意味がありました。自分たちが作ったキャラクターを人生の一部として取り込んで愛してくれて、とても嬉しいです。今回の続編が、皆さんの愛情に値する作品になっていればと思います。私たちの愛、インスピレーション、そして感謝を感じてください」と大きな笑顔。また、前作の冬から今作は秋の季節を舞台にしたことについて、「秋は変化の時期。成熟して、大人になっていく季節。それらを色彩含めて視覚的に表現しました」と語った。

 続けて、リー監督が「オラフは今回、子どもから大人に成長していくときにアナやエルサに疑問を投げかけます。キャラクター全員に変化のときが訪れ、その夜明けからこの物語は始まります」とストーリー展開を説明した。


anayuki2

 前回に続いてアナの日本語版吹き替えを担当する神田は、続編が製作されると聞いたとき「“アナ雪”は、個人的にも大好きな作品。続編ができると聞いて、本当に嬉しかった。エルサがどうして魔法を使えるようになったのかとか、気になる部分がいくつかあったので、続きが知りたかったんです」とコメントし、制作陣との再会を大喜び。さらに、「私は“アナ雪”に参加することで、“アナ”という人生の宝物をいただきました“アナ雪”への参加は私の人生の分岐点になりました。私の芝居や歌にはアナというチューニングがあるし、アナでいられることを誇りに思っています。監督とお会いすると、お話しているだけで涙が流れてしまいます」と話し、制作人との6年ぶりの再会に感極まって涙する場面も見られた。


anayuki2

 今作では7曲の新曲が新たに誕生。神田は「ずっとかわらないもの」「わたしにできること」の2曲を歌っている。神田は「大切だと感じているものが変わらないでいてほしいと思うのは悪いことじゃない。その中でも壁はあって、今日できることはなんだろうと考えて行動していくことで大切なものを守ることができる。そんなことが描かれていると思います」とコメントした。


anayuki2

 当日は、ロペス夫妻が、映画の楽曲をメドレー形式でピアノの生演奏と歌声を披露し、会場に詰めかけたファンを魅了した。美しい歌声を披露したクリステンが「沙也加さんにも歌って欲しいのに」とリクエストするも、当日は神田の歌声披露はなかった。


anayuki2

 終盤、神田からリー監督にサプライズ・プレゼントとして帯がプレゼントされた。リー監督は「アナは過酷な旅を経験します。体と心を同時に守ってくれるもの、助けてもらうものと考えたときに、帯にインスピレーションを受けたのです」とアナの衣装が日本の帯を参考にして作られたという経緯を説明した。


anayuki2

 最後に神田が客席に向かって「アナと一緒に生きてこれて、本当に幸せです。映画の公開にご期待ください!」とメッセージを伝え、バック監督も「ストーリーだけではなく、音楽も本当に素晴らしい。楽しんでほしい!」と会場のファン向かって呼びかけイベンは終了した。


anayuki2


(取材・文・写真:福住佐知子)



関連記事
大ヒット記念イベント

Page Top