インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 高津川

2019-07-29 更新


高津川takatsugawa
© 2019映画「高津川」製作委員会

イントロダクション

 映画『高津川』が2019年11月29日(金)より中国地方を皮切りに、全国ロードショーすることが決定した。本作は一級河川としては珍しいダムが一つも無い日本一の清流「高津川」を舞台に、人口流出に歯止めのかからない地方の現実の中、歌舞伎の源流ともいわれる「石見神楽」の伝承を続けながらも懸命に生きる人々の日常の営みを、力強く描いた力作。

 主演は映画、舞台、ドラマにおいて、その存在感と確かな演技力で活躍し続ける甲本雅裕。本作品が劇場映画初主演となり、見事に無口で不器用な父親を演じた。表情や立ち振る舞いに繊細な感情の揺らぎが感じ取られ、静かに問いかけるような演技が秀逸だ。更にヒロインには戸田菜穂、大野いと、田口浩正、高橋長英、奈良岡朋子など実力派俳優が集結、等身大の姿で演じ切った。

 監督・脚本は『白い船』、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の錦織良成。本作『高津川』で描かれたのは「現代の日本の【どこにでもある物語】」であり、音楽を聴くように、小説を1ページ1ページゆっくりと開いて読むように、スクリーンと心を通わせて観ていただきたいと、期待を込める。


ストーリー

 斉藤 学(甲本雅裕)は山の上の牧場を経営している。

 歌舞伎の源流ともいわれる「神楽」の舞いは地元の誇り、息子の竜也が神楽の稽古をさぼりがちなことから、多くの若者のように自分の息子もこの地を離れてしまうか、心配している。

 そんな時、学の母校である小学校が閉校になることを知らされるのだが……。


kawatsugawa

kawatsugawa

kawatsugawa

(2019年、日本、上映時間:113分)

キャスト&スタッフ

脚本・監督:錦織良成
プロデューサー:安川唯史
音楽:瀬川英史
撮影:佐光 朗
制作プロダクション:goen
出演:甲本雅裕、戸田菜穂、大野いと、田口浩正、高橋長英、奈良岡朋子ほか

配給
ギグリーボックス
2019年11月29日(金)より中国地方を皮切りに、全国ロードショー

■ オフィシャル・サイトtakatsugawa-movie.jp (外部サイト)



関連記事
公開決定

Page Top