インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

最新ニュース

トップページ > 最新ニュース > みをつくし料理帖

『みをつくし料理帖』
制作現場より場面写真解禁!

2019-09-17 更新

みをつくし料理帖miotsukushi
© 2019映画「みをつくし料理帖」製作委員会


 この度、時代を創った男“角川春樹”が、生涯最後のメガホンをとり制作中の映画『みをつくし料理帖』の撮影現場より、待望の場面写真が届いた。本作は、髙田 郁による時代小説でベストセラーとして知られる「みをつくし料理帖」の劇場版映画。これまでに数々の名作、大ヒット作を世に送り出した巨匠プロデューサーであり監督の角川春樹が77歳で生涯最後のメガホン作として選んだ作品となる。

 8月21日にクランクインし、順調に撮影が進んでいるが、その熱い現場から、最速で届いた場面写真が解禁された。本作で注目の登場人物の一人が、主人公・澪(松本穂香)に料理の基本とは何かを考えるきっかけを作る御膳奉行の小松原。演じるのは、窪塚洋介。


miotsukushi

 今回解禁される場面写真は、澪が「つる家」での仕事の合間に通う化け物稲荷でのワンシーン。「つる家」の常連でもある小松原が化け物稲荷で澪と出会うシーンだ。そこに祀られている神狐の表情にどこか幼馴染の野江を思い、毎日のように手を合わせにやってくる澪。料理に真摯に向き合う澪を優しい眼差しで見守る小松原。この先、二人の運命はどんな展開を迎えるのか……。

 窪塚洋介と角川春樹監督とは、今回が初顔合わせとなる。キャスティングの経緯は、角川監督が窪塚が出演した過去作の『GO』(01)、『沈黙 -サイレンス-』(17)を見て、出演が決定した。

 幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。


◆ 窪塚洋介 プロフィール

 1979年5月7日、神奈川県出身。
 1995年にテレビドラマ「金田一少年の事件簿」(NTV)で俳優としてデビュー。その後、「GTO」(1998/CX)、「池袋ウエストゲートパーク」(2000・TBS)などの大ヒットドラマに出演し、人気を放つ。2001年には、主演映画『GO』で、日本アカデミー賞である新人俳優賞と最優秀主演男優賞を最年少で受賞している。
 人気実力派俳優として映画を中心にドラマ・舞台などで活躍を続けるなか、レゲエDeeJay、ミュージック・ビデオ監督、カメラマンと多彩な才能を発揮している。


映画『みをつくし料理帖』

 ■ストーリー
 時は、享和二年。大坂。
 8歳の澪(松本穂香)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼馴染だった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす二人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。
 ――それから時は流れ、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働いていた。
 しかし江戸の味に馴染めず試行錯誤の日々を過ごしいたのだが、やがて「つる屋」の看板料理を見出していく。たちまち江戸でも評判になっていく店にある日、吉原の扇屋で料理番をしている又次(中村獅童)という強面の男がやってきた。吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼むのだった。そして、この日を境に運命の歯車が動き出す。
 果たして、澪と野江は再会を果たせるのか? 幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。

 ■製作・監督:角川春樹
 ■脚本:江良 至、松井香奈、角川春樹
 ■原作:「みをつくし料理帖」髙田 郁 ハルキ文庫(角川春樹事務所)
 ■料理監修:服部幸應
 ■制作:楽映舎
 ■制作統括:遠藤茂行
 ■出演:松本穂香、奈緒、中村獅童ほか

 ■公開:2020年、秋 全国公開


オフィシャル・サイト
 miotsukushi-movie.jp (外部サイト)




(オフィシャル素材提供)



関連記事
製作決定
第二弾キャスト発表記者会見

Page Top