インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash





広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

作品紹介

トップページ > 作品紹介 『葬式の名人』

2019-08-15 更新


葬式の名人soushikinomeijin
© “The Master of Funerals” Film Partners

イントロダクション

 大阪府茨木市を舞台に、奇想天外な高校の同級生のお通夜を体験する人々を描く、映画『葬式の名人』が8月16日(金)より茨木市にて先行公開、9月20日(金)より全国公開となる。

 大阪府茨木市で生まれ育った川端康成の作品群をモチーフとした本作は、茨木市制施行70周年記念事業として制作され、舞台となった茨木市にて、2018年7月下旬から8月中旬にかけてオールロケを敢行した。

 女手一つで息子を育てる女性・渡辺雪子役には、『旅のおわり世界のはじまり』での好演が記憶に新しい前田敦子。本作では、女手一つで息子を育てる母親・渡辺雪子を逞しく、そして深遠に演じている。雪子達同級生を不思議な一夜に巻き込む豊川大輔役を、『悼む人』、『きみはいい子』などで数々の映画賞に輝き、『多十郎殉愛記』『アンダー・ユア・ベッド』等主演作が相次ぐ高良健吾が演じる。

 さらに、連続ドラマなどに引っ張りだこのブレイク俳優・白洲 迅、日本映画界の至宝・有馬稲子、ほか尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香など実力派の若手俳優達演じる同級生の登場により、笑いあり涙ありの同葬会が繰り広げられる。


soushikinomeijin

ストーリー

 簡素な木造アパートで、息子と二人で暮らしている28歳・雪子。ある日、彼女のもとに高校時代の同級生の訃報が届く。

 卒業から10年の時を経て、通夜に集まった同級生たちが体験したのは、これまでに見たことも聞いたこともない奇想天外なお通夜だった――。


soushikinomeijin

soushikinomeijin

soushikinomeijin

soushikinomeijin

soushikinomeijin

(2019年、日本、上映時間:99分)

キャスト&スタッフ

監督:樋口尚文
原案:川端康成
企画:榎望
脚本・プロデューサー:大野裕之
撮影:中堀正夫
音楽:上野耕路
劇中マンガ:やまだないと
制作プロダクション:劇団とっても便利
製作:高橋茂幸、宮田明聡、鈴木 創、片山淳一郎、内田祥彦、劇団とっても便利
製作協力:茨木市企画財政部まち魅力発信課
企画支援:山岡白竹堂 エム’ズエステート
企画協力:公益財団法人川端康成記念會 理事長川端香男里、水原園博、茨木市立川端康成文学館、久敬会
全面協力:大阪府茨木市 ※ 茨木市制施行70周年記念事業
出演:前田敦子、高良健吾、白洲 迅、尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香、中江有里、大島葉子、佐伯日菜子、阿比留照太(子役)、桂雀々、堀内正美、和泉ちぬ、福本清三、栗塚 旭、有馬稲子ほか

配給
ティ・ジョイ
8月16日(金) 茨木市にて先行公開、9月20日(金) 全国ロードショー

オフィシャル・サイト
http://soushikinomeijin.com/ (外部サイト)



関連記事
完成披露舞台挨拶@大阪府立茨木高校
先行上映会舞台挨拶

Page Top