インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 シグナル100

2019-08-11 更新


シグナル100signal100
© 2020「シグナル100」製作委員会

イントロダクション

 東映配給の映画『シグナル100』が、2020年1月24日(金)に全国公開することが決定した。

 主演は、コメディエンヌとしての才能を開花させ、昨今TVドラマや映画での振り切った演技が度々話題になるなど、その確かな演技力で話題作に続々出演、若者を中心に絶大な人気を誇る橋本環奈。橋本が単独主演を務める映画が公開されるのは、『セーラー服と機関銃 -卒業-』(16)以来4年ぶり、2作目となる。

 本作は、集英社「グランドジャンプ」にて連載中で映画化にもなった「不能犯」や白泉社漫画アプリ「マンガPark」で人気連載中の「虐殺ハッピーエンド」の原作を手がける宮月 新の、電子コミックを中心にハマる人が続出した同名の人気漫画(白泉社)。原作コミックの壮絶な描写に、連載当時から実写映画化不可能といわれた超問題作。

 本作で橋本は、絶望的な状況下、持ち前の行動力と芯の強さを発揮し、事件の解決に奔走する正義感に強い主人公・樫村怜奈(かしむら・れな)を演じる。橋本は、主演作で初めて<R15+作品>に挑戦し、これまで見せたことのない鬼気迫る演技で、女優としての新境地をみせる!

 監督は、『さまよう小指』(14)でゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2014のグランプリ受賞、独特の世界観で海外のファンも多くもつ竹葉リサ。脚本は、『20世紀少年』(全3章)、『GANTZ』、『ドラゴンボールZ 神と神』、『ザ・ファブル』といったヒット映画の数々を手掛けてきた渡辺雄介。


ストーリー

 担任教師の手により、突如として自殺催眠をかけられた36人の生徒たち。

 遅刻をする、電話をかける、涙を流す……ふだん行っていた行為が死を招く。

 その催眠発動(自殺)のシグナルは全部で100。

 死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。

 催眠を解くのが先か、自分以外のクラスメイト全員を殺すのが先か!?

 生き残りを賭けた狂気と絶望のデスゲームがはじまる……!


(2020年、日本、R15+)

キャスト&スタッフ

原作:宮月 新・近藤しぐれ「シグナル100」(白泉社・ヤングアニマルコミックス)
監督:竹葉リサ
脚本:渡辺雄介
主演:橋本環奈

配給
東映
2020年1月24日 全国公開

■ オフィシャル・サイトsignal100.jp (外部サイト)


関連記事
主演・橋本環奈<R15+>作品で新境地!映画『シグナル100』2020年1月24日公開決定!

Page Top